ポーカー世界大会ラスベガス

WSOP - ポーカー世界大会ラスベガス :アラン、そしてGacktは・・・

Gacktさん第48回World Series of Poker(WSOP)は、2017年5月30日にラスベガスのRio All Suite Hotel&Casinoで正式に開幕しました!スケジュールには、ゴールドブレスレット、サテライト、キャッシュゲーム、49日間連続で行われるディープスタックトーナメントがあり、メインイベントは2017年7月17日に最後の9人のプレーヤーに達する予定です。この大会のために世界中のポーカープレイヤーが集まり、会場にはなんとポーカーテーブルが約500台というスケールの大きさに驚き!

今回、ちょっと気になったプレイヤーたちについて報告しまーす。

『World of Warcraft』(ワールド オブ ウォークラフト=通常WoW)というゲームをご存知でしょうか?世界で売れに売れているMMORPG(多人数がオンラインでプレイする)ゲームですが、6ヶ国語にローカライズされ、ブリザードエンタテイメント社の看板ゲームでもあるんですが、日本語には未だローカライズされておらず、サーバーもない。ってことで、日本ではあまり知られていないんです・・・

そのゲーム業界でも有名なプロゲーマー、Alan Widmann / アラン・ウィッドマン、通称 Hotted89 は、ポーカー世界選手権大会の第3日目まで勝ち残りました。アランはもともとベネズエラ出身で、WoWをプレイしてオンラインでライブストリーミングした結果、ものすごい数のフォロワーを得ました。

ゲーマー:アラン

最近、アランは真剣にポーカーを開始し、ヨーロッパのいくつかのイベントでプレイを行った後、ラスベガスで開催されている$10.000のバイ・イン(参加費)のWorld Series of Pokerメインイベントに参加しました。
アランには、今まで誰も知らなかった秘密兵器があったんです。

それは・・・アランの友人であり、コーチでもあるViktor Blom / ビクトル・ブロムが、このポーカー世界大会の影で、アランの大きな助けとなっていたらしいんです。あの、超ハイ・ステークスで知られる伝説のポーカープレイヤー、ビクトル・ブロム、通称Isildur1です。ビクトルはアランに、メインイベントの3日目に備え、Skypeを介してコーチングセッションも行っていました。

アランとビクトルの出会いは、Unibet Londonイベントでした。ビクトルはこのイベントに招待されて来ていました。イベントでビクトルに会ったアランは、偶然、話をし始めた時も、彼がポーカーの世界でどんな人物なのか知らなかったそう。会話の中でお互いを知り合った後も、アランはビクトルのクレイジーな背景をまだ知らずにいました。そして、グーグル検索でビクトルのことを検索し、そこで読んだ彼についての話に感銘を受けたのです。

木原直哉さん残念ながら、3日目でWSOPのメインイベントから散ってしまったアランですが、「ビクトルはコーチとして最高の人物です。私は彼と多くの知識を共有してきました。本当に素晴らしい人です。彼が私を友人として迎えてくれて本当に嬉しいです。WSOPは私にとって、まったく新しい経験です。時に感じるプレッシャーは半端ではないですが、同時に、ここにいることは素晴らしい気分です。競争心の強い私は、約1年半ほど、たくさんの勉強をし、練習をし、ポーカーをかなり深刻なレベルでプレイしてきました。これからももっとポーカーをプレイしていきたいと思っていますが、ゲームも続けていきます!」と語っています。

次回の試合でどこまで健闘するのか、これからも見守っていきたいと思っています。


そして〜〜〜〜!我らのGACKTさんも世界大会のWSOPに参加しました!

結果から言うと、惜しくも一回戦で散ってしまったのですが、GACKTさんのプレイの仕方が好きなワタクシとしては、運が対戦相手に味方したと思わずにはいられません。

リスクを追って攻めのプレイとでもいいましょうか、ワタクシもきっとGACKTさんと同じようなプレイの仕方をすると思うんです。GACKTさんほど上手くプレイできませんけどね。リバーと呼ばれる最後の5枚目の場のカードが、対戦相手を勝たせる、まさかのカードだったんですもの。あ〜〜〜、ついてなかったなぁ!

中井孝浩さんGACKTさんにはこれからも、いろんな大会で勝ってほしいです。あぁ、マルタでも11月に開催される、バトル・オブ・マルタのポーカートーナメントに参加してくれないでしょうか?

今年のWSOP、東大卒のプロポーカープレイヤーで、2012年6月に行われたWSOP2012において「トーナメントナンバー34 : ポット・リミット・オマハ・シックス・ハンデッド」に参加し、日本人プレイヤーとしては初めて世界選手権での優勝を果たして、優勝賞金約5761万円を獲得した木原直哉さんも、そして2015年6月に行われたWSOP2015で「トーナメントナンバー57 : ノーリミットホールデム」にて優勝し、賞金約4913万円を獲得した中井孝浩さんも参加しています。

日本人プレイヤーのみなさん、メインイベントでは苦戦したようですが、メインの他にも数々のトーナメントが開催されています。7千人ものプレイヤーが集まるこの大会、他のトーナメントでは日本人プレイヤーさんたち、なかなか頑張っているようです。

7月18日まで開かれているこの大会、勝者の情報と日本人プレイヤーのプレイ結果等、またアップデートしていますので、お楽しみに♪


PokerStars $ 600 ボーナス