eスポーツ大会中に銃を乱射

eスポーツ大会中に銃を乱射 - フロリダ州ジャクソンビル

eスポーツイベントの【 EA Madden 19 Classic Major】の予選大会で、悲しい出来事が起こりました。フロリダ州ジャクソンビルで行われた Madden Classic の予選トーナメント中、敗退者が銃を乱射。3人が死亡、11人が負傷しました。

Madden 19 tournament

 

ビデオゲーム会社EA Sportsは、これから3つの地域で行われる予定だった残りの予選イベントをキャンセルするという決定を下しました。


21Bet Betting € 50 ボーナス.

Cherry Sports € 1000 ボーナス.

事件の様子

事件は8月26日午前10時35分頃、フロリダ州ジャクソンビルのショッピングモールの中にあるGLHFゲーム・バーで発生しました。この時、予選で勝ち抜いた2人のトッププレイヤーの試合中でした。

Taylor Robertson と Eli Clayton
Taylor Robertson(左) と Eli Clayton(右)

予選トーナメントはTwitch / ツイッチで放送されており、射撃そのものは映っていませんが、悲劇が起こった時の火を放ち続ける銃声の音やレストランから出ようとする人々の叫び声を聞く事ができます。さらに恐ろしいことに、銃がステージ上のプレイヤーの1人に狙いを定めている「赤い点」を見ることさえできたそうです。

David Katzイベントに参加した選手の一人であるCompLexity GamingチームのDrini Gjokaは、事件が起こった際その現場にいて、事件の様子をツイッターに投稿していました。「トーナメント選手が撃たれた。俺もここから出て二度と帰ってくるもんか!弾丸が親指に当たった俺はラッキーだった。」

銃を乱射したのはメリーランド州ボルチモアのDavid Katz(24歳)で、Madden のトップ選手であるTaylor Robertson(27歳)とEli Clayton(22歳)を射殺し、その後Katz自身も自分の命を絶ちました。

プロゲーマーだったTaylor Robertsonは2016年のMaddenチャンピオンで、Maddenコミュニティの皆から「素晴らしいライバルであり、皆に愛されたメンバー」と言われています。Eli Claytonは元高校アメフト選手でみんなの人気者、そしてMaddenでも現在一番のライバルの一人として知られていました。その二人とは対照的に、David Katzは仲間との会話を避けているように思えたと言われます。Katzは2017年のチャンピオンで下が、今年は敗退したところでした。

セキュリテの見直し

MaddenのビデオゲームシリーズのメーカーであるEA Sportsは哀悼の意を表明し、この無意味な暴力行為を強く非難しました。この後に続く予定だったMaddenの予選イベントを全てキャンセルする決定を下し、パートナーと社内のチームと協力して、競技者と観客のための一貫したセキュリティレベルを確立するとコメントしました。

「Maddenのトップ選手の2人であるTaylor RobertsonとElijah Claytonが、このような形で命を失ったことは想像もできないほどの悲劇です。皆から愛され、スキルのある競技者だった二人の家族をサポートすることを約束します。」

今後、イベントでの金属探知機が使用される日も近いような気がします。

eスポーツの人気は衰えることを知らず、今後も伸びていくのは確実です。日本もアジア競技大会のeスポーツで金メダルを獲得し、4年後の大会では正式種目になる事が決まっています。現在どのブックメーカーでもeスポーツの試合にベットする事ができるほどの人気。

この人気とこの事件を元に、セキュリティの見直しが必要な時ですね。


Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

William Hill Sport $ 100 フリーベット.

Spin Palace Betting