Casino London

ロンドンのカジノ

ヨーロピアンポーカーツアーは毎年数千人のポーカー愛好家注目のイベントです。フォーブス誌は、世界で最も豪華なカジノ都市のリストを挙げています。その中でビッグ・ベンについて語られる場所・・・つまりロンドンです!

16,200 平方キロメートルを持つイギリスの首都ロンドンは、約 760 万人の住民がおり、EU 内で最大の都市です。ロンドンは紀元 43 年に設立され、ブリタニア州のローマ軍領地の首都でした。ロンドンには世界初の地下鉄が建設されました。そして 2012 年には、ロンドン五輪が開催されました。毎年、ロンドンには約 20 万人の観光客が訪れ、有名なランドマークや、ショッピング、躍動的な都市が人々を魅了しています。さらに、ロンドンは多くの熟年旅行者にも魅力的な場所です。

ロンドンは EPT(ヨーロッパ ポーカーツアー)設立当時から、開催に携わってきましたので、ロンドンはバルセロナのよう に、EPTを毎年開催するようになっています。フォーブス誌は、 世界で最も豪華なカジノの一つとしてロンドンにあるカジノ、クレルモン・クラブ ロンドンを加えています。ロンドンがカジノ愛好家向けの大都市であることは言うまでもなく明白な事実です。

 

概要

人口:約 760 万人(郊外を含む)
年間観光者数:約 2,000 万人
時差:9時間 (サマータイムは8時間)
通貨:ポンド(GBP)
言語:英語
カジノでプレイできる年齢制限:18 歳以上

どのシーズンに行くのがいい?
特に秋はロンドンを訪れるのにいい季節です。加えて夏以降は日の入りがぐんと遅くなります。8 月は雨が多く、さらに春は風が強いです。もし観光客の混雑を避けたいのなら、9 月より 10 月がオススメです。

 


大規模で人気のカジノ

ラグジュアリーなクレルモン・クラブは、ロンドン中心部に近い魅力的なロケーションにあり ます。このカジノは、控えめで洗練されたカジノと形容されます。実際にこのカジノは「ゲームの事業所」と呼ばれます。そして、このカジノは一般公開されていませんので、メンバーになる必要があります。この特別なクラブのメンバーになるためには、個人で申請しなければなりません。

もう一つのカジノは、カジノ・ザ・エンパイアで、こちらは英国で人気のカジノに挙げられます。ロンドンの中心部、活気に満ちたレスタースクエアに位置します。このカジノはイギリス最大で、ブラックジャック、プントバンコやルーレット などのカジノゲームは多種多様です。進行中のポーカーゲームのトーナメントや一日中続くポーカールームでは現金が飛び交います。もしあなたがスロットのリールスピンがお好みなら、ジャックポットや様々な機能を搭載したスロットマシーンもあります。歓迎ムード、魅力的なロケーションそして 24 時間営業 〜 ゲーム好きで、それに加えて素敵な雰囲気を味わいたい人には、このカジノがオススメです。

更にもう一つ同じ場所でご紹介。ヒッポドローム・カジノもレスタースクエアに 位置するカジノです。こちらは観光客のみならず地元住民とでよく混雑しており、ショックを受けるほどの様々なゲームの種類が揃えられています:ブラックジャック、ルーレット、オ マハポーカー、バカラ、パイガオ、およびクラップス。このカジノは、一風変わったカジノと言われています。というのは、例えばパイガオポーカー、オマハのような他のヨーロッパのカジノでそう簡単に見つけることができないゲームも提供しているからです。
こちらのカジノも24 時間営業で、他のカジノ同様入場無料です。雰囲気がいいと評判で、平均年齢は 25-30 歳と若者もウェルカム。

他にもビクトリア・カジノは人気があり、最近完全に改装され 2 つのゲームルームとレストラン、 スポーツバー、VIP ルームを備えています。ここでの注目ポイントは、クラップスをプレイすることができる、という点です。さらにプントバンコ・テーブルは世界最大規模を誇り、36 人のプレーヤーを収容できます。

ロンドンには 25 のカジノがあり、週末の間ただ楽しむプレーヤー、もしくは真剣なプレーヤー、どちらのプレイスタイルにも相応しいカジノが見つけられます。
営業時間は、通常 12 時から 6 時の間ですが、カジノによって異なります。前にもお話ししましたが、カジノのほとんどは入場無料です。 ポーカーや他のゲームに疲れたなら、ロンドンを楽しみましょう。ロンドンは、世界トップクラスの美術館や博物館、ショッピング、ミュージカル、ショーやコンサート、映画が満喫できます。ロンドンで退屈になることは、サハラ砂漠でモンスーン雨に遭うと同様、皆無に等しいです。「男がロ ンドンに疲れるときは、彼は人生にも疲れていることだ」というイギリスの有名なことわざがあります。これは、ロンドンで退屈するということは、世界中のどこへ行っても退屈するという意味です。ですから、ロンドンは間違いなく楽しめる街です!