FIFA W杯 結果とジャパカジ総括!

2018W杯ロシア大会 大会まとめ!

1ヵ月に及んだ今年のW杯ロシア大会も昨日の決勝戦を最後に閉幕し、フランスが20年ぶり2回目の優勝を果たしました。クロアチアは初優勝を狙っていましたが、この夢はまた次の大会に持ち越しとなりましたね。

決勝戦では試合中後半にピッチに警察官の格好をした男女4人が乱入し試合の流れが止まり、会場も騒然となりました。クロアチアが攻めていた展開だっただけに、これがなければ結果も変わっていたかもしれないという状況で、非常に残念(´ー`)

この1ヵ月間、全ての激闘を追っていたワタクシメは心にぽっかり穴が開いたような、まだ余韻に浸っている感じでごぜます。

さてさて、今回のW杯はみんながみんな、FIFAの会長でさえ口を揃えて言うほどドラマティックでたくさんの感動・衝撃・驚きの連続の大会でした。そもそも日本がグループリーグを突破できると思っていた人はいなかったでしょうし、前回優勝のドイツがグループリーグ最下位で敗退したことも衝撃でしたし、トーナメントに入ってからも優勝候補が1回戦で続々と姿を消して、波乱続きのW杯でしたね。

本当に見応えも賭け応えもある大会でした。決勝の試合が終わって表彰式の最中に雨がふり始めたことも、なんともドラマティックな展開だったな〜と思います。

そんなW杯とワタクシメのベット、振り返ってみたいと思います。

ロシアW杯2018

Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

 

 

William Hill Sport $ 100 フリーベット.

優勝:フランス

自国で開催された1998年に優勝した以来、20年ぶりにW杯トロフィーを手にしたフランス代表。

その優勝賞金は42億7000万円と、そんな大金どこに全部行くの?ってレベル。まぁ、とにかくすごい。2位のクロアチアともその賞金の差額が11億円ほどあるらしく、そこまで格差なくても良くない?ってほどの大金。

クロアチアを4-2で制し今大会の王者となったフランスは、今大会の2番目に若いチームでまだまだ今後の活躍が期待できる選手ばかり。特にサッカーの王様ペレが1958年に17歳の若さで決めた決勝でのゴール以来、W杯の決勝でゴールを決めた10代の選手として2番目になったエムバッペ選手は、大会の最優秀若手選手にも選ばれ、今後若い世代を牽引し、代表していく選手になりそうです。

また、前回の記事で書いたフランス代表ディディエ・デシャン監督は選手として、監督としてW杯を制した史上3人目の人物となりました。

トロフィーを手にした時のフランス代表選手たちの笑顔は素晴らしかったですね(´∀`)♪

優勝:フランス

 

最優秀若手選手賞:キリアン・エムバッペ選手(フランス)

エムバペなのか、ムバッペなのか、エムバッペなのか、読み方を非常に迷う選手ですが、ラッセル・ケイン氏がが「エムバッペ」と発音していたので、私はエムバッペで書いています。

さて、FIFAの公式HPによると、大会の最優秀若手選手に送られるこの賞は、W杯において若手選手の影響を認識するために設定された賞。この賞の受賞者は大会前には比較的知られていなくても、この大会中の活躍によって大会後には一躍有名になるという選手が多いようです。

判断項目は技術的な面の他、プレーに対する姿なども入り、この賞はサッカー界のプロモーションになる他、選ばれた選手にとって将来のキャリア形成のためにも重要になるものとなります。

ちなみに、前回大会の最優秀若手選手もフランスの選手、ポール・ポグバ選手でした。

【判断項目】

  • 優れたレベルのスキル
  • 若々しい爽やかなプレースタイル
  • 創造性、インスピレーション
  • 戦術的な成熟性と効率
  • 見ている人を楽しませるパフォーマンスによるファンからの認識
  • 若い世代のロールモデル
  • ポジティブな姿勢とフェアプレー

 

大会MVP(ゴールデンボール賞):ルカ・モドリッチ選手(クロアチア)

本大会のMVPは準優勝のクロアチアからモドリッチ選手が受賞しました。

1998年のフランス大会以降、6大会連続で優勝国からのMVP選出なしという結果になっています。

クロアチアのキャプテンとしてチーム初の決勝進出に導いたモドリッチ選手のMVP受賞は世界中みんなが納得する結果となったと思います。ただ、授賞式の際にモドリッチ選手の顔に喜びの表情はなく、準優勝への悔しさが滲み出ていましたね。

素直にMVP受賞への嬉しさ、準優勝への誇りを持ちつつも、やはりあと一歩のところで優勝できなかったというその複雑さは素直に語っていました。

2位はベルギーのエデン・アザール選手、3位はフランスのアントワーヌ・グリーズマン選手でした。

 

最多得点賞(ゴールデンブーツ賞):ハリー・ケイン選手(イングランド)

大会の最多得点者に送られるゴールデンブーツは、イングランドのハリー・ケイン選手のものとなりました。

ケイン選手は6得点を獲得も、そのほとんどが大会序盤でトーナメントが進むにつれて徐々に調子が下がっていったことから「大会史上最も印象に残らない得点王」など少々手厳しい声もあるようですが、イングランドを28年ぶりに4強に導いたことは確かなので、誇れる得点王となったことでしょう(*´ω`*)

2位はフランスのアントワーヌ・グリーズマン選手、3位はベルギーのロメル・ルカク選手となっています。

 

最優秀GK賞(ゴールデングローブ賞):ティボ・クルトゥワ選手(ベルギー)

大会最優秀GKに輝いたのは、ベルギーのクルトワ選手。今大会はラッセル・ケイン氏も言っていた通り、GKのW杯と言っても良いくらいにGKは逸材揃いだったので、選ぶ側もさぞかし大変だったことでしょう。

見事、この賞を勝ち取ったのは大会中全7試合にフル出場し、ファインセーブを見せまくっていたクルトワ選手でした(*⁰▿⁰*)

 

フェアプレー賞:スペイン

この賞はFIFAテクニカルスタディーグループが決める賞で、サッカーに関して良い振る舞いをした個人もしくは団体に対して各年1または複数の賞が送られます。

今回この賞を受賞したのは大会中に警告数が2枚のみだったスペイン代表。SNS上では「日本がふさわしい」との声もあるようですが、4試合を通して警告2枚のみならば妥当とも思いますよね。


21Bet Betting € 50 ボーナス.

 

Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

またも吉田選手の予想当たり!

2017-18シーズンのチャンピオンズリーグからジャパカジの優勝国予想に協力をしてくれている、マルタで活躍しているサッカー選手の吉田選手と荒川選手。

トーナメント開始時点での優勝予想は吉田選手:フランス、荒川選手:ブラジルでした!

ということで、またも吉田選手の予想当たり٩( ᐛ )و この人、本当に予想がピタリと当たる!チャンピオンズリーグの予想も、グループリーグの突破予想もピタリと当てたのです!

残念ながら分析型の荒川選手はハズしてしまいましたが、2人の全く異なる予想は非常に面白いので、サッカーのことは今後もプロ選手にアドバイスをもらって予想をしていきたいと思います(`・∀・´)

それにしても、吉田選手が今までハズしたのはベルギーvs日本戦のみ。この男、本当にスゴい。

 

ベッティング結果

私のW杯中ベットさてさて、このW杯期間中、ワタクシメは密かにちょこちょこベットしていました。しかも、少額ずつという非常にチキンな賭け方で 笑

ワタクシメのベット公開!ドーンっ(・Д・)

今回はWilliamHill / ウィリアムヒルさんから登録して、登録ボーナスのフリーベットもいただいたので、こちらでも勝たせていただきましたm(_ _)m

でも、準々決勝の途中のオッズがまだ良い段階でアウトライトでフランスにベットしていたので、結構返ってきましたよ〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+

もうちょっと賭けとけば良かったな〜とも思いましたが、この勝利金を資本にしてまた次ドカンとやりたいと思います!

入金は$20しかしていないので、結果プラスです!やったね♪

4つ目のロシアvsクロアチア、クロアチアが勝ったのに何で損失なの?って思う方もいるかもしれませんが、ここで賭けてるのは通常の90分間での結果なので、延長戦は含まれないんです。

なので、試合に勝ってベットも勝ったように思われますが、実はここでは引き分けに賭けた人がベットに勝った、ということになります。

ジャパカジの他のスタッフも、ちょこちょこW杯でのベットを楽しんでいました!

皆さんも楽しめたでしょうか?

 

2018W杯ジャパカジガイド総括

ジャパカジがお届けしてきたW杯ガイドもこの記事にて終了となります。ベットの参考にしていただいていた読者のみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m

今回のW杯は、どこのブックメーカーも利益を度外視したたくさんのボーナスとオファーを準備して非常に盛り上がっておりましたヽ(*´∀`) 皆さんにもフル活用していただけていたら嬉しいデス。

冒頭でも書いた通り、非常に心にぽっかり穴が空いた気分のワタクシメでごぜますが、今後もまた色々なスポーツイベントを取り上げて書いていきたいと思います!

次のW杯はまた4年後となりますが、2022年のカタール大会はまた運営内容に色々な変更があって、さらに新しいW杯になることでしょう!

今回はVARの導入が1番大きな変化となり、決勝でもVAR判定からPKが生まれたことにより、W杯に新たな歴史を刻むことになりました。4年後のW杯も楽しみにして、それまでまた色々なスポーツでジャパカジと一緒にベッティングを楽しみましょう(*^ω^*)♪


Spin Palace Betting

 

Cherry Sports € 1000 ボーナス.