ベットに勝つヒント簡単10ステップ

ブックメーカー側が知られたくないベットに勝つための簡単10ステップ

ギャンブルというものは本質的に、時間を潰したりリスクを追ってお金を増やすための手段。でも、賢明に実行すれば、スポーツを観戦するのにちょっとしたスパイスを加えて、更なる興奮を得たり楽しむための手段でもありますよね♪

でも、どうベットをしたらブックメーカー側の思う壺にならずに最善の方法で勝てるのか、ベットをどう活用すべきなのか気になりますよね?誰だって負けたくないもの。

今回は海外のサイトで元ブックメーカーに勤めていた人のヒントが詰まった記事があったので、これを紹介します。このヒントに従って、ベットに取り入れて、今までよりもより良いベットができるかぜひ試してみてくださいね(・∀・)


Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

 

Cherry Sports € 1000 ボーナス.

 

Spin Palace Betting

1. そのスポーツについてくまなく知る

リサーチ必須!これは、どちらのチームが過去6試合で多く勝っているのかということだけでなく、そのチームが実際に攻守共にどれだけうまくいっているかということを意味します。ポゼッション(ボールをキープしている時間)が本当によかったのか、それともラッキーだっただけか?

どちらのテニスプレイヤーの方がコーチとうまくいっているか?そのゴルファーは今シーズン中に4大メジャー中2つの選手権を制覇しているかもしれないけど、その選手がコースではどのくらいの経験を持つ選手なのか?

これらはベットにもヒントを与えてくれる詳細情報でもあり、高いマーケットを見つけるために機能する情報でもあります。

 

2. いつもオッズが低い方が勝つわけではない

わかりきったことではありますが、ベットする側はブックメーカー側が出しているオッズを無視はできませんよね。

良い例としては、ラファエル・ナダル選手が4月にバルセロナオーブンでファビオ・フォニーニ選手と試合をした際、もちろんブックメーカーは大差でナダル選手勝利のオッズをつけていました。そのオッズは1.00に限りなく近く、当たった時の配当もほぼなし。

ナダル選手は「クレーの王様」と言われていて、同大会でも記録的な優勝回数を誇るので、一見そのオッズは妥当かとも思われますが、ブックメーカーがここで見落としていたのは、フォニーニ選手がわずか数ヶ月前にリオデジャネイロのクレーコートでナダル 選手を破っていたこと。フォニーニ選手がトップシードの選手を破った記録を踏まえると、この時のオッズ9.00というのは相当魅力的なもの。

フォニーニ選手はこの試合でもストレートでナダル選手を破りました。フォニーニ選手に賭けていた人はボロ儲け。

 

3. ひとつのブックメーカーに固執せず、色々みて変えたほうが良い

ブックメーカーを変えるのもひとつの方法ベッティングビジネスにおいてはブランドロイヤリティが重視されています。とても競争の激しい業界で、ブックメーカーは自社のみでベットをしてもらえるように色々なタネを撒いています。

それが色々なロイヤリティプログラムやオファーだったり、ショップ(ヨーロッパには宝くじ売り場みたいにベットできる店がたくさんある)でのオファーにしても、意図は同様です。他のブックメーカーに浮気すべきではないとブックメーカー側に思わせないように!

どのブックメーカーに自分がベットしたいマーケットのベストオッズがあるか、特定のマーケット / ベットに対してオファーがないかチェックしてみてくださいね。

サッカーで特に人気のマーケットは「最初にゴールするプレイヤー」で、それゆえブックメーカーは大体どこもそのベットマーケットに特色を持っています。

イギリスのブックメーカー、Betfred / ベットフレッドはベットしたプレイヤーが2点入れればオッズが2倍になり、ハットトリックを決めれば3倍になります。

逆にLadbrokes / ラッドブロークスというブックメーカーは、ベットしたプレイヤーが25分以内にゴールを決めればオッズが2倍になりますし、恐らくこのように他のブックメーカーでもプレイヤーを惹きつけるべく独自のオファーを用意しています。

どのオファーが自分に合っているのかをリサーチして見つけて、柔軟に使い分けてオファーを受けまくりましょう(・ω・)

 

4. 少なめのチョイスが良い

常識のように感じられるかもしれませんが、ベットする人はいつも簡単に忘れてしまうようなこと。選択するベットは少なめにする方が、勝つチャンスも大きくなるのです(・ω・)

金額を増やすためにベットをしているのであれば、小さくたくさんではなく大きく少なくの方がベター。1チームか1つの選択肢に賭けられれば充分、3〜4がMAX。アキュムレーターで20フォールズにベットするのは完全に非現実的。

ブックメーカー側が1番損失が大きいのはシングルベットによるものなんですよ。

例えば、ハイローラー(高額ベットをする人のこと)がベットのショップに行って$10,000を1.66のオッズに賭けたとします。たったひとつの成功率の高いシングルベットですが、店側はその支払いをカバーするのに$6,666の売上げを作る必要があります。

充分にリサーチをしていれば1つに$5〜$10のベットをすることは比較的安全策だと感じるかもしれませんが、もし高い配当が欲しい時は、トレブルは通常まともなペイバックがあるのでそこにかけるのは妥当と言えるでしょう。

 

5. 勝ち目ありのオッズの誘惑を避ける

誘惑に負けるべからず必死に勝つ見込みの低いベットをしたいと思っていたとしても、アキュムレーターを成功率の高い選択肢で詰め込むのは得策ではありません。次に現金を追加しないで勝つチャンスを逃しちゃいますよ。

テニスでは特に簡単。グランドスラムの初戦、トップ選手の相手は全員無名の選手になりますよね。そこで、全部の選手一緒にマルチベットでチャチャっと稼いじゃおう!と思うのは良いアイデアかと思うかもしれませんが、実はそれがミスだったりするのです。

テニスというのはマッチベットでかなり低いオッズが提示されているとは有名なことで、世界のエリート選手を集めて10フォールドにしたとしてもオッズ4.00の戻りしかなかったりします。

オッズ1.12の時にたった3倍にするだけのために$10ベットして、例えば1試合だけベットに負けたせいで全ベット失うことになるのは本当に価値のあるベットでしょうか?

もう少しリサーチして、有望な若手選手や軌道に乗ってきた選手の試合で勝てる見込みのあるものにベットして、ペイバックが高いものを選んだ方が遥かに良いでしょう(*´ー`*)

 

6. マイナーなマーケットも視野に入れてみる

繰り返しにはなりますが、充分にリサーチを行なったら、ブックメーカーが出している他の膨大な数のマーケットからさらに良い価値のあるものを見つけられるほどのスポーツの知識も充分得られるはずです!

ブックメーカーにとっては間違いなくプレイヤーにより多く損失させるための手段でもありますが、細かく見ていけばベットする価値のあるものも見つけられるはずです!

例えば、アキュムレーターの中にレスター vs マンCの試合でレスター勝利にベットするのはちょっと勇気がいります。でも、ちょっとリサーチしただけでも、レスター所属のジェイミー・バーディー選手がリーグのトップ得点者だということは簡単にわかります。なので、バーディー選手が試合内で得点するというマーケットにベットするの安全パイですし、オッズも2.40と悪くないのです。

 

7. マーケットを理解していることを確認

マイナーなマーケットの話をしましたが、もし人気のものを選ぶ場合、条件を確認することをお忘れなく。

意外と多いミスが、ハーフ / フルタイムベット vs 前後半どちらも勝利というもの。もし【ハーフ / フルタイムどちらも勝利】にベットする場合、ベットしたチームは前半で勝って、試合全体を通しても勝っている必要があります。

もし【前後半どちらも勝利】にベットした場合、前半と後半は別々に考えなくてはいけません。ベットに勝つためには、そのチームが前後半共にスコアを決めて相手チームに前半戦終了時勝利、さらに後半は点を加えての勝利をしなければベットには勝てません。

微妙な違いではありますが、ベットする方にとってはちょっとした理解度のミスで楽しみにしていた勝利金がアカウントに入ってなかった、ということは残念すぎますよね。自分の勘違いで【前後半どちらも勝利】に賭けたチームがハーフタイムまで2−1でリードしていてそのまま2−1で試合に勝って、ワクワクしながらアカウントを開けたたとしても、後半が0−0だったがためにベットに負けていた、というようなミスを防ぐのにルールを理解することは必須です(´ー`)

 

8. 気持ちでベットしない

気持ちでベットはNGもちろん、自分のチームには勝ってほしいと思いますよね。勝って欲しすぎて、大丈夫だと自分自身に言い聞かせる。ベットもしたからということを信じる。

そして、ブックメーカーにとってそれは甘い蜜となり、毎週、相手を負かせたいと切に願っているけどすぐに退陣を強いられるようなホームチームのファンからベットを集めます。

同じように、重要になるイベント事も避けたほうが懸命。選手たちはそこに注ぐ名誉とプライドが一層高まり、選手自身も自分を高めるため予期しない要素が拡大します。もしそれらのイベントにベットしなくてはいけない場合、他のマーケットも考えましょう。結果と両方のチームがゴールすることにベットする方がよっぽど合理的になるでしょう。

 

9. 自分でタイミングを決める

競馬とは違い、スポーツベットでは「ベストオッズではないかもしれないけど、通常は思い立った日にベットするのがベスト」とベットをするためにピンポイントでここが良い!という時間を決めるのは難しいところ。でも、多くのブックメーカーは人気のあるイベントの前にはオッズを上げたり、スペシャルオファーを出したりしています。

当日に1日中行うところもありますし、ランダムに一定期間行ったりするところもあり、ブックメーカーによってそれはユニークで様々。特に人気の高いイベントでは、ブックメーカーはほぼ確実に顧客にベットを促すような魅力のあるオファーで宣伝してきます。

オンラインでベットをしている場合、期間に注意していればそれを逃すことはありませんが、お得なオファーを使うタイミングはオッズと相談して自分で決めましょう。

 

10. あまり人気のないスポーツが狙い目

ブックメーカーは顧客を寄せるためにマーケットや取り扱いスポーツを常に拡大するように努めています。それは間違いなく、ブックメーカー側があまり詳しくないであろうスポーツをもカバーしているということを意味しています。

その良い例がMMA。総合格闘技は徐々に盛んになってきて、選手への関心も情報もさらに増えてきています。

 

UFC世界バンタム級チャンピオンのロンダ・ラウジー選手がUFC193のオクタゴン(競技をする8角形のケージ)に足を踏み入れるまで、ラウジー選手はかなりのオッズ大差で勝利予想でした。彼女の対戦相手、ホリー・ホルム選手のオッズは試合前で10.00、試合が始まった後にライブになってもまだ尚、7.00のオッズが付いていました。

なぜラウジー選手がそんなに大きく勝利予想だったのかは不思議なところ。試合中にラウジー選手へのが注目度が若干落ちた時、ホルム選手はボクシングのワールドチャンピオンの実力を発揮。ラウジー選手の強みは柔道ですが、ホルム選手はこの試合でテイクダウンと取られた際には100%の防御に成功していました。

誰もがこの試合内容を予想はできていなかったし、この試合に先立って統計を振り返れば7.00のオッズはかなり良いもの。ホルム選手は単に勝ったのではなく、2ラウンド目でチャンピオンにKO勝ちし、完全な番狂わせを起こし、もちろんホルム選手にベットしていた人たちは大喜びの結果になりました。

 

ちょっと試してみて!

勝ってハッピーな日もあれば、負けて悔しい思いをする日もあることはスポーツベットをする人になら誰にでもあることだけど、ここにある10のヒントをちょっと試してみて、価値あるマーケットを見つけて価値あるベットをしてみてはいかがでしょう?

うまくいけば、ドカンと大きく勝つ可能性だってありますよ( *`ω´)

スポーツの内容も知っていればベットマーケットにも詳しくなれるし、さらに試合観戦に熱が入ることは間違いなし!そうなればきっと勝った時の喜びもオッズ分ついてくるはず!

みなさん賢く楽しいベットライフを٩( ᐛ )و


21Bet Betting € 50 ボーナス.

 

William Hill Sport $ 100 フリーベット.

 

Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット