盛り上がる日本サッカー界

今日本のサッカーがアツい!

Jリーグがアツい!今年のJリーグは海外からの移籍組の影響もあってかなり盛り上がっている模様!連日ヤフーニュースにもJリーグのたくさんの情報が上がってきていますね。

欧州リーグの昨シーズンが終了して以降、スペイン代表のアンドレ・イニエスタ選手のヴィッセル神戸加入が決定し、それに続いて元代表のフェルナンド・トーレス選手もサガン鳥栖への移籍が決定。そして、つい先日の天皇杯でこの2人の夢の対決もあり、W杯での日本代表の活躍もあり、以前よりも更に日本のサッカー界が盛り上がりを見せている様に思えます。

そして、イニエスタ選手のJリーグへの加入は日本のサッカー界にとって革命的と言っても良いぐらいで、来季から外国人枠撤廃(外国籍の選手登録は1チーム5名の上限がある)も検討されています。まさにイニエスタ選手が動かした日本サッカー界、今後も更に発展していくこと間違いなし!

そんなJリーグ、ただベットするだけではなくて、大会の種類等もわかっておいたらきっと楽しい。特にW杯のような大きい国際大会だけじゃなくて、コンスタントにシーズンを通してベットできるものはベットチャンスも広がる。そして、やっぱりサッカーはスポーツとしてもベットとしての人気もNo.1だから、初心者の人にも入りやすいスポーツなはず(・∀・)!

サッカーよりも野球派な男性プレイヤーさんも、実はそんなに詳しくないのよねっていう女性プレイヤーさんも、ちょっと日本のサッカーの大会がどんなものかってことを頭に入れて、ベットしてみましょ♪


Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

 

William Hill Sport $ 100 フリーベット.

日本プロサッカーリーグクラブ概要

JFAが主催するJリーグは1993年に10クラブから始まり、1998年まで1部リーグのみの【Jリーグ】として最大18クラブで開催されていました。1991年以降はJ1リーグ、J2リーグの2部制になり、2014年にはJ3が創設されましたが、J3は様々な点でJ1・J2とは大きな違いがあり、メディアの扱いなどで不利な立場にいるようですね。

2015年に明治安田生命保険相互会社とJリーグ全体のタイトルスポンサーとしての契約を結んだことで、そこからリーグ戦の名称に“明治安田生命”が付け加えられました。

基本的に方針としてクラブ名称は地域名称+愛称で構成されているのは海外のクラブチームと同様です。

2018年シーズン開幕前の登録クラブはJ1:18クラブ、J2:22クラブ、J3:14クラブの計54クラブ。

毎年シーズンは3月頃に開幕し、12月頃に閉幕をする【春秋シーズン制】となっていて、基本的には毎週末土日のどちらか、時に水曜日と祝日、2018年から金曜日のナイターを設けています。

日本代表戦がある時には原則試合の予定は組まれないようになっているので、どちらの試合も見逃すことはありませんよ♪(´ε` )

 

【 J1 】

2018年の試合方式は18チームによる年間でホーム&アウェイ2回戦総当たりの1ステージ制。シーズンを通して最も勝ち点の多いチームが年間王者となります。

各試合の勝ち点は勝ち:3、引き分け:1、負け:0で、同点で並んだ場合は得失点差で決まります。得失点差でも並んだ場合はその後総得点→直接対決成績→販促ポイント→決定戦の優先順位によって決められます。

原則として下位となる17位・18位の2チームは次のシーズンJ2降格になります。また、16位のチームは今シーズンから導入されるJ1参入プレーオフに参戦となります。

 

【 J2 】

通年制、22チームで行われる2回戦総当たりの1ステージで各チームの試合回数は42試合。J1とルールは同様、シーズンを通して勝ち点の最も多いチームが優勝します。

原則として上位2チームが自動的にJ1に昇格し、翌シーズンはJ1所属になります。残る1チームはJ1昇格プレーオフで決められます。21・22位のチームはJ3に降格します。

 

【 J3 】

J1、J2と同様に年間の順位は年間の勝ち点により決定。原則、J3リーグの年間順位1位・2位のクラブがJ2に自動昇格、J2の順位21位・22位が翌年J3に降格します。J2降格のクラブチームがJ2加入のライセンスを取得していない場合は繰り上げはなく、昇格のチームが減るだけになります。入れ替え対象になるチームはU-23を除外した際の順位になります。

football

 

Casino-X € 30 入金不要ボーナス + € 2000 ボーナス + 200 フリースピン.

日本プロサッカーのタイトル

日本サッカーにおけるJリーグに加盟するクラブチームにとっての3大タイトルとなる大会は下記の3つ。

  • Jリーグ
  • 天皇杯
  • Jリーグカップ(YBCルヴァンカップ)

Jリーグは上記に書いた通り、年間を通してのリーグ戦です。

 
天皇杯

天皇杯は日本サッカー協会チーム登録種別の第1種(年齢に関する制限がなく、プロ・アマ・大学・専門学校のチームが該当)登録があれば基本的に予選に参加可能なオープントーナメント。本大会に出場できるのはシードのチームと各都道府県代表の47チームです。

9月から始まりますが、他の試合との日程を考慮して1回戦から4回戦までは毎年流動的に日程が組まれ、準々決勝以降は毎年同じように組まれます。準々決勝は12月23日以降、準決勝は12月29日、決勝戦は翌年の1月1日となっています。

試合方式は前半45分、後半45分の90分間で、決まらない場合はサドンデス→PK戦で決められ、優勝チームには翌シーズンのゼロックス杯とAFCチャンピオンズリーグの出場権が与えられます。

 

Jリーグカップ(JリーグYBCルヴァンカップ)

Jリーグカップ、通称JリーグYBCルヴァンカップは、Jリーグに加盟するクラブが参加するカップ戦。今年から参加資格は全てのJ1所属クラブとその年にJ2に降格したクラブとなってます。試合方式はグループステージ / プレーオフステージ→プライムステージという3部構成で、プライムステージはトーナメント方式の試合。優勝チームには次年度のスルガ銀行チャンピオンシップの出場権を獲得、南米サッカー連盟主催のコパ・スダメリカーナの優勝クラブと翌年のJリーグ中断中の7月〜8月に対戦します。

 

Jリーグのオフシーズン

Jリーグがお休みに入るのは、大体天皇杯が終わった以降から、翌シーズン開幕の3月までです。Jリーグのリーグ戦自体は12月上旬に終了するので、天皇杯で勝ち残っていない限りはオフに入ります。なので、その間約2〜3ヵ月弱はJリーグにはベットできないということになりますが、その期間中はUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントだったり、欧州のリーグはシーズン真っ只中なので、そちらのベットで楽しめますよ♪( ´▽`)

 

今年間違いなく世間を賑わせている選手

アンドレス・イニエスタ選手冒頭にも書きましたが、今年のJリーグにて最もアツい選手は、ヴィッセル神戸所属のスペイン代表アンドレス・イニエスタ選手!スペイン一部のバルセロナでプレーし、W杯でも4大会でA代表として活躍を見せた世界でも人気のトップレベルのプレイヤーが日本に移籍を決めて以降、日本のサッカー界は大騒ぎ!

初試合に出てもゴール入れてもYahoo!のトップに必ず記事があがり、日本はもちろん、世界でも日本でどのような活躍をするのか注目されています。

イニエスタ選手の効果で、ヴィッセル神戸の試合のチケットはホーム・アウェーともに完売が続いている状態のようですね!そりゃあ、世界のスター選手はみんな生でプレー観たいよね!私も観たい!

イニエスタ選手の試合に注目していきましょ( *`ω´)

また、もう1人、冒頭に書いたスペイン代表として活躍したフェルナンド・トーレス選手も7月にサガン鳥栖に移籍しているので、こちらにも注目です!

 

ベットの仕方を参考に

ブックメーカーには様々なベットの仕方があります。中でも人気でマーケットが最も大きいサッカーのベットの種類は他のスポーツよりもダントツで豊富!

「イニエスタ選手の試合に賭けたいけど、チームが勝つかはわからないな〜」って思った時は、アジアンハンディキャップを使ったり、ゴール数に賭けたりするのも良い方法ですよ♪勝ち負けよりも少し考えるのが難しくはなるけど、色々なベットを組み合わせながら賭ければ飽きずに楽しめます(・∀・)

ベーシックなベットの種類を参考に、シーズン通してぜひぜひJリーグベット楽しんでみてね〜♪(´ε` )


21Bet Betting € 50 ボーナス.

 

Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス $ 0 キャッシュバック.

 

Spin Palace Betting