マクラーレンeスポーツ

マクラーレンeスポーツ

F1でお馴染み、マクラーレンは、eスポーツの若き才能を見つけるべく、【マクラーレン・シャドウ・プロジェクト】を開始しました!

英語公式サイトはカッコ良い出来で、「現実世界と同等の影を握る仮想レースプログラムへようこそ」とあります。

「ゲームと現実世界の競争の交差点に存在するパフォーマンスの機会を探るため、2017年、eスポーツに参入しました。 なぜなら、他のスポーツとは異なり、バーチャルとリアルレースのスキルの移転は、直接的かつ深遠なものであるからです。」

とまぁ、カッコ良すぎて意味がよくわかんない英語で綴られてます。笑



21Bet Betting € 50 ボーナス.

Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

ワールド・ファステスト・ゲーマー(WFG)

2017年、マクラーレンは【ワールド・ファステスト・ゲーマー(WFG)】と銘打ってイベントを開催しました。このイベントには約3万人もの人々が参加し、世界最速ゲーマーを発掘しようという試みだったよう。ここで優勝したのがなかなかイケメンのオランダ人、Rudy van Buren / ルディ・ヴァン・ビューレン、25歳。彼は、チームの公式F1シミュレータードライバーに採用されました。

ルディ・ヴァン・ビューレン

 

優勝した2ヶ月後のインタビューでルディは、「まだ興奮しています。 振り返って分析すると、僕のイベント全体へのアプローチは正しかったと思います。落ち着いて、そして、楽しむことが大事でした。自分に素直に、チームプレイヤーになる。そして、想定外のことにも準備する。これはただのラップを運転すること以上のものです。」と語りました。

これから志願するプレイヤーたちに何かアドバイスは?と聞かれると、「ただ1つの領域で、あるいはただ1つのプラットフォームで超優秀になろうと専念しない方がいいかな。僕は、いくつかのプラットフォームで他の人たちより劣っていることを知っていたので、3位、4位で終えても不思議ではなかったんだ。それでも重要なことだけどね。一番大事なのは、一貫性を保ち、間違いをしないこと!」ですって。

マクラーレン・シャドウ・プロジェクト

ワールド・ファステスト・ゲーマー(WFG)は、今年2018年から【マクラーレン・シャドウ・プロジェクト】とタイトルを変えて開催されます。優勝者はマクラーレンのF1 :eスポーツプログラムの一員となり、2019年F1 eシリーズのチャンピオンを狙って争います。実際にF1レースの現場を訪れることもできるそう。

マクラーレン・シャドウ・プロジェクト

 

マクラーレン・シャドウ・プロジェクトには18歳以上が参加可能。参加者は8月から10月末に行われる、iRacing、rFactor2、Forza Motorsport、Real Racing 3などのゲーム内で行われる予選を通過しなければなりません。そして、11月に準決勝、2019年1月に決勝戦が行われます。

近年、いろんな業界がeスポーツとの関係を深めています。今回のマクラーレン、日本でもJリーグがサッカーゲーム大会を開き、吉本興業がよしもとゲーミングを発足し、ベビースターでお馴染みの株式会社おやつカンパニーは、「名古屋OJAベビースター」チームのスポンサーになりました。コカ・コーラボトラーズジャパン、再春館システム、デイリースポーツなんかも、eスポーツチームのスポンサーになっています。

世界では大人気のeスポーツ。日本は出遅れてしまいましたが、アジアオリンピックでメダル種目にも認定されたくらいですから、eスポーツの人気は今後衰えることはないでしょう。ファンの数、ストリーミング視聴者数、共に増え続けています。人が集まるところにはお金も集まる、そのお金目当てにさらに人が集まるもの。ブックメーカーでは、eスポーツの試合にベットする人も増えているんですよ。


Gaming Club Casino $ 800 ボーナス.

Cherry Sports € 1000 ボーナス.

William Hill Sport $ 100 フリーベット.