eスポーツファンに大ニュース!

eスポーツファンに大ニュース!2020年【IEM】日本で開催!

IEM大会が日本で世界最大規模のeスポーツ大会、【IEM / Intel Extreme Masters】が2020年に日本で開かれるんだって!

IEMを知らない方に、簡単に説明すると、IEMことIntel Extreme Masters / インテル・エクストリーム・マスターズは、これまでに世界各国で開催されている国際的なeスポーツトーナメントなのです。Intelが後援し、Electronic Sports League(ESL)を運営するTurtle Entertainmentが2006年に始め、Starcraft II, Counter-Strike: Global Offensive, Quake Live, League of Legends and Hearthstone: Heroes of Warcraftなどのタイトルの大会を世界各国で開催しているんです。これまでに成都、ドバイ、ハノーバー、ロサンゼルス、シドニーなどで開催されています。

そして2020年は東京オリンピックに合わせて日本で開催されるそうですよ!


Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

ゲーム責任のテキスト | t&c apply


Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

ゲーム責任のテキスト | t&c apply


インテル責任者語る

アイシャ・エバンスこの事実が明らかになったのは、日本経済新聞のインタビューでのこと。

インテルの最高戦略責任者アイシャ・エバンス上席副社長は以下のように語りました。

「今日、eスポーツについて人々が語るとき、話題にのぼるのはたいてい中国や韓国です。東京五輪では、日本が決して遅れておらず、eスポーツ界で面白いことが起こっていることを示したいと思います。」

五輪に合わせてeスポーツの世界大会を開く狙いは何かという問いに、

「eスポーツが大きな現象になっていることを、世界中の人たちに知ってほしいと思っています。eスポーツはエンターテインメント産業を刷新するとともに、若い人たちのスポーツに対する見方を変える力を持っていると信じています。テクノロジーを通じて、体を使うだけでなく、競技性があり、精神的な面でも消耗するのがeスポーツなのです。

私自身、1年前に韓国でeスポーツ大会を見てショックを受けました。私の子供もビデオゲームで遊んでいますが、その画面で見ているときには感じられないエネルギーにあふれていました。賞金、ランキング、スーパースター、そこには恐ろしいほどの大きな世界が広がっていました。」

と語ったアイシャ・エバンス上席副社長さん。

 

大会観戦

そう、ワタクシもIEMほど大きな大会ではなく小さい大会でしたが、実際に会場で見たことがあります。エネルギーをヒシヒシと感じました。これが大きな大会だったとしたら・・・アドレナリン出まくりじゃないですか⁈

IEM大会の様子

 

eスポーツを見に集まる人たちがいると知った数年前は、「他人がビデオゲームしてるの見て、何が楽しいのよ?」と思ったものです。

まぁ、まずワタクシはゲームの素質は皆無ですからね。(笑)もっぱらギャンブルとしてのゲームは大好きですが、ビデオゲームは昔ちょこっと遊んだことがあるくらいです。

eスポーツで競技されるゲームをプレイしている方なら、観戦も楽しめるのかもしれないな、と思いましたが、実際に見てみると面白いじゃないですかっ!ルールは見ているうちにわかってきましたし、すぐに「この選手上手だな」とか「チームワークいいな」などとも思えるようになってきたのです。

そこでブックメーカーでベットしながら観戦(ギャンブル好きなもので・・・)していたので、余計にアツくなっちゃいましたけど。

PC画面に接近してTwitchなどで見るのも、はっきり見えていいものですが、会場の熱気や歓声を感じながら見るのはもっと楽しいものだな、と実感しました。

日本で開催される世界最大規模のeスポーツ大会【IEM / Intel Extreme Masters】、ワタクシもその時期に日本にいたら、是非観に行きたいっ!eスポーツファンにとっては、今から楽しみですね♪


21Bet Betting € 50 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト | t&c apply


Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

ゲーム責任のテキスト | t&c apply


William Hill Sport $ 100 フリーベット.

ゲーム責任のテキスト | t&c apply