世界No.1のブリッジプレイヤーがドーピング

世界No.1のブリッジプレイヤーがドーピング

ブリッジ / Bridgeって知ってる?ブリッジはカードゲームで、2組のペア、4人で行うカードゲームなんです。知的なゲームとしても知られていて、世界ブリッジ連盟は国際オリンピック委員会によって承認されており、スポーツという見方もされているようです。eスポーツみたいね。

この英語ニュースの見出しを見た時、「ブリッジってどんなスポーツ?」と検索しちゃったワタクシ。ドーピングと聞いたら、アスリートなどが陽性反応が出て失格、というニュースをよく聞きます。カードゲームのブリッジは知ってましたが、そのブリッジとドーピングが結びつかず・・・

検索してもやっぱりカードゲームのブリッジしか出て来ず、「まさか、そうなの⁈」と記事をよく読んでみると、そのまさかのニュースなのでありました。Σ(゚д゚lll)


Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

|


Casino-X ¥ 3000 入金不要ボーナス + ¥ 395000 ボーナス + 200 フリースピン.

|


カードゲームでも効果あり⁈

ゲイル・ヘルゲモそのブリッジで世界ナンバー1プレイヤーとされる、Geir Helgemo / ゲイル・ヘルゲモ(49歳)は、モナコ代表としてプレイするノルウェー人です。

昨年オーランドで開催されたワールドブリッジシリーズチャンピオンシップの後、薬物検査(合成テストステロンとクロミフェン)で陽性反応となり、1年間の出場停止処分となりました。

ドーピングって、筋肉の成長や身体能力を刺激するために競技選手が不正行為として使うんじゃないの?ブリッジも競技だけれど、効果あるの⁈と不思議に思っちゃったワタクシ。

ノルウェーブリッジ協会の事務総長、Allan Livgard / アラン・リヴガードは、テストステロンを増やしても、ブリッジのような座って競技するプレイヤーにはほとんどメリットがありません、とノルウェーのデイリー新聞VGに語りました。

「ですからこのニュースは、私たちブリッジプレイヤーにとってはちょっと奇妙な話なんです。」

デイリー新聞VGは、ヘルゲモによるブリッジコラムを特集してもいました。

ブリッジ「この状況で、私はヘルゲモに同情しています」と、リヴガードは協会のウェブサイト内の声明で述べています。「しかし、たとえこれらの薬物が橋渡しされたとしても、競技に効果がないとしても、ドーピング防止法のリストに載っている物質を回避するのは、彼自身の責任です。」と続けました。

このウェブサイト上の声明で、ヘルゲモが規則に違反したことを受け入れたと言っています。

ブリッジ協会の方針は、世界アンチドーピング機関の規則に基づいています。その禁止物質のリストには、チェス競技者(ポーカープレイヤーにも効くのでは?と思っちゃったワタクシ)のパフォーマンスを向上させることがわかっているメチルフェニデート、一般的にはリタリンとして知られている物質などに加え、主に身体能力を高めるために使われる薬が含まれます。

ヘルゲモはヒアリングの費用、約4000ユーロ(約50万円)の支払いを命じられ、11月20日まで出場停止となりました。VGによると、彼はコメントの要求には応じなかったそうです。

彼は知ってて薬物を摂取したのか、知らずに摂取してしまったのか、は知ることはできません。


William Hill Casino ¥ 30000 ボーナス.

|


LuckyNiki $ 30 入金不要ボーナス + $ 999 ボーナス + 1998 フリースピン.

|


Wunderino € 30 入金不要ボーナス + € 200 ボーナス 30 ボーナススピン.

|