スポーツ(ボール)10種類の起源

スポーツ(ボール)10種類の起源

スポーツ、競技するのも、観戦するのも、そしてベットするのも楽しいもの。でも、いろんなスポーツで使用されているボールの歴史には、ゾッとするものもあるのを知っていますか?選手たちは、シンプルな縫い合わせの布、膨張した動物の膀胱、人間の頭(!)、動物や人間の頭蓋骨など、利用可能なものなら何でも使用していました。

これらの材料と技術は長い道のりを歩んで進化し、今日使用されているスポーツボールはこれらの変化を反映しています。私たちが現在使っているスポーツボールと比べると、元のボールは奇妙なものとしか言いようがなく、ショックを受けます。 これを読んだら、スポーツを全く違った目で見るようになるかもしれません。


21Bet € 1000 ボーナス.

BetVictor $ 500 ボーナス 350 賭け条件無しフリースピン.

 

10)ベースボール

ベースボール

 

実は野球、ベースボールは、シューズメーカーや靴の修理屋をはじめ、様々な企業の努力に由来しています。その昔、ボールは靴に使うゴムのかけらで作られました。最初の野球ボールの中核もゴムでした。それに糸を巻きつけ、革で覆っていました。

他にも初期の野球ボールは溶かしたゴムではなく、チョウザメの目で作られていたのです。 1800年代中ばには、投手が自分で野球ボールを作ったりもしていました。誰が作ったのか、何で作ったのかには無頓着で、初期の野球ボールは大きさと重量が異なっていたのです。

初期の野球ボールのデザインの1つは、1枚のレザーを使ってボールを覆い、それを縫い合わせて軽くて柔らかいボールを作りました。現在の標準化されたボールよりも3分の2ほど小さく、外周23センチというものでした。初期のボールはより長い距離へ飛ばすことができ、今日のものよりも高く飛び跳ねていました。

 

9)バスケットボール

バスケットボール

 

もともとはサッカーボールでプレイされていたバスケットボール。このスポーツの起源から2年後の1896年になって、より大きなボールがゲームの公式ボールとして使用され始めました。これは、マサチューセッツ州チコピー滝の近くの自転車メーカー、オーバーマン・ホウィール・カンパニーが作ったものです。

ボールの外周は最小76センチ、最大で81センチに設定されていました。1898年、ボールの重量は18オンス(510g)〜 22オンス(623g)に設定されました。サイズと重量のわずかな変化を除き、19世紀後半のバスケットボールは今日のものとほぼ同じです。

 

8)ビリヤードボール

ビリヤードボール

 

初期のビリヤードボールは、象牙目当てに殺されたゾウの牙でできていました。器質因性であるにもかかわらず、象牙は老化するのではなく、年と共に磨きがかかっていきます。「硬い象牙」は、より昔に死んだ象を意味し、数千頭のゾウが毎年屠殺され、毎年何百万個ものビリヤードボールを製造するために必要な象牙を提供し、象たちはまもなく希少な動物となって象牙価格を上昇させました。

その象牙のビリヤードボールの製作にも課題がありました。ボールは、温度変動によってヒビが発生するのを防ぐため、1週間ほど「均等な温度」で保管しなければならなかったのです。象牙価格が上昇し、代替材料を見つけるための調査が行われた。南米で見いだされたナッツは、象牙より弾力性が弱かったものの、そうでなければ同様の特性を有していました。しかし、それは象牙代替品にはなりませんでした。

アイデアを募るため、1863年にコンテストが開催されました。5年後、ジョン・ウェズリー・ハイアットは1851年にアレクサンダー・パークスによって発明された素材であるセルロイド使い、セルロイドのビリヤードボールをコンテストに持ち込みましたが、優勝は出来ず$ 10,000の賞金を獲得できませんでした。彼のボールは弾みはしましたが、十分ではなかったのです。

セルロイドのビリヤードボールには別の問題もありました。時に、ボールは爆発したのです。ハイアットは、コロジオンと呼ばれる化合物でビリヤードボールをコーティングし、ビリヤードパーラーへテストとして送り、コロジオンが可燃性物質のため、タバコを近づけたりすると出火の恐れがあることも警告しました。さらには、コロジオンのボールをテストしたコロラド州の酒場経営者は、ボールがお互いに衝突するたびに微かな爆発が起こるのは気にならないと言いましたが、その爆発で客達が誤って銃の引き金を引いてしまうことを恐れ、使用されませんでした。

現在はフェノール樹脂、ポリエステルやアクリル樹脂、他のプラスチックや樹脂も素材として使われています。

 

7)ボーリングボール

ボーリングボール

 

古代エジプト人は紀元前3200年からボーリングを楽しんでいましたが、今日のようなボーリングになったのは1840年頃からです。芝生の上でプレイされ、現在のピンは10本ですが、当初ピンは9本で「ナインピン」と呼ばれていました。ワタクシはゲームの存在するところには常に賭けも存在する、と思っているのですが、ボーリングもすぐにギャンブラーの間で人気が高まりました。

西部開拓時代、アメリカで禁酒法下において酒を賭けた「ナインピン」が流行し、1841年「ナインピン禁止令」が出されました。9ピンが禁止なら10ピンで、とピンを1本追加して法律を回避したのです。ゲームは屋内に移動し、現在のボーリングの形になりました。

ボウリングボールは19世紀初頭、木材で作られていました。その後、木材は硬質ゴムに置き換えられ、1905年に最初のゴムボール「Evertrue / エバートゥルー」が導入され、1914年にはブランズウィックコーポレーションが「不思議なゴムを化合」と宣伝したミネラライトを混合したボールを作り、全米のYMCAツアーにミネラライトボールが使用されました。このボールはゴム臭があり、ボールの中核デザインに欠けていましたが、1970年代まで広く使われました。

現在はエボナイト、ポリエステル、ポリウレタン、リアクティブウレタンなどが使われており、ボール内には重量調整のため空洞があり、ボールがピンに当たると爽快な音を発します。

 

6)ドッジボール

ドッジボール

 

ドッジボールの起源は不明です。 200年以上前にアフリカで発症したと言われていますが、信憑性を疑う者もいます。アフリカでプレイされていたドッジボールに似たスポーツは、かなり危険な血生臭いスポーツでした。

アフリカの部族が当初、敵を傷つけたり無力化させるするために、ボールの代わりに岩や「腐敗した物質」を投げていました。選手を負傷させたら、さらに岩などを投げつけて追い討ちをかけるといったものでした。負傷した選手のチームメンバーは、岩を投げて対戦相手を追い払い、仲間を守ろうとし、確かに血生臭い、スポーツというよりは戦争に近いものだったようです。このドッジボールには、チームワークを促進し、戦闘能力を磨くためのトレーニングでもあったようです。両チームは「弱みを取り除き、自分たちを守る」という目的がありました。

宣教師ジェームズ・H・カーライル博士は、ヨーロッパの学生にドッジボールを導入しようとしていたと言われていますが、学生達はボールをかわす機敏性に欠けており、勝利するために必要な目標が曖昧だったようです。カーライル博士が英国のセント・メアリー・カレッジに戻ってすぐ、残酷な血みどろのスポーツに使われた岩や腐敗物質は革のボールに置き換えられ、現在私たちが知っているドッジボールの形になりました。



Royal Panda $ 150 ボーナス.

 

5)フットボール

フットボール

 

フットボール、サッカーとも呼ばれるスポーツの初期には、豚の頭や敵の兵士の頭蓋骨などが英国で使われていましたが、その後ボールとなった時には、膨張した豚の膀胱を縛り、それを革で包んでいました。膀胱のサッカーボールは、ラグビーボールよりも丸みを帯びてはいたものの、決して球形ではありませんでした。英国の湿度の高い気候では、ダビンという革の仕上げに使用されるグリースで十分に磨かれていたにもかかわらず、ボールはすぐに浸水し、重さが倍増しました。そのようなボールを使ってのプレイは、時に重度の頸部損傷を招きました。

チャールズ・グッドイヤーは1836年に加硫ゴムを発明し、1855年に最初の加硫サッカーボールが製造されました。7年後、H.L.リンドンが膨張可能な最初のスポーツボール用のゴムを作り上げました。1872年、英国サッカー協会は、サッカーボールの大きさと重量を確立しました。

 

4)ゴルフボール

ゴルフボール

 

4世紀の間、ゴルフはいろんな素材のボールでプレイされていました。木製、毛状、羽毛などのものが使われていましたが、木製のボールが使用されていたという確固たる証拠はないものの、ゴルフに似たいくつかの他のスポーツでは、木製のボールが使われていました。木製ボールは滑らかさに起因して、良好なハンドリング性がなく、約75メートルしか飛びませんでした。

1486年から1618年にかけて、オランダで作られた毛状のボールがゴルフボールとしては一般的で、スコットランドに輸出されていました。じきにスコットランドで作られ始め、エジンバラの靴メーカーとボールメーカーの間で紛争が起こりました。使用される毛は藁や牛の毛を使ったものが多く、羽毛を使用したものと製造過程は同じでしたが、これらのゴルフボールはかなり高価でした。

鳥の羽を使用したフェザリーボールは「濡れた」3枚の革縫い合わせ、「濡れた」羽を中に詰め込みました。ボールが乾くと中の羽毛は膨張し、外側の皮革は収縮するので、現代のボールの特徴と一致した堅いボールとなりました。しかし手作業で作られるため、1日2、3個を作るのがやっとでした。1700年にグラスゴーで行われた「管理テスト」によれば、フェザリーボールは毛状ボールもしっかりと詰め込まれていたため、176メートルまで飛びました。

1848年になり、樹脂性天然ゴムのガッタパーチャボールが出現しました。羽毛を皮で包んだボールに比べると量産可能で、より均一な品質でした。もともとスムースな表面のボールでしたが、規則的な溝を施すことでより飛ぶことが判明し、普及するようになりました。

1905年、ゴム芯に細い糸ゴムを巻きつけ、表面をガッタパーチャで覆ったハスケルボールに置き換えられました。1912年ごろ、今日よく知られているゴルフボール表面の凹み、ディンプルが標準になりました。2000年代に入ると、飛距離にも耐久性にも優れた高密度コア、超ソフトコアにウレタンカバーという多層構造のボールが作られ、の糸巻きのハスケルボールは完全に姿を消しました。ゴルフボールの改良は、今もなお続いています。

 

3)ピンポンボール

ピンポンボール

 

ピンポンは、イギリスで中級階級の人々がダイニングルームのテーブルを使用して遊んでいたため、ミニチュアテニスとして始まり、テーブルテニスとも呼ばれます。葉巻の箱蓋をラケットとして使用したり、紐で作った球やシャンペンやワインのコルク、ゴムボールなどがボールとして使われました。ラケットは後に、羊皮を伸ばしてフレームに貼ったものに置き換えられました。

ジェームス・グッドが1901年に米国へ旅行中、セルロイドのボールを見た後、セルロイドボールが採用されました。葉巻の箱蓋の代わりにパドルなどを使用するという、他の新しいアイデアも取り入れ、ゲームを改善しました。

しかし、セルロイド製のボールは火災の危険性が高く、これまでにも航空機への持込みを断られた例もあり、材質変更が求められました。2014年からは、直径40mmのプラスチックボールに材質が変わりました。

 

2)テニスボール

テニスボール

 

紀元前のエジプトで、人々が1つの球を打ち合うという球技が行われており、その様子は紀元前15世紀の壁画で描かれたものが発見されています。エジプトでは宗教的な行為のひとつとしてこの球技が行われていました。16世紀のフランスでは、ジュ・ド・ポーム、「掌の遊戯」という意味の球技が流行りました。エジプトの球技に似たジュ・ド・ポームが定着したのは、イベリア半島から南フランスまで進出していたイスラム教徒たちが、エジプト時代と同様に宗教的行為として行っていたものをキリスト教の僧侶たちが見て、興味を持ち模倣したことから始まったと言われています。

今日使用されている黄色いボールの表面は、メルトンと呼ばれるフェルトで覆われています。このお馴染みのテニスボールになるまでには、革、石灰、苔、人間の髪、金属、砂、羊毛、さらには羊の腸などを含む様々な材料でテニスボールは作られていました。その中で毛と羊毛が、最初に認可されたテニスボールの詰め物です。

1480年、フランスのルイ11世により、テニスボールは羊毛か髪の毛を詰め、革で覆われていなければならないという布告をだしました。これらの詰め物は、ボールが弾むことを確実にしました。今日でも、「髪の毛」はフェルト状のウールカバーに形を変えて残っています。

 

1)バレーボール

バレーボール

 

マサチューセッツ州のウィリアム・G・モルガンによって、1895年に考案されたのがバレーボールです。ボールは、野球、バスケットボール、テニス、ハンドボールを組み合わせて考案されました。 最初のルールは、2チームに分かれてボールを打ち合い、落とした方が負けというシンプルなものでした。

テニスや他のスポーツで使用されるネットよりも高いネットで球技する際、空中にある程度留まる新しいタイプのボールが必要でした。これは、ボールが軽くなければならず、速く動くほど重くなければならないことを意味しています。バスケットボールは重すぎて機能しなかったので、モルガンはマサチューセッツ州にあるボールメーカー、スポルディング社の工場に向かいました。彼らが提案したのは三重層のボールでした。外側は革、層の内側にはチーズクロスで覆われたラテックスを使用し、ボールは希望通りに作られました。今日まで、基本的なデザインはほとんど変わっていません。


Casino-X € 3950 ボーナス + 200 フリースピン.

Cherry Casino $ 2000 ボーナス 0 キャッシュバック.