あまり知られていないカジノ面白クレージー話

あまり知られていないカジノ面白クレージー話

カジノといえば、ジャックポットにまつわる話は巷でもよく聞きますね。ジャパカジでもこれまでに、高額勝利した人のいい話や悲劇をたくさん紹介してきましたよ。

人生はギャンブルの様なもの。一か八か、伸るか反るか。一の時もあれば八の時もある。伸る時もあれば反る時もある。そのギャンブルのスリルが楽しくもあり、他ではなかなか味わえない感覚なんですよね。少なくともワタクシはそうです。

本日は、あまり世間に知られていない、一になった人、八になった人、その他「マジか!」と感じさせる様なギャンブルでのハプニングを含むお話をいくつかしてみましょ。


LuckyNiki $ 650 ボーナス + 170 賭け条件無しフリースピン.

Casino-X € 3950 ボーナス + 200 フリースピン.

天から地へ

カジノキャッシャー超高額ジャックポットや宝くじに当たり、人生が変わった人たちのことは聞きますが、このお話はちょっと違うんですね。アリゾナ州のカジノで、ある女性がスロットで$1200(約13万円弱)の当たりを出しました。まぁ、金額的には大きな金額ではないけれど、当たればかなり嬉しい額。

アメリカでは、アメリカ人が$1200以上勝利すると、税金を払わなければなりません。外国人の場合には、国によって異なりますが、日本人は払わなくてもOK。でも、日本で一時所得として申告する必要があります。国によって違うので、パスポート等の提示が必要になるんですが、$1200くらい勝つと、通常、勝利金額が書かれたバウチャーや用紙をもらってキャッシャーでパスポートを見せて現金に換えてもらう、という流れになります。

この女性、バウチャーを持って現金に変えようとキャッシャーに行きました。そして、そこでパスポートを提示するよう求められたんです。ところが、彼女はそれを拒否。もちろんここで、キャッシャーは不審に思いました。一悶着あり調べたところ、彼女はアメリカで不法滞在していたことが発覚。彼女は賞金を集めることができなかっただけでなく、メキシコに強制送還・・・。運命とは何て悪戯なもの・・・ 皆さんも気をつけましょうね。

 

学生がW杯に奨学金全額をベット

アンゴラVSマリ割と最近起こったこのギャンブル物語は、2010年1月に起こりました。イギリスの学生は、アフリカネイションズカップのアンゴラ対マリの試合を見ていました。

あとわずか11分で試合終了という時、アンゴラは4-0で勝利していました。そこでこの学生が思いついたこと、それは、アンゴラが勝利する、にインプレイ(試合中にベッティングするベット)で£4,400(65万円)の奨学金全てを賭けることにしたのです。残り11分で4-0といえば、勝負は見えたもの。とはいえ、65万円をベットするにはワタクシの心臓は小さすぎるわ。

ところが、です。この試合で、マリは現代サッカーの最大の復帰とも言える、残り11分で4得点を決めたのだからびっくりです。4-4の引き分けとなったこの試合は、ご存知の方も多いのでは。だからスポーツって面白いんですよね。

でも面白くないのはこの学生、11分で全てを失ってしまいました。彼としては、これまでの人生の中で一世一代の大賭けに違いなかったでしょうが、勝てば£440ほどの利益を予想していました。インプレーのベットは、しかもこの時の様にマリが勝利する確率は無いに等しい様な(実際には奇跡が起こったのですが)試合のインプレーオッズはかなり低いものです。実際にアンゴラが勝利していた場合でも、このベットからは£44ほどしか得られなかったということです。

 

寛大なクジラ

ケリー・パッカーカジノで高額ベットをする【ハイローラー】たちはカジノ業界で【ホエール / 鯨】と呼ばれています。世界的に有名なオーストラリア人の億万長者、ケリー・パッカーは、自身でもカジノを所有する大物ギャンブラー、ホエールとして有名でした。2005年に亡くなっていますが、彼は寛大さでも有名でした。

ある旅行中、とあるカジノで、パッカーは自分のVIPテーブルのディーラーと話を始めました。話を進めるうちに、ケリー・パッカーは彼女が住宅ローンを払いながら家族を養っていることを知りました。そこで寛大なパッカーは、彼女に多額のチップを与えることにしました。ところが、このディーラーは感謝を表したものの、拒否したのです。パッカーが理由を尋ねたところ、すべてのチップは他のディーラー達と分けなければならず、パッカーが彼女に対して与えたチップがいくら自分の手に入って来るかはわからないからだと言いました。

パッカーは彼女にカードを配るのを止める様に言い、「ここにあなたのマネージャーを呼びなさい。」と言いました。彼女は躊躇しましたが、パッカーはマネージャーを呼ぶように繰り返しました。

すぐにマネージャーが現れ、パッカーは「すぐにこの女性をクビにしなさい。」とマネジャーに言い放ちました。パッカーは数十億を一晩に使う鯨、マネジャーはためらいなく、彼女をその場で解雇しました。そしてパッカーはディーラーに向かい、「これであなたは他のディーラーたちとこれを分ける必要はありません。」と言って、彼女に多額のチップを与えました。もちろん今回、彼女はそのチップを受け入れましたよ。

さらにパッカーはマネージャーに向かい、「すぐにこの女性を雇いなさい」と言いました。彼女はすぐにまた雇われ、貰ったチップを独り占めしたそうです。これを聞いた皆さんの中には、これって彼女の計画なのでは?と思う人がいるでしょう。ワタクシは完璧にそう思いますね。さらにパッカーさんのスケべ心が垣間見れると思うのは、ワタクシだけでは無いはずです。

 

やけくそフェデックス

Fedex

 

フェデックスエクスプレスは、世界中で最も有名な航空貨物輸送会社の1つです。アメリカに本拠を置くフェデックスは、世界中で30万人の従業員を雇用し、年間580億ドルの売上を持っています。今ではフェデックスのビジネスは活況を呈していますが、1971年の設立以来、常に順調だったわけではありません。

フェデックスのCEO、フレデリック・W・スミスは、創業から数年経ったころ、毎月1億もの損失を出しており、次の航空貨物輸送に使う飛行機の燃料を供給できなくなったスミスは、決死の対策をとることに決めました。スミスは会社の口座に残っていた、なけなしの$5,000(約53万円)を使って、やけくそとも言える対策を決行したのです。故郷のメンフィスに帰る代わりに、そう、ラスベガスに飛び、カジノで増やす・・・。

スミスは週末をラスベガスのブラックジャックテーブルで過ごし、$5,000を$32,000(約340万円)にまで増やしました。会社の財政を立て直すには十分な資金であり、その後は今のフェデックスを見ればわかりますね。スミスはこう語りました。

「他に資金を増やす手がありますか?とにかく、燃料会社のための資金がなければ、私たちは飛行することができませんでした。あの時点で倒産していたでしょう。」

 ブラックジャックがなかったら、今のフェデックスは無いってことですね。世界で最も裕福な人のひとりとして、道を歩みだした夜でした。

 

嵐を呼んだ8歳のポーカープレイヤー

8歳のポーカープレイヤー

 

本日、最終を飾る人物は、インドのチャンディーガルに住む8歳の男の子、アーシッシュ・ナナックです。2010年、ナナックがオンラインポーカーサイトで22,912,500ルピー(約5300万円)を獲得したことで、ニュースサイトやギャンブルフォーラムで嵐を呼び起こしました。今日まで、この物語がどこまで真実であるかは疑問だけれど、それでもこういう話は楽しいもの。

ストーリーは、ナナックがどういうわけか叔父のオンラインポーカーアカウントへアクセスしたことから始まります。叔父の口座の資金を使い果たすのではなく、他の皆と同じように、増やそうとし、ナナックは実に5千万円以上を稼ぎました。3歳でPCを使い始めたナナック、4歳の時にはウェブページを作成していたそう。周りからはコンピュータの天才と呼ばれていたそうです。そんなナナックの勝利は、まぐれか、はたまた理解していたのか・・・?

オンラインポーカーサイトは、子供がプレイしていたことを知らなかったとして、勝利金を払うことを拒否したと言われています。ナナックの家族は、ポーカーサイトは実は少年がプレイしていたことを知っていたと主張しました。ポーカーサイトは実際の勝利額よりずっと少ない額をペイパル経由で支払い、ナナックの叔父のアカウントをブロックしたと言われていますが、ナナックの家族はそれでは収まりません。ポーカーサイトを訴え、ニューデリー裁判所に持ち込みました。

ニューデリー裁判所の判決は公表されていませんが、このストーリーが全て真実なら、ナナックは確実にプロポーカープレイヤーとしての未来を持っていますね。


Wunderino € 200 no wagering bonus.

Casitabi $ 400 ボーナス または 700 フリースピン.

Cashmio $ 20 入金不要ボーナス + $ 500 ボーナス.
入金不要ボーナス$20