日本初のベッティング・エクスチェンジを21Betで!

ベッティング・エクスチェンジとは

現在のところ日本人プレイヤーがベッティング・エクスチェンジ(ベット・エクスチェンジ)を行えるのは21Betのみとなっています。

「Betfair」が特許を取得しているベッティング・エクスチェンジですが、日本からのアクセスは出来ません。そこで、21betが独占契約を結び、「Betfair」のインターフェースを導入して日本で初めてベッティング・エクスチェンジを行うことが出来るようになりました。

実は21Betでも日本向けに解禁されたのは割と最近の出来事で、非常に面白いベット方法なのです。他のオンラインカジノやブックメーカーでは出来ないベッティングエクスチェンジを、21Betで試してみては?


21Bet Casino € 35 入金不要ボーナス + € 1500 ボーナス.

ベッティング・エクスチェンジって何?

日本初のベッティングエクスチェンジベッティング・エクスチェンジは証券や株の取引と似ていて、プレイヤー間で「売り」「買い」ができるベッティングです。勝ちに賭けることは「Back=買い」、負けに賭けることは「Lay=売り」と呼びます。

このベッティングではそのゲームに対して「買い手」を申し出、それに対して「売り手」との条件が合えば賭けが成立します。また、その逆も同様です。どちらになるかにより、お金の流れが逆になります。従来のスポーツベットでは、ブックメーカーが提示した配当 / オッズに従って勝つと予想する方へベットをしますが、ベッティング・エクスチェンジでは「市場に参加」することで、自分好みの価格で「売り」「買い」ができるのです。

つまり、ベッティング・エクスチェンジのオッズを作り出しているのは、そのゲームにベットするプレイヤー達ということになります。運営側の21Betは取引場所の提供をしているだけで、手数料のみを徴収します。

 

ベットの方法

ベット方法は従来のスポーツベットと少し変わります。その違いと楽しみ方を見ていきましょう。

まずは従来の☟ブックメーカー☟のベット方法

  1.  既に出ているオッズ(配当率)から選択してベット(購入)
  2. レース・試合・抽選の実施
  3.  勝敗が確定
従来のベッティング

Jリーグの「ベガルタ仙台VS大宮アルディージャ」の試合を例とすると、ベガルタ仙台が勝つか、大宮アルディージャが勝つか、引き分けとなるかのいずれかを予想して賭けることになります。
黄色で色付けをしているのがオッズです。あなたの予想を選択して購入し、その予想が当たった場合のみ、賭けた金額×オッズの配当金を獲得することになります。
しかし、外れた場合は賭けた金額が損失となります。


☟ベッティング・エクスチェンジ☟のベット方法

  1. 1試合につき、どちらが勝つか負けるか、もしくは引き分けになるかを予想してBack/Layを購入
  2. レース・試合・抽選の実施
  3. 勝敗が確定
ベッティングエクスチェンジ

こちらの黄色で記したゲームが、従来のスポーツベットの例でとりあげた試合「ベガルタ仙台VS大宮アルディージャ」のベッティング・エクスチェンジのオッズとなっています。スポーツベットと比較すると、オッズの数が多いのが分かりますね。

これらのオッズを、自分の好きなように賭けることができます。
青の通称Backベットが「買い」で、「勝ち」にベットすることになります。
赤の通称Layベットが「売り」で、「負け」にベットすることになります。
べガルダ仙台、大宮アルディージャ、引き分けの3つの選択全てにおいて「買い」「売り」ができるのです。

 

決済(配当と払い戻し)

☛ Backベット(買い)した場合
サッカーの賭けの場合、1のBackに賭けた時はホームチームが勝った場合、XのBackに賭けた時は引き分けになった場合、2のBackに賭けた時はアウェイチームが勝った場合に勝利となります。Backベットで予想が的中した場合は、通常のスポーツブックと同様の配当となります。

仙台が試合に勝つと予想し、$100を賭け、実際に予想が的中した場合、$100×2.56(オッズ)=$256となり、実際の利益は賭け金の$100を差し引いた+$156となります。
予想が外れた場合は、賭け金の$100が損失となります。

結果 賭け金 オッズ 利益 または 損失
仙台勝ち $100 2.56 $156の利益
大宮 勝ち $100 $100の損失
引き分け $100 $100の損失


☛ Layベット(売り)した場合
Layベットをした場合、スポーツベットの場合の損益とは少し変わってきます。
仙台が試合に負けると予想した場合、売り手となるため、仙台が勝利しなかった場合(=負け、もしくは引き分け)になるといずれの場合でも収益が発生します。
この時、買い手側の相手は2.92のオッズに賭けて購入したことになります。

ここがベッティング・エクスチェンジの難しいポイントとなりますが、考えなければいけないのは$100を稼ぐにはどうすれば良いか、どんなリスクが伴うか、ということです。
仙台に$100のLayベット(仙台が試合に負ける)をした場合、予想が外れて仙台が勝つと、2.92のオッズなので-$292となり、賭け金$100を差し引くと、実際の損失は$192となります。

Layベットをした際に、予想が外れた事を考えて、アカウントに負けた際の$192がないとベットは受け付けられず、Layベットをした際にアカウントから引かれます。
あなたの予想が当たった場合(仙台が試合に負ける)はこの$192は戻され、ベット額の$100がさらに支払われます。ベット額と言っていますが、アカウントから差し引かれたのは$100ではなく、$192です。

結果

賭け金 オッズ 利益 または 損失
仙台勝ち

$100

2.92 $192の損失

大宮 勝ち

$100 $100の利益
引き分け $100 $100の利益

仙台が勝つと思うけれども、引き分けもあり得ると考えた場合は、仙台の勝利にBackベットをするよりも大宮にLayベットをした方が、賭けの勝敗としては勝率が高くなるということになります。

 

ベッティングエクスチェンジ特有の楽しみ方

様々な結果を予測しながらBackベット、Layベットの複数を組み合わせて配当を高くする賭け方も可能です。配当に差をつけることも可能です。
また、オッズは変動しているので、賭けるオッズを自分で設定することも可能ですし、負うリスク(負けた際に支払う額)を自分で設定することも可能です。
このようにベッティングエクスチェンジは非常に多様で柔軟な賭け方ができるので、自分の予算に応じて楽しむことができるという便利な側面があります。
オッズも通常のスポーツベットより高い場合が多いので、賢くベットすると勝率も高くなるでしょう。

Layベットを理解するのは少し難しいですが、実際のアカウントで試しにベット額を入力してみると、もっと理解しやすいと思いますよ。

 

21Betのコミッション(手数料)

従来のスポーツベットではオッズに主催者のコミッションが加味されて表示されていますが、ベッティングエクスチェンジには含まれていません。そのため、賭けに勝った際には利益から手数料が引かれます。
マーケットの純利益を基に課金され、純損失に対しては一切課金されません。21Betに対するコミッションは、お客様のアカウントに純利益が振り込まれた際に5%発生します。

1試合に複数のベットをして勝ちベットと負けベットが生じた場合、勝ちベットの配当から負けベットの配当を引き、残った純利益からコミッションは課金されます。

賢く稼ごう!ベッティングエクスチェンジ

2つベットを試合を例に挙げてみましょう。(賭ける/Backと、賭けを受ける/Layの両方にベット)

  • 例1: 両方のベットが負けた場合、コミッションの課金なし。
  • 例2: 一方のベットから$50の収益があり(勝ち)、もう一方のベットで$30を損失した(負け)場合、$20の純収益に対してコミッションが課金される。(50-30=20の5%)
  • 例3: : 一方のベットから$50の収益があり、もう一方のベットで$60を損失した場合、純収益が-$10になるためコミッションの課金なし。(50-[-60]=-10)
  • 例4: 一方のベットから$50の収益があり、もう一方のベットで$50を損失した場合、純収益は$0になるためコミッションの課金なし。(50-[-50]=0)

また、21Betにはプレミアムチャージというものがあり、今まで得た利益の合計により徴収される手数料があります。プレミアムチャージは、累計の収益が50万円以上(100万円まで)になると5%追加で微収されます。収益の額が100万円以上になると、収益金額によりプレミアムチャージは高くなり、アカウントに純利益が振り込まれた後にこれらのコミッションとチャージは徴収されます。

他にも不明な点があれば、21Betのベッティング・エクスチェンジルールに全て載っています。また、21Betのサポートはしっかりしているので、チャットで尋ねると詳しく教えてくれますよ。
今回は日本人に馴染みのあるJリーグを例として出しましたが、もちろんテニスやバスケ他、色々なジャンルで楽しめます。ベットの仕方は全て同じです。
21Betでしかできないベッティング・エクスチェンジ、是非楽しんでみてくださいね!


21Bet Casino € 35 入金不要ボーナス + € 1500 ボーナス.