Casino Madrid

マドリード カジノ

 

もしスペインのマドリードに行ったら眠らない街であることに気づくことでしょう。市内のカジノは必見。カジノ・グラン・マドリード 〜 ドアの中で遭遇するものに驚くこと間違いなし!

 

概要

人口:約 300 万人

年間訪問者数:正確な数字を見つけるのは難しいですが、毎年スペインを訪れる旅行者は 7,000 万人、そのうちマドリードのプラド美術館を訪れる旅行者は 250 万人を超えています


時差:8時間 (サマータイムは7時間)

通貨:ユーロ

言語:スペイン語

カジノでプレイするための年齢制限:18 歳以上

どのシーズンに行くのがいい?もちろん一年中いつでもマドリードに行くことができま す。しかし、天候を考えると春や初夏がベストシーズンです。

マドリードは 1561 年からスペインの首都となっています。他の大都市と比べると比較的若い都市です。スペインには古くから人が住んでおり、紀元前 10,000 年初めにはマドリード に人間が居住したとされる痕跡があります。

首都は 800 年代に設立され、最初はマジェリットと呼ばれていました。最初にムーア建築 を生み出したムーア人によって都市が形成されました。1200 年に憲章を取得、1561 年にはマドリードが首都となります。裁判所がそこへ移動し、同時に永久的な政治の中心地とな りました。その時のマドリードには、住民が約 1 万人でした。今日のマドリードには、約 3 百万人もの住民が暮らしています。マドリードはベルリン、イスタンブール、ロンドンに続きヨーロッパでも高い人口を持つ都市であり、海抜 646 メートルとマドリードはそれらの 大陸の中で最も高度の高い首都です。

2004 年 3 月 11 日マドリードはテロ攻撃を受けました。通勤途中の電車が爆発し 191 人が 死亡しました。しかし、今はテロの危険は差し迫っていませんので、特に日本人旅行者は安心して訪れることができます。

 

一日に数千人が訪れるカジノ

スペインといえば、おそらくコスタデルソル島とバルセロナを思い浮かべるのではないでしょうか。もしあなたが本場のペインを体験したいのなら、マドリードへの旅は間違いなくその価値があります。

この活気ある街でのナイトライフとエンターテイメントは週末だけではありません。実際に、マドリードは眠らない街だと言われています。ここに住む人々は家にこもらずバーやカフェでソーシャルライフを楽しみます。あなたがマドリードにいるなら、非常に歴史的でそれと同時にトレンディなこの都市のスタイルにきっと感動することでしょう。

マドリードにもカジノがあります。カジノ・グラン・マドリッドには、毎日数千人が訪れ ます。

このカジノは、他の大都市のカジノとは多くの点で異なっています。市内中心部から数キロ離れているため、カジノへ到着するまで少し戸惑うかもしれません。そして、ドアの中に伝統的とは言えないセキュリティに直面します 〜 入り口は自動 小銃や防弾チョッキで武装している警備員によって、厳重に守られています。カジノ内は少々古典的なカジノ環境で、珍しいカジノゲームにも出会えます。以前よりプレイしてみたかった、あのアメリカやフランスのルーレット、ブラックジャック、プントバンコ、スロットマシン、ビデオスロット、ビデ オポーカー、ポーカートーナメントなどが見つかるでしょう。マシンやテーブルゲームは、ほかのポーカーと一緒に設置されています。また、ポーカーのキャッシュゲームでの順番は、 反時計回りになっているため、最初は混乱するかもしれません!そこは少々ご注意を。

カジノ・グラン・マドリッド内のレストランでは、広々とした空間で食事を楽しむことがで きます。車でカジノを訪れ、美味しい食べ物やエンターティメントを数時間楽しむため、毎週末には数百件もの予約が入ります。また、カジノには見事な庭園エリアがあり、天候がいい時にはそのバーエリアで素晴らしい作品を楽しむことができます。

 

スペイン最大のカジノの 1 つ

おそらく都市のカジノとは異なる、新しい感覚を覚えると思います。このカジノは、スペイン最大級であり、新しい経験を提供しています。防弾チョッキの後ろに待っているあの世界に行くためには、有効なID(パスポート)と、きちんとした服装で訪れる必要 があります。

マドリード市内には当然ながら他にも、エンターテイメントやナイトライフなど 多くをの楽しみが待っています。マドリードにいるなら、たくさんの観光スポット巡り、その他マドリードならではの体験ができます。

市内中心部、プエルタ・デル・ソルからは簡単に多くの有名観光名所に行くことができます。この周りを歩くこと自体がエンターテイメントであるため、 上部、左右及び前方に、彫像や装飾天井の芸術作品など多くの歴史的建造物が見られます。 マドリードでは、数え切れないほどの観光や経験ができます。例えばマヨール広場やプラド美術館、 エルラストロ蚤の市が挙げられます。プラド美術館では、かの有名なピカソのゲルニカが見られます!

また、マドリードの気候は非常に極端であることに注意してください。冬は非常に寒く、夏は暑くて乾燥します。12 月と 1 月に雪が降ることは珍しいことではありません。しかし、地面に雪が残っていることはほとんどありません。7 月と 8 月は非常に暑いことが多く、空気もとても乾燥しているため、午後はくつろぎのひとときです。最大限にマドリード を楽しみたいのなら、春や初夏に行くのがよいでしょう。午前中には、街が夏のテラスで満たされている通りをよく見かけることができます。