10人のインターセックス (中間的な性)アスリートたち

10人のインターセックス (中間的な性)アスリートたち 

インターセックス、半陰陽者と呼ばれる性別の判別が難しい状態の人々は、スポーツ界で大きな論争を引き起こしました。特にインターセックス者が女性として競技する場合、しばしば強さ、スタミナ、スピード、またはサイズにおいて「不公平な利点」を持つと見なされるためです。

これまでにインターセックス者がスポーツ競技においてタイトルを獲得したものの、インターセックスだと解り「奇人」や「いかさま」と侮辱され、プライバシーと尊厳を侵害する身体検査を受けています。頻繁にタイトルやメダルを剥奪され、インターセックス者のそれまでの努力は無駄となっています。 

意見は賛否両論、確かに身体的な利点を持っているかもしれません。あなたは以下の10人のケースを読んでどう考える?


BetVictor Casino € 20 入金不要ボーナス + € 20 ボーナス.

Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス $ 0 キャッシュバック.

21Bet Casino € 35 入金不要ボーナス + € 1500 ボーナス.

1:Pinki Pramanik / ピンキ・プラマニック  

ピンキ・プラマニックピンキ・プラマニックは、インド人女性トラックランナー。彼女のキャリアはいくつかの嫌がらせを受けるまで、順調に伸びていました。心ない人たちは彼女に銃を向け、脅すことも。これらの迫害の後、ピンキはタイムと結果を出せずに苦しんでいましたが、2006年のコモンウェルスゲームで女子400メートル走チームの一員として銀メダルを獲得、同じ年にドーハ・アジア大会で女子1600メートルリレーに出場し金メダルを獲得しました。さらにピンキは、引退する前に小さなイベントでいくつかの金メダルを獲得しています。

しかし2012年、実はピンキは男性で、女性をレイプした疑いで警察に逮捕されました。これを受けて初期の生物学上の性テストが確かなものか疑問視されました。ピンキはこれらの検査が行われている間、保釈なしで男性刑務所に26日間拘禁されていたのです。彼女によると、同意なしに薬を投与され、手足を結ばれて検査が行われたそうです。その時の裸の写真もオンラインで流出しました。レイプされたと主張した女性はピンキと同居しており、結婚の約束をしたのにその約束をひるがえしたと言います。この事件の容疑者として、ピンキの性別をはっきりさせる、さらに高度な染色体パターン検査が行われ、最終的にピンキは男性擬似ヘルムフロダイト(両性具有者)であることが判明しました。専門家は、発達の遅い陰茎と内部精巣があり、性行為の障害があることによりレイプすることは不可能だと主張しましたが、警察はピンキが勃起することができるため、依然として有罪であると主張しました。警察が勃起のくだりをどのように知ったかは不明です。

ピンキはこの訴訟のため、仕事も休職させらされました。ピンキによるとこの一緒に住んでいた女性はシングルマザーで、元々隣に住んでいた女性。女性のパートナーが彼女を去り、ピンキは同情し一緒に住むよう招き、数年間共に住んでいました。ある時この女性はピンキの裸の写真を撮り、彼女を脅したと言います。この裁判ではピンキは無罪となり、メディアインタビューでは「私は自宅に閉じこもりました。外出したり、人と顔を合わせたくない。」と語りました。その後、レイプされたと主張した女性は、別の有名なアスリートの夫によって仕組まれたことだと告白しました。このアスリートの夫は、ピンキといくつかの土地について争っていました。

 

2:Caster Semenya / キャスター・セメンヤ

キャスター・セメンヤ

2009年、南アフリカの18歳のキャスター・セメンヤはベルリン世界陸上選手権でのデビュー以来、世界的に注目の的となりました。しかしこれは、女子800メートル走の1分55.45秒という素晴らしいタイムの走りで金メダルを獲得したことよりも、セメンヤのテストステロンレベルの方に関連がありました。セメンヤは「正常な」女性よりも5倍の量のテストステロン(男性ホルモンの1つ)を持っていたのです。

セメンヤが不公平な優位性を持っていると怒りを表す人々がいました。その後の検査で、セメンヤには内部精巣があり、反対に子宮や卵巣がないことが明らかになりました。この事実は公に発表され、彼女は深く傷つきました。「家族がいなかったら、私は生きていることができなかったと思います」とBBCインタビューで語りました。「私は世界チャンピオンになりましたが、決してそれを祝うことはできませんでした。狼狽し、屈辱を感じました。私はただ私になりたいんです。私はこのように生まれ、何の変化も望んでいません。」

セメンヤは半陰陽者と診断され、病状が健康上の問題を引き起こす前に、矯正手術やホルモン療法を受けるよう勧められました。性別検査を実施した国際陸上競技連盟(IAAF)は、セメンヤが今後、競技試合に出場することを禁止し、金メダルを取り消すことを検討しました。しかし最終的には復帰することができ、金メダルを保持し、2011年世界選手権と2012年夏季オリンピックで銀メダルを獲得しました。けれども2009年の1分55秒45を決して上回ることはありませんでした。

 

3:Ewa Klobukowska / エワ・クロブコフスカ

エワ・クロブコフスカ1964年の冷戦時代、東京で夏季大会が開催されました。エワ・クロブコフスカは女子4X100メートルリレーのポーランドチームの一員として出場し、有力候補のアメリカを打ち負かして金メダルを獲得しました。女子100メートルでは銅メダルも獲得しました。翌年の1965年には、100mで11秒1の世界新記録を樹立。ですがメディアに「男性的な外見だ」と取り上げられていました。エワは1967年、身体検査に代わる新しい性別検査となる染色体検査で、テストステロンの数値が高すぎ失格となった最初の選手です。

ポーランドは1964年の金メダルを維持することが許されましたが、エワは女性として競技に出場することができなくなりました。染色体雄と分類されたエワは、論争の末、1968年に男の子を出産しました。

 

4:Stella Walsh / ステラ・ウォルシュ

ステラ・ウォルシュステラ・ウォルシュは最も有名なインターセックス選手かもしれません。しかし、彼女の人生を通して、誰も彼女がインターセックスだとは思いませんでした。ウォルシュは1911年にポーランドで生まれ、スタニスラワ・ワラシェビッチと命名され、女の子として育てられました。彼女の家族はアメリカに移住し、「ステラ・ウォルシュ」と名乗るようになりました。ウォルシュはオハイオ州クリーブランドに住み、スポーツ万能で、特に陸上競技の頭角を現します。

アメリカの市民権を得ようとしたものの認められず、1932年のオリンピック大会がロサンゼルスで開催された際、ウォルシュが出場できる唯一の方法は、アメリカの代わりにポーランドを代表して出場することでした。女子100m走で金メダルを獲得し、優秀なランナーになったことでアメリカの市民権を得ることができました。

1947年に結婚し、ステラ・ウォルシュ・オルソンとなります。その後40歳になるまでウォルシュは競技会で26もの世界記録を達成しました。ところが1980年、彼女はクリーブランドで武装強盗に銃撃されます。 検死の結果、珍しい染色体障害によって、あいまいな性器を持っていたことがわかりました。性別の混乱を時折引き起こすことのあるこの障害ですが、ウォルシュは女性として一生を生きました。


HappiStar € 1100 ボーナス + 100 フリースピン.

5:Maria Patino / マリア・パティノ

マリア・パティノ

マリア・パティノは1980年代、ハードル走でスペインを代表していました。1983年、当局者たちはすでに世界陸上競技大会でパティノに「女性の証明書」を与えていましたが、1985年の神戸ユニバーシアード大会が行われる前のテストで、結果があいまいなため明確化が必要という理由から、競技には出場しないよう勧められました。彼女は納得し、その2ヵ月後に結果を受け取りました。パティノはテストで、Y染色体を持つ「男性」と診断されたのです。その瞬間まで、パティノ自身もY染色体を持っていることを知らず、インターセックスだと気づいていませんでした。彼女はアンドロゲンアンドロゲン不応症(AIS)と診断され、競技試合に出場することはできなくなったのです。

Y染色体と精巣があっても作られるテストステロン(男性ホルモン)を体で利用できないため、体つきは女性となるが子宮と卵巣はないため、月経はなく子供は産めない特殊体質。パティノは1988年のソウルオリンピックに女性としての出場は許されなかったのです。新聞に書き立てられ、陸上競技も、恋人も友人も奨学金も失いました。国王にまで事情を訴え抗議したパティノは、著名な遺伝学者たちの支援を受け、染色体の規定について争った結果、1992年のバルセロナオリンピックへの出場をかけた大会への出場が認められました。しかしその時には競技を離れて3年経っており、選手としてのピークは過ぎていました。

 

6:Santhi Soundarajan / サンティ・ソウンダラジャン

サンティ・ソウンダラジャン

インド社会の最も低い階級に生まれたサンティ・ソウンダラジャンは、奨学金を得る前、両親と4人の兄弟と共に小屋で暮らしていました。サンティは、チェンナイの大学で勉強する中、中距離ランナーとして活躍します。サンティは国家記録を破った後、2005年に韓国で開催されたアジア競技大会で銀メダルを獲得しました。その翌日、インドのアスレチック連盟の医師によるテストのためにサンティは呼び出されました。結果、アンドロゲン不応症だということがわかり、女性として生まれたもののY染色体を持っていたため、「女ではない」と診断され、銀メダルは剥奪、インドオリンピック連盟から競技への参加を禁止されてしまいました。

マリア・パティノと同様、サンティはアンドロゲン不応症でした。パティノとは違い、サンティはこの決定に抗議しませんでした。うつ病状態になり、故郷の農村に帰って毒を飲んで自殺を試みたのです。「誰もが私を見下していた」とサンティはESPNとのインタビューで語りました。「皆の目がこう言っていました:彼女は男?彼女は女装趣味?と。そのことにとても傷ついています。私の人生と、さらには私の家族の人生をも台無しにしました。」

そんなサンティも、少しづつ回復していきました。嫌がらせにも耐え、政府から与えられた賞金の一部を使って、才能のある貧しい子供たちに走る方法を教える学校を設立しました。残念ながらこの事業は、それをサポートするのに十分な資金がなかったので長くは持ちませんでした。サンティは常に自分を女性だと感じていましたが、最終的には髪を短く切り、男性の服を着て生活することによって、不快な注目や噂を避けたのです。なんとも胸が痛みます。サンティが銀メダルを獲得して6年後、彼女は生まれ育った原始的な小屋に住み、生計のために泥レンガを作っています。

 

7:Erika Schinegger / エリカ・シネッガー

 エリカ・シネッガーオーストリア人のエリカ・シネッガーは子供の時、性的に混乱した時期がありましたが、スキーで金メダルを獲得するまで、自分が「裏返しになった男性」であるという手がかりはありませんでした。

1966年にチリ、ポルティッロのアルペン・ワールド・スキー選手権の女子ダウンヒルで金メダルを獲得し、20歳でエリカは1968年の冬季オリンピックに向け、フランス、グルノーブルにてテストを受けました。その結果、エリカの唾液には男性ホルモンしか含まれていないことが発見されます。彼女は詳細に及ぶ医学的、および心理学的検査を受け、最終的には下胴体が外科的に調べられ、陰茎と睾丸が内部的に成長していることが判明しました。エリカはさらにいくつかの外科手術を受け、正式に性別を変えてエリカから「エリック」となりました。

1988年、エリックは新聞の見出しを再び飾ります。エリックは1966年の金メダルをフランスの元スキーヤー、マリエル・ゴワシェルに引き渡したのです。その時の模様はオーストリアのテレビで放送され、その話はメディアによってヨーロッパ中に知れ渡りました。その時エリックは40歳、結婚し、父親になっていました。彼はオーストリアのカリンシア地方でホテルとスキースクールを運営しています。

 

8:Dora Ratjen / ドラ・ラチエン

ドラ・ラチエンドラ・ラチエンは歴史上、最大のスポーツ不祥事の一つと言ってもいいでしょう。ドイツでラチエンが産まれた時、助産婦は「男の子です」と言いましたが、すぐに「やっぱり女の子です」と訂正しました。数ヵ月後、ラチエンが肺炎に陥ったとき、父親は医師に娘の生殖器を調べるよう頼みました。そして医者は「成り行きに任せましょう。私たちが出来ることは何もありませんから。」と言ったのです。

「両親は私を女の子として育てました」1938年、ラチエンは警察官に逮捕された時に言いました。「私は子供の頃から女の子の服を着ていました。しかし10〜11歳頃から、私は女性ではなく男性であることを認識し始めました。けれど、男性であったにもかかわらず、なぜ私は女性の服を着ていなければならないのか両親に尋ねたことはありませんでした。」思春期にラチエンは他の女の子たちのように乳房が十分に発達せず、代わりに射精を経験します。そして、一日おきに足を剃らなければならなくなりました。ラチエンは孤独になり、水泳やいろんな行事を避け、他の女性たちとタバコ工場で働いていました。

1934年に運動競技会に参加したとき、ラチエンは有能な「女子」走高跳選手として受け入れられました。そして1938年、ウィーンで開催されたヨーロッパ陸上選手権で当時の世界新記録1m70cmを記録し、ドイツに金メダルをもたらします。列車で故郷に戻る際、マクデブルクのプラットホームでラチエンは警官に止められます。車掌が、女装した男性がいると役人に知らせたのです。警察官はラチエンに同行するよう頼み、その日の午後、ラチエンは詐欺の疑いで逮捕され、金メダルは没収されました。内科医が召喚され検査をした結果、ラチエンの性別は明白に男性であると宣告しましたが、彼の生殖器の状態では性的交渉は不可能だと所見を述べています。

調査の末、ラチエンはむしろナチス・ドイツ当局の強制によって大会に参加させられていた被害者の立場だったことが明らかになります。1939年に、ラチエンは正式に「ドラ・ラチエン」から「ハインリッヒ・ラチエン」と改名し、性別も男性に改めて新しい人生を歩み始めました。ラチエンは故郷に戻り、父の経営していた飲食店を継ぎましたが、マスコミの取材を一切受けず、過去についての問いに答えることもありませんでした。

 

9:Zdeněk Koubek / ズデニェック・コウベック

 ズデニェック・コウベック

ズデニェック・コウベックはチェコスロバキアの陸上競技選手でした。1934年、女子世界大会で2つのメダルを獲得し、100-800m走、走幅跳び、走高跳びでいくつかの国内タイトルを獲得し、ランニング競技でいくつかの世界記録を樹立しました。陸上競技が女性の身体に及ぼす影響という、科学的研究の一部である健康診断に参加することを拒否した際に噂の対象となりました。その後、彼女は陸上競技を中止し、チェコ女子運動競技連盟から辞任しました。このことは、ロンドンの女子世界選手権で800メートル走の世界記録を更新したばかりのことで、さらなる疑惑を抱かせることとなったのです。

後にコウベックは男性擬似ヘルムフロダイト(両性具有者)だったことが明らかになり、1936年、性転換手術を受け、兵役に就かれる可能性があったにもかかわらず男性になりました。名前を変更し、陸上競技のコーチというキャリアを放棄しています。結婚してプラハで妻と暮らしていましたが、73歳で亡くなりました。

 

10:Edinanci Silva / エディナンシ・シルバ

エディナンシ・シルバ

ブラジル人の柔道選手であるエディナンシ・シルバは、両性具有として生まれました。彼女は1990年代半ば、女性として競技に出場するため手術を受け、女性として認められました。1996年のアトランタオリンピックでは、国際オリンピック委員会からブラジルを代表する承認を得ています。アトランタではメダルの獲得にはなりませんでしたが、翌年の世界選手権では準々決勝で敗れつつも、その後の敗者復活戦で勝利し3位になり、銅メダリストになりました。

シルバは2000年のシドニーオリンピックへ。オーストラリアのライバル、ナタリー・ジェンキンスが記者会見の場でシルバを「彼」と繰り返し呼び、不快な注目を浴びます。そこでシルバは、委員会に女性であることの証明を提出しました。シルバは試合でジェンキンスを打ち負かしましたが、再びオリンピックのメダル獲得に失敗しました。その後もアテネオリンピック、北京オリンピックに出場し、たくさんの大会や競技会で優勝しているものの、オリンピックメダル獲得の夢は最後まで叶いませんでした。


Casino-X € 30 入金不要ボーナス + € 2000 ボーナス + 200 フリースピン.