スポーツ暗黙のルール

スポーツの暗黙のルール

アンリトゥンルール今、アツき青春の戦いを見せてくれている高校球児たち!日本では甲子園真っ只中で、毎日盛り上がっていますね( *`ω´) 私はサッカー派で昔から野球にはちょっと疎いのですが、実は甲子園だけはハマって一時期は夏休みに家にほぼ籠ってずーっと観ていたなんてこともありました。やっぱり、今でも1番印象に残っているのは延長になったマーくんvsハンカチ王子の試合です!

毎日Yahoo!ニュースで日本の情報を得ている私ですが、甲子園もサッカーW杯同様に速報で取り上げられていることには結構ビックリしました。今年の甲子園は試合の結果だけでなく、猛暑による熱中症対策などの記事なども出ていて、興味深いところですね。そんな中で、創志学園の西投手のがガッツポーツが少々問題になっていたようで。

私も何が問題なのか最初よくわかりませんでしたが、マナー的にNGだとか。試合を観ていないのでわかりませんが、そんなにすごいものだったんでしょうかね(・・?)そういえば私も、昔軟式のテニスしてたんですけど、点取った後の必要以上に喜んだりすることはNGと顧問に言われていました。

そもそも、スポーツ(特に野球)には【unwritten rule /アンリトゥンルール】と呼ばれる、ルールブックには記載されていない“暗黙のルール”があるようです。

今回は気になるその暗黙のルールについてちょっと調べてみましたよ(・∀・)

なるほど◎と納得いくものから、なんだそれ?って言うものまで、なかなかたくさんあって興味深い暗黙ルール。全部は紹介できないので、今回はその中でも海外の正統派っぽいルールを紹介しましょう!


Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

 

William Hill Sport $ 100 フリーベット.

メジャーリーグ:0点の状況を打破するためにバントをしてはいけない

自分が応援しているチームがノーヒット0点で試合終了になろうとしている時はもちろんイライラするでしょうし、どんな作戦でもとにかく点を入れてほしいし、勝ってほしい!と思うのがファンの気持ちでしょう。

きっと選手もそんな情けない、恥ずかしい状況で何としても点は取りたいと思っているはずでしょうし、状況によってはバントも必要と言う判断もあり得るでしょう。でも、そんな状況の中でもメジャーリーグにおける“暗黙のルール”では【バント禁止令】があるのです。

相手チームの投手が完全試合達成を目前にしている状況でバントでヒットを出すことは卑怯であって、ピッチャーへの敬意に欠けるプレーだからだそう。どうしても1点はほしい状況の中でも相手をリスペクトするのを忘れてはいけない、メジャーリーグベースボールのルールです。

 

メジャーリーグ:デッドボールは自分にもトバッチリの可能性あり

試合中にデッドボールを受けるのは最悪だし、体に跡を残す可能性だってある。でも、野球が存在する限りはピッチャーが投げたボールがバッターに当たる可能性はゼロではないもの。

相手のチームにもピッチャーはいます。それは、自分のチームのピッチャーが相手チームのバッターにデッドボールを食らわせた場合、相手チームのピッチャーが自分のチームの攻撃になった際、バッターにデッドボールを食らわせる可能性が大いにあると言うことが言えるのです。

ちょっとどうなの、と思えるルールですが、デッドボールはそうやって機能していくものなようですね(´ー`)

 

メジャーリーグ:サインを盗むな!

野球のサイン、相手に見破られないようにどう構成するかを考えるのも結構大変なようですね。見破るのがそう難しくもないサインもあるようですが、そのサインを盗むというのはNGです。二流のリーグだけでなく、メジャーリーグでもその暗黙のルールは浸透していて、セコく勝つのではなく、己の実力と才能で勝て!と言うのがプロ野球選手にとっての暗黙の了解のようですね。

相手のサインを読もうとしてもできなくて、どの方向に投球がくるかわからなかったから勝てなかったと言うのはダサすぎるもんね(*_*)

野球の暗黙のルール

21Bet Betting € 50 ボーナス.

NBA:プレーをしていない時はベンチに座る!

アスリートにとって怪我をすることはツラいこと。プロのスポーツ選手にとっては怪我をすることは=仕事ができないということになります。練習、試合、ミーティングなどに参加できずチームの一員として機能していないという事、部外者のような疎外感を感じさるものかも知れません。

そのため、たとえプレイできなかったとしても、怪我をしたバスケット選手たちはベンチに入ったり、プレスボックス内に入ったりサイドラインに立ったりした方が良いとされています。

選手が怪我をしたとしてもチームの一員であるということを示す機会になるけど、ゲームには支障をきたさない、そういう場になります。

怪我が深刻な時には身体的にも精神的にも厳しい結果を残すことにもなりかねるので、何か選手にとってルーティーンとなるものを残す非公式ルールがあることは選手にとっても良いことになります(・ω・)

 

メジャーリーグ:マウンドを横切ってはいけない

野球のピッチャーというのはタフなポジション。調子の良いときは一挙に注目を浴びて称賛されるけど、逆に調子の悪い時は悪い意味で注目を浴びてしまい、全てピッチャーのせいかの如くこれでもかと非難されてしまう。

なので、ピッチャーという役割を尊重すべく、マウンド上にはピッチャーリスペクトのルールが色々とあるのです。

この暗黙のルールを破ったことで知られている、過去最悪に悪名高い選手は元プロ野球選手、A-Rod / エイ・ロッドの愛称で知られているアレックス・ロドリゲス氏。このA-Rod氏、かなり問題のある異端児として知られていたようですが、そんなA-Rod氏は2010年のシーズン中に最初のファールボールからポジションに戻る際にマウンドを横切って戻り、対戦相手のDallas Braden / ダラス・ブレイデン選手は激怒。A-Rod氏は怒鳴られることに。ブライデン氏は「マウンドを横切らないのは常識だ」と言った様ですが、それに対するA-Rod氏の答えは「そんなルール聞いたことないけど」でした。図太いですな。

 

サッカー:誰かが怪我をしたらボールを外に出す

このルールはちょっと温かい、人間味のあるルールです。

基本的に、サッカーでは誰かがピッチ上に倒れ込んでいると主審がホイッスルを鳴らし、試合を中断します。そして、たとえ相手側の選手が倒れ込んでいたとしてもボールを外に蹴るという“お約束事”があります。

そして、更に暗黙のルールとして、プレーが再開するたびにそのボールを蹴り出した側のチームが再開する権利を得られるというルールがあります。このサッカーのルールのように、公平なルールもあるのです。

 

メジャーリーグ:内野手の邪魔をする様な大声をあげるな

NGルール前述のA-Rod / エイ・ロッドは、また違う暗黙のルールを破った事でも知られています。

ブルー・ジェイズとの試合で2アウトで2塁にいる時、同じチームのJorge Posada / ホルヘ・ポサダ選手がフライを打ち上げ、それと同時にA-Rod選手は3塁に走り、その際に「I got it!!(俺が取る!)」と叫びました。

当然のことながら相手チーム、ブルー・ジェイズのサード守備の選手が自分の仲間が言ったと思い、ボールを譲り、そのボールを落としてしまうことになりました。

この行為は前代未聞で誇りがないと、もちろん相手チームからも世間からも非難轟々だった様です。

 


Cherry Sports € 1000 ボーナス.

メジャーリーグ:相手チームのホームランボールを投げ返す

もし野球のファンだったら、ホームランボールをキャッチするということは一生に一度あるかないかぐらいの出来事で本当に嬉しいもの。きっと、野球のファンじゃなくても価値のあるものだとわかるし、嬉しいはず。

だから、そのボールを取る不屈の精神を持って、取れたら数秒間だけその嬉しさを噛み締めて、そのボールはフィールドに返してくださいね!そのボールを打ったのは対戦相手なんです!

対戦相手が打ったホームランボールをお土産として持って帰らないというのは、たとえそれがオークションで大金になろうとも、長年の伝統でNGとされていることなのです。

ファンである限り、それは守らなければいけないルールです。

 

ゴルフ:グリーンを歩くな

もし、ゴルフの試合で試合相手の邪魔をすることができるとすれば、これでしょう。 

誰かのパットラインを歩くという行動は、プレイヤーが一般的にグリーンの周りを歩き回る行為を嫌う相手を危険にさらすだけではない、大きな禁止行為です。理由ははっきりしていて、もしそこに足跡がついたりすると、ボールがその足跡を横切った際に方向が変わったりスピードが落ちたりするため。大きな大会等で勝とうとしている時にその様なことがあるのはタブーですよね。何回もパターできません。

もし自分が誰かに仕掛けたとしても、次のホールで同じ事をされる可能性もありますし、やめといたほうが良いでしょうね(´ー`)

 

アメフト・ホッケーなど:怪我をした選手がフィールドを離れる際は立ち上がって拍手を送る

怪我は精神的にもツラいもの。それが例えば行き帰りに起こったり、家や家族から離れたところで起こったり、チームドクターから離れたところで起こったらさらにツラい。

シーズンの早い段階でそのシーズンが絶望的になった事に気づいたフィールド場のプレイヤーに対して長くブーイングを浴びせることはタブー。その選手がロッカーに向かう際には、自力で向かおうが担架で運ばれようが、その選手に拍手を送るのがルール。

スタンディングオベーションでみんなよりも先にシーズンを終えてしまった選手に敬意を表すことは常に素敵なことなのです(*´ω`*)


Spin Palace Betting

メジャーリーグ:勝ってる時に盗塁をするべからず

自分の応援しているチームが勝っている時に、不愉快になることはないですよね。大差、特に二桁の数字でリードしている時は、盗塁はただ単に最悪。メジャーではタブーです(´⊙ω⊙`)

盗塁のスキルは勝っている時に見せるものではない。するのであれば、できるだけ試合を早く終えようと盗塁するのではなく、正々堂々とお互いに接戦で、ゲームが面白い時にやってよね!と言うのがメジャーリーグでのルールです。

 

メジャーリーグ:無安打の時にピッチャーに話しかけるな

迷信と言えば迷信かもしれませんが、実際に意味を成す迷信でしょう。

ピッチャーがノーヒットを記録している真っ只中、もちろんかなり集中しています。全てが良い方向に流れていて、話しかける事を含め、何かがその流れを止めてしまうかもしれない。

投手が集中を途切らせずに最高の功績を達成するためにチームメイトができることは、ピッチャーに話しかけずに遠くから見守ること。それもまた、メジャーの暗黙のルールです(`_´)ゞ

ピッチャーに話しかけるな


他にもたくさんある暗黙のルール

ここで紹介した様に、野球にはメジャーリーグ、日本のプロ野球にもそうですが、特に他のスポーツよりも多くの暗黙のルールが存在する様です。なんだそれ?ってルールも結構あります(。-∀-)

他にも気になる人は是非調べてみてくださいね!

メジャーリーグ、日本のプロ野球、ゴルフ、サッカー、バスケット、ここで紹介したスポーツは全てこの記事内のバナー7つのブックメーカーからベットできますよ♪ 特に、ジャパカジから登録すると限定のスポーツベットにも使えるボーナスがもらえるスポーツベット.ioベットビクターがオススメです(・∀・)♪

次にベットして試合を観戦する時は、この【unwritten rule / アンリトゥンルール】にも注目しながら見てみてくださいね!


Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット