モナコで見かける高級車

モナコで見かける(かもしれない)高級車

カジノ・ド・モンテカルロ前モナコと聞いて思い浮かべるもの、といえば「富豪」「グランプリ」「カジノ」「グレースケリー」って感じじゃないでしょうか。ワタクシも去年、行って来ましたよ〜。そしてお金持ちの社交場とも言える、カジノ・ド・モンテカルロでプレイして来ましたがな。

お金持ちの国だ、と感じる理由の一つは、街のあちこちで見かける高級車!あまり車に詳しくないワタクシでも「こんな車見たことない、何あれ?へぇ、あれがランボルギーニなんだ!」と至る所で注意を惹きつけます。まず派手だし、そして必ず写真を撮ってる観光客が周りにいるのだわ。それにつられてワタクシも撮っておくか、とパシャパシャ最初はやってましたが、ホント至る所で一般的に見かける高級車、写真撮るのに疲れちゃってやめました。車に興味ある男性なら違うんだろうけどね。

てな訳で、モンテカルロで見かける(これから行く予定のあなたは、見かけるかもしれない)高級車をご紹介!


Monte-Carlo Casino € 500 ボーナス + 20 入金不要フリースピン.

1. Ferrari 599 GTO

 Ferrari 599 GTOベースとなる599GTBよりもサーキット専用モデルである599XXとの共通部品の方が多いとされる599 GTOは、2010年に599台限定で販売されました。6リッターV12エンジンは661馬力のFerrari 599 GTO(GranTurismo Omologato)は、フェラーリの歴史の中で250 GTO、288GTOに次いでGTOの指定を持つ3番目のスーパーカーです。

フィオラのテストサーキットを1.24分というエンツォ・フェラーリよりも1秒速いタイムで周回し、当時「フェラーリ史上最速のロードカー」と言われました。

0-100km 加速を3.3秒で打ち破ることができ、1605kgの軽量化により、最高速度は340キロに到達することができます。599台のうち125台がアメリカ市場のために生産されました。Ferrari F12 Berlinettaが、2012年に生産が終了した599 GTOに取って代わりましたが、現在の599 GTOの価格は1億数千万円となっています。

 

2. Maserati MC12

Maserati MC12Maserati MC12(Maserati Corse 12 Cylinder)は、もともとはFIA GTチャンピオンシップで競うために製造されましたが、事情によりキャンセル、代わりにエンツォ・フェラーリの構成部を流用したレースカーを開発することになりました。

2004年に30台(そのうち5台は販売用ではない)、2005年に25台が生産され、わずか55台しかないスーパーカーです。日本では保安基準に適合しないため、現状ではナンバー登録して公道走行はできませんが、ルームミラーの追加装着やリヤスポイラーを小型化するか形状を変更するなどして保安基準の適合対策を行えば、ナンバー登録して公道走行が可能となっています。

エンツォ・フェラーリ用のエンジンをベースとした6.0リッターV12エンジンにより、マセラッティMC12は630馬力、最高速度335キロに達し、3.7秒以内に100km / hに達することができます。

ボディはモロッコ出身のカーデザイナーで現マクラーレン・スタイリングディレクターのフランク・ステファンソンの設計によるもので、サイズは全長5,143mm、全幅2,096mm、全高1,205mmとエンツォ・フェラーリより大きくなっています。2色のボディカラーは、日本の富士山に由来しているとか。

 

3. McLaren Gemballa 12C GT Spider

McLaren Gemballa 12C GT Spiderマクラーレン「MP-4-12C スパイダー」をベースにカスタムしたのがこのマクラーレン ゲンバラ 12C GT スパイダーです。セクシーでホットな車というだけでなく、超高速。ツインターボで動力を与えられた3.8リッターV8エンジンで、ゲンバラは608馬力を誇ります。

ゲンバラ 12C GT スパイダーには、軽量の20インチの前輪(245 / 30ZR20)と21インチの後輪(305 / 25ZR21)が装備、フロントやリア・バンパー、サイドスカート、テールパイプ、ロゴキットなどにはカーボンファイバー、インテリアにはレザーとアルカンターラが使用されています。

ホイールの最も一般的な仕上げ色は "ガンメタル"と "ブラックマジック"ですが、好きな色にカスタマイズすることもでき、内装やブレーキ・キャリパーも同じく好みの色に仕上げてくれるマクラーレン ゲンバラ12C GT スパイダー。気になるお値段ですが、約3000万円で販売しています。

 

4. Mazzanti Evanra

Mazzanti Evanraマザンティはイタリアのスーパーカーメーカーです。そのマザンティがエヴァントラという 7.0リッターのV8エンジン、701馬力、最高速度は350km/h、加速性能は0-100km/hが3.2秒と、相当速いスポーツカーを一台一台職人のテイラーメイドで年間に5台のみ作っています。 

車両重量も1350kgとスーパーカーの中でもかなり軽量、スタイリッシュで風格を備え、ユニークなドアの開閉、車両内部の天井に取り付けられたスターターボタンなど、他の車とは違う機能も装備されています。

エヴァントラはカジノ・ド・モンテカルロの中に展示された歴史上初めての車となりました。価格は1億円ちょっと、とか。

 

5. Shelby Cobra 427/CSX AC 6000

Shelby Cobra 427/CSX AC 60001060年代、アメリカ人でレーシングドライバーだったキャロル・シェルビーとイギリスのACカーズとでつくられた伝説の車がシェルビー・コブラです。1960年代後半にAC社製コブラの生産は終了しましたが、フォードのチューニングメーカー、シェルビーアメリカン社によって復刻版コブラが作られました。それがCSXシリ―ズなのです。

シェルビー・コブラは、世界で最も有名なスポーツカーに分類されているでしょう。12秒で100km / hに達し、ボンネットの下からその轟音を響かせるV8エンジンによって駆動されます。シェルビーは唯一無二の、最も象徴的な車の1つとして永遠に歴史に残ることでしょう。


Spin Palace Casino $ 1000 ボーナス.

番外編: Audi RS6 DTM

Audi RS6 DTMアウディRS6 DTMは950馬力のモンスターカーです。そもそもRS6は、通常でも578馬力もの出力を発揮し、最高速度325キロを誇るスーパーワゴン。それでは足りずに、倍近くのパワーを発揮する車に改造されたのがRS6 DTMなのです。発注したのはプロスキーヤーのJon Olsson氏で、チューニングしたのはスウェーデンにある“CARESTO“というチューニングメーカー。 

4輪全てにはアップグレードされたMovitブレーキが装備されており、3.9秒以内に100km / hに達することができるポルシェ911カレラGTSよりも速いスーパーワゴンでした。でした、というのは、世界でたった1台のこのカスタムワゴン、2人組の武装強盗が盗んで逃げ去った後、警察に捕まる前にクルマを乗り捨てたのですが、その際、このRS6に火を放ったのです。1700万円と推定されるスーパーワゴンは全焼してしまいました。


Gaming Club Casino $ 800 ボーナス.

スーパーカーを見たいなら、モナコへ行きましょう!暖かい気候でホリデーも楽しめ、カジノも楽しめ、車好きには街を歩くだけで大興奮間違いなしの場所ですよ♪