サッカー選手の言葉の壁

サッカー選手の言語問題事情

チームスポーツの世界では選手の移籍はつきもの。特にサッカー界では、毎年シーズンオフには前シーズンで優秀な成績を納めたり、調子が良かった選手に欧州のビッグクラブから移籍の話が舞い降りてきます。もちろん、今年行なわれていたW杯のようなビッグイベントの後にも移籍の話はちらほら出てきて、今年は特にロナウド選手の電撃移籍が話題になりましたね。

世界を舞台に戦う選手たちには、もちろん言葉の壁がつきもの。スポーツのルールは世界共通だから、プレーをするのに言葉はいらないとは言っても、チームスポーツであれば監督やチームメイトとのコミュニケーションは必須になってきますよね。世界共通語の英語がそこのクラブチームで通用するとも限らない。

移籍がなくたって、その国の代表として戦うにしても、特にヨーロッパの国では1カ国でもその地域によって使う言語が違うということも。そんな時、選手はどうやってお互いコミュニケーションを取るのでしょう?

選手の言語事情を調べてみました。

チームワーク

Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

 

Cherry Sports € 1000 ボーナス.

 

Spin Palace Betting

ベルギーの選手は

ベルギーチームの言語事情特に、国の中での言語が多種多様、地域ごとにでオランダ語・ドイツ語・フランス語の3ヶ国語が公用語として話されているベルギー。選手間のコミュニケーション、ちょっと気になりますね。

ちょうどW杯の時期に、ベルギーの選手はお互いにどうコミュニケーションを取るのかという記事がイギリスのBBCニュースから出ていました。BBCが調べると、検索ソースはプレイヤーたちがオランダ語でもフランス語でもないけど、更衣室では言語の優先意識を避けるために英語が使われているということがわかりましたが、ピッチ上でも選手たちは英語で会話するようです。W杯のイングランド戦の時にはベルギーの選手が英語で会話していることにメディアはこぞって驚いたようですね。

ベルギー人の大半はフランデレン地域と呼ばれる北半分に居住するオランダ語圏の人たちになりますが、それ以外の多くはフランス語圏、そして少数ですがドイツ語圏の人たちもいます。この3言語はベルギー代表のスター選手たちを見ても出身地域がわかるように、マンチェスターCに所属するケビン・デ・ブライネ選手はオランダ語圏、チェルシー所属のエデン・アザール選手はフランス語圏です。

中にはロメル・ルカク選手のように6ヶ国語を話す選手もいるようですが、チームの中には母語のみしか話せない選手もいて、そんな多様な選手をまとめるための統一言語として英語が使われるようです。

 

スイスの選手は

スイスチームの言語事情スイスも国内で多言語が使用されている国。スイス国内ではドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つの言語が話されています。1993年から2001年までスイス代表としてプレーしていたラモン・ベガ氏は、言語問題が選手を分割してしまうということを指摘しています。彼がチームに所属していた時の食事の際は同じ言葉同士を話す選手同士でテーブルに分かれて座っていたと当時の状況を振り返っています。

その時のコーチはチームで話す際にはフランス語で話すようにしていたようですが、個々人に的確にメッセージを伝える時はその人の母語を使っていたようです。選手同士はお互いに理解していたものの、みんな言語を切り替えながら話していたと話しています。

スイスでは英語を使うのではなく、その選手の言葉を使い、メッセージを伝えているようですね。

 

海外移籍組の言葉の壁

Yahoo!ニュースをサーフィンしていても、たまに移籍組の言葉の壁について書かれている記事を見ます。

海外に移籍したサッカー選手にとって、間違いなく言葉の壁というのはつきもの。現地のクラブでは現地の言葉が使われるため、円滑にコミュニケーションを取るには現地語の習得が必須のようです。中には、言葉の壁によってスタメンを外されてしまうなんていうことも。

今年、スペインの現地紙が「通訳が必要な29人」と特集を組んで選手の言語事情を公開したようです。

この特集が組まれたきっかけは、エイバルのホセ・メンディバル監督が記者会見で「彼はシャイだし、言葉を学ぶことになかなか悩んでいるようだね」と乾選手に触れたことから組まれたようですよ。

 

ガレス・ベイル選手

レアル・マドリード所属のベイル選手は、レアルの中で唯一通訳を必要とする選手だそうです。他の国外から移籍した選手はスペイン語を習得し流暢に話すようですが、ベイル選手はレアル加入後5年近く経った今でも公の場ではスペイン語をほとんど使わないんだとか。実際には話せるようですが、やはりインタビューなどの畏まった説明が必要な場では本人が英語を使うことを希望しているそうですね。かなり完璧主義者のようで、自分が納得いくまでペラペラにならないと言葉に詰まってしまうから喋らないんじゃないかと彼のスペイン語の先生は推測しているみたいですよ。

 

柴崎岳選手

乾選手と共に、スペイン語で自分を表現しないとこの特集にて書かれた柴崎選手。チームの中で唯一自分を表現しない選手と取り上げられているようですが、実際にチームメイトとの受け答えはスペイン語でこなし、練習にも馴染んでいるようですね。柴崎選手がスペイン語で話している動画もありました。インタビューの受け答えや自分の意見を話すとなるとまた使う単語やスピードが変わってくるので、そういったところも関係しているのかもしれないですね。

 

流暢な人も

もちろん日本人選手で外国語が堪能な選手も多くいるの、知っていました?特に、海外で長くプレイしている選手たちは現地語が話せる人が多いみたいですね。

中でも先日読んだインタビュー記事で私が驚いたのは川島選手!困らない程度の日常会話は6,7ヶ国語話せるそうですΣ(・□・;)もちろん、ピッチ上での仲間との会話や指示も現地語。そして、毎日必ず30分は語学学習の時間に当てるんだとか。

川島選手、かなりの努力家、まさに文武両道ですね。

他にも、吉田麻也選手や本田圭介選手は英語でのインタビューに答えられるぐらいの英語力、ドイツ語ペラペラの長谷部選手、「アモーレ」な長友選手(イタリア語の会話支障なし)など、海外で長く活躍している選手はチームや周りの人とコミュニケーションを取るために現地語を習得する努力をする人が多いようですね。

となると、私的にはそのうちイニエスタ選手が日本語を話すところを見てみたいものです(๑¯ω¯๑) 

 

インタビューにも今後注目!

言葉の問題多言語国家にしかり、移籍の選手にしかり、言語問題もサッカーの世界ではつきもののようです。チームメイト同士、コミュニケーションが取れないとチームワークだったり戦術だったりに支障が出てしまいますよね。実際に、川島選手のインタビュー記事には「通訳をつけてしまうと、直接コミュニケーションが取れないから、監督やチームメイトとの距離感が少し生まれてしまうかもしれない」とあり、チームプレーが必須となるサッカーには相手と対話するための共通の言語が必要で、言葉を話すことによって可能性も広がるということを伝えています。

そういえば、昨シーズンにマルタのリーグでプレーをしていた私の友達のサッカー選手も言葉には相当悩んでいました。

サッカー以外にも努力を惜しまないサッカー選手たち、どうやってピッチ上でコミュニュケーションをとったりインタビューに答えるのか、今後注目して見ていくとその選手たちの影の努力も見えるかもしれませんね!

欧州リーグは今がシーズン真っ只中!活躍中の選手たちの試合にベットするならジャパカジ提携のブックメーカーからどうぞ゚(・ω・)ノ


William Hill Sport $ 100 フリーベット.

 

Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

 

21Bet Betting € 50 ボーナス.