Jリーグ外国人選手枠変更

Jリーグ外国人枠の拡大!

昨日11月20日、Jリーグが理事会を開き、来年度の外国人選手枠等について決定されました。

イニエスタ選手がJ1神戸に入団する時に一時期話題となったこの外国人枠の課題。今年の7月24日にJリーグは実行委員会にて「外国人枠撤廃」について話し合いを行なっていました。今季イニエスタ選手を獲得したJ1神戸は、この外国人選手枠の規定により、イニエスタ選手を獲得するために他の外国人選手を手放さなければいけない状況でした。このような経緯があり話し合いが行なわれ、外国人枠の拡大が今日決定された、と言うことです。

いやはや、やはりイニエスタ効果は絶大ですな。


21Bet Betting € 50 ボーナス.

 

Cherry Sports € 1000 ボーナス.

 

Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

現在の外国人枠とは

Jリーグロゴ

そもそも外国人選手枠ってなに?と言う方のために簡単にお伝えすると、この「外国人選手枠」と言うのは1チームに所属 & 1試合に参加できる外国人選手の上限のことを言います。現在のJリーグの規定にはこのチームに所属できる外国人の数、試合にエントリー可能な選手の数というのが決められています。Jリーグだけではなく、欧州や各国のリーグでもこの「外国人枠」というものは設けられています。

現在のJリーグの外国人枠の規定はこのようになっています☟(J1・J2・J3共通)

 

外国人選手登録枠
  • 登録は1チームにつき5名までOK
  • 日本生まれ日本育ち、日本の教育課程を終了している選手については1チーム1名まで「在日枠」として登録可
  • Jリーグ提携国の国籍を持つ選手は外国人選手として扱われない

【Jリーグ提携国】

タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール

 

試合出場枠
  • 登録は1チーム3名までOK
  • アジアサッカー連盟の加盟国の国籍保持者は1名のみ追加登録が可能
  • 上記のJリーグ提携国の国籍保持者は外国人選手として扱われない

 

上記の規定が来シーズンからどう変わるか?

イニエスタ効果絶大!この上記の規定により、今シーズンすでにこの外国人枠がフルだった神戸は、イニエスタ選手を獲得するため2人の選手を手放しました。

今回、このような背景を踏まえてJリーグが決めた来季からの外国人選手に関する規定はこちら☟

  • 外国人登録枠の上限は撤廃し、J1・J2・J3全て共通して制限を設けない
  • 試合のベンチ入りまた出場権はJ1:5人、J2とJ3:4人が上限

と、今季よりもグッと広くなりました。特に、登録選手に上限がなくなるのはクラブにとってはかなり良いことでしょうね。神戸のように、1人の選手を獲得するのに契約中の選手を手放す必要も無くなります。ただ、一方で、試合に出られる外国人選手の枠が広がったため、日本人選手のレギュラー入り競争もかなり激しくなりそうです。

提携国の国籍保持者を含めないのは変わりありません。

 

新しく導入されるホームグロウン制度とは

ユース世代の登録制度今回発表されたのはこの外国人選手枠の拡大と、さらにホームグロウン制度というものが導入されること。

このホームグロウン制度とは、育成年代、要は基本的にJクラブのレギュラーになる前時点での年代(ユース世代や若い世代)でそのクラブに登録していた選手を一定の人数登録しなければいけないということ。欧州で言うところのアカデミーですね。満12歳から満21歳の間に3シーズンまたは36ヵ月以上、そのクラブで登録していた選手を登録する必要があります。

  • 期間は連続していなくてOK
  • 選手は国籍、プロ / アマ、年齢で区別しない
  • JFA、Jリーグと区別指定選手はホームグロウン選手とみなさない

上記で4つが定義とされて、登録しなければいけない選手の数は来シーズンから段階的に増やしていくようです。

  J1 J2 J3

2019年

2人 0人 0人
2020年 2人 0人 0人
2021年 3人 0人 0人
2022年 4人 1人 1人

この規定に満たない場合、足りなかった人数分は翌シーズンのプロA契約25人(AFCチャンピオンズリーグ出場クラブは27人)の枠が減らされることになります。

 

Jリーグが変わる!

来季から外国人の枠が広がり、ホームグロウン制度も追加されたJリーグ。これからますます日本人同士の競争も激しくなりそうですが、ここでクラブの財政的余裕も問われてきそうですね。J1参入プレーオフを出場権を得ていたFC町田ゼルビアはグランドの整備状況などの資格をクリアできず、J1加入のライセンスが降りずに来季もJ2に残留することが決定しています。

今シーズンは川崎フロンターレがJ1で優勝を決めましたが、来季の移籍状況や外国人選手の導入によって全クラブの状況も変わることが大いにあり得ますし、クラブがどう動くか、また試合やJリーグが盛り上がるのが楽しみですね!

Jリーグはプレーオフ等いくつかの試合を残してシーズンオフになりますが、欧州リーグは真っ只中!サッカーベットはこちらで楽しんでください(・∀・)


William Hill Sport $ 100 フリーベット.

 

Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

 

Spin Palace Betting