Casino Macau

マカオのカジノ

 

ラスベガスより目まぐるしい変化を見せる都市。世界最大のカジノそして、贅沢中の贅沢が味わえるのは・・・中国南部 にあるマカオです! 米国の砂漠の都市ラスベガスは、もはやナンバーワンのカジノでは無いのです。

 

概要

人口:約 449,198 人

年間来場者数:約 2,500 万人

時差:1時間

通貨:パタカ。香港ドルを取引することも可能です

言語:中国語、ポルトガル語

カジノでプレイできる年齢制限:21 歳以上ですが、外国人観光客には 18 歳以上です

どのシーズン行くのがいい?
マカオは一年中訪れることができます。天気は良いですし、気候は年間を通じてほぼ変わりません。

 

爆裂!マカオのカジノ

中国政府がマカオでのカジノ営業を許可し、2002 年に開始しました。それ以前は完全に禁止されていました。これは、経済成長を期待した決断でしたが、結果的にこの計画が完全に成功したことは明白な事実です。10 年後には、売上高はラスベガスより多くなり、マカオのカジノ運営は現在も上昇中です。ラスベガスとマカオとの差は、毎年のどんどん大きくなっています。2011 年での売上結果は、ラスベガス 45 億ドルに比べ、マカオは 335 億ドルでした。

マカオは香港のように「特別行政区」で、旧ポルトガル植民地です。この領域は中国のものですが、ほかの地域とは違った独自のルールとシステムが適用されています。以前は世界でそうそう知られた場所ではありませんでしたが、今では世界でも有数のカジノの大都市として誰もが知る街となっています。ここは、競合がなく、多くのハイローラーはここでプレイをし、他には移動しないからです。もう一つの理由は、まだ中国の中産階級が残っているということです。

あなたの運を試してみたり、贅沢を楽しんだり、数日間でゴージャスな雰囲気を楽しんでください。海外からも多くの観光客が訪れ、皆んなが驚きで目を見開き、マカオを肌で実感ですることでしょう。マカオのカジノ業界はさらに大きく成長し、今後、より多くのプレイヤーがカジノを目指してマカオに来ることでしょう。

 

贅沢をすることの魅力

なぜマカオは非常に魅力的なのか、その理由を探るのは難しいことではありません。エリア全体は非常に豪華で贅沢であり、他を圧倒しています。マカオ訪問は、非常に特別な経験になります。ほかのカジノ都市と比較することはできません。例えば、有名なカジノ王が所有しているザ・ベネチアン・マカオ、シェルドン・アデルソン、マカオでは世界最大のカジノなのです。また、マカ オにある、ザ・ヴェネチアン・マカオを訪問してみてください。3000 ものスイート、15,000 人を動員できるスタジアム、ショッピング、ダイニング、劇場、4 つのスイミングプール、 およびカジノには 800 のテーブルと 3,000 以上のスロットマシンがあります。これを見逃 すことはできません!

 

その他のカジノ

2010 年、マカオにはライセンスを持つカジノがたった 33 ヶ所しかありませんでした。しかし、その数ながら、ラスベガスの 2 倍よりも多くの収益を上げていたわけです。もちろん、今ではそれよりもはるかに多くのカジノがあります。ザ・ベネチアン・マカオに加え、サンズ・マカオは、中東をテーマにした、一度ならず二度でも三度でも訪れる価値のある巨大カジノです。レストラン、アミューズメントパークと 21,300 平方メートルのカジノコンプレックスは、地域の中で最も人気の一つです。もう少しリラックスしたカジノ経験 をしたいのなら、ウィンマカオに行くのがよいでしょう。ここでは何百台ものマシン、テー ブルゲーム、バー、レストラン、ショップだけでなく、大規模なスパがあります。ホテルは、できるだけ他を超え優れた空間を提供することを大切にしています。マカオは、多くの点で、ラスベガスよりも大規模であることはもうお分かりかと思いますが、ただ、何よりその2つには大きな違いがあります。マカオは、米国の都市ラスベガススタイルのようなリゾート地ではありません。ラスベガスはギャンブルなどに加えて、家族のためにアウトドアアドベンチャー、スポーツイベントや世界的に有名なショーなど幅広い選択を提供しています。マカオは、家族のための旅行先にはちょっとお勧めできないかもしれませんね。

マカオは 29.5 平方キロメートルの半島で、ラスベガスと比較するとかなり小ぶりです。しかし、マカオの歴史は歴史好きには、非常に興味深い土地であることは間違いありません。そんな方には、聖パウロ教会の遺跡は必見です。この教会はイタリア人によって設計され、日本から亡命した日本人のクリスチャンによって1500 年代に建てられました。 世界中の観光客の間で非常に有名な観光スポットは、世界で 11 番目に高い塔であるマカオ タワーです。

さらに、ギア・サーキットに立ち寄りましょう。ここは マカオ グランプリが開催される場所で す。特にスポーツファンではない人々も注目するイベントです。マカオは栄光の文化やギャンブルの都市であることは間違いありません。でも、マカオでも水泳や日光浴を楽しむ場所があります。マカオでお勧めのビーチはハクサビーチは。このビーチはコロアン島にあり、中心部からバスで約 30 分です。水がとてもきれ いで、細く長く続くビーチが特徴です。

マカオは、先に述べたように、かつてポルトガルの植民地であるため、ポルトガル語の名残があります。中国テイストを感じたいなら、福隆新街(Rua De Felicidade)、かつての「赤線地区」に沿って散歩してみてください。佛笑樓餐廳(Fat Siu Lau) ― 伝統的で地域最古のレストランです。名物はハトのグリルです。