カジノvsバカラ詐欺師

カジノvsバカラ詐欺師

クラウン・メルボルンのバカラディーラーと3人のプレイヤーが、バカラ詐欺の疑いで告発されました。

シドニーモーニングヘラルド新聞によると、クラウン・メルボルンの元バカラ・ディーラーの弁護士は、カジノの調査マネージャーを裁判の証人として召喚し、カジノの個室で録音された音声録音の提示を求めました。カジノの個室では、被告が431,000オーストラリアドル(約3500万円)以上を詐欺した疑いでクラウン・メルボルンのスタッフから尋問を受けていました。


Live Casino House $ 30 入金不要ボーナス + $ 1500 ボーナス + 90 フリースピン.

LuckyNiki $ 30 入金不要ボーナス + $ 350 ボーナス + 150 フリースピン.

58時間で3500万円

クラウンカジノクラウン・メルボルンの元バカラディーラー、Michael Huoは、2017年3月から5月までの間、彼がディーラーとなるバカラテーブルで3人のプレイヤーたち、Fiona Shum、Yixuan Cui、Ke Wangと手を組み、計58時間のプレイで、431,000オーストラリアドルを獲得したと言われています。

事件はメルボルンに本拠を置くクラウン・カジノのハイローラールーム「マホガニー」ルームで発生しました 。裁判所の提出書類によると、Huoは仲間に次のカードが何かを知らせ、テーブルで大きな勝利を収めたそうです。

カジノが日常的にチェックしている前日の大きな10勝利をレーダースクリーンで確認中、Huoと彼の共謀者による不審な行為が発見されました。そこでCCTVカメラと、プレイヤーのベットパターンも調査されました。

Huoと他の3人の被告は今年5月1日、テーブルでプレイしていた最中に逮捕されました。逮捕された夜の検察の概要によると、「疑わしいカードの取り扱い」が多数認められたということです。ディーラーは、カードをまっすぐにテーブルに配置する際、不必要に長い時間を要したと言われています。

さらに、「その夜に彼らが得た勝利総額は意義深いものだった」とクラウン・カジノのスタッフは法廷で語りました。Huoは3時間以上 「個室」に拘束され、3人の女性のうちの1人は、警察が到着する前にクラウン・カジノの内部捜査官によって尋問されました。

クラウンは尋問情報の提出できず

バカラで詐欺?クラウン・カジノの調査官、Jason McHutchison氏は、裁判の証人として召喚されました。ところがMcHutchison氏は、裁判所が要求したHuoとプレイヤーを尋問した際の音声録音、ならびに尋問の間にクラウン・カジノ調査官によって送受信されたテキストメッセージの証拠を提示できませんでした。

McHutchison氏はその理由を、スマートフォンを買い換えた際にテキストメッセージを消去したため、提出できないと述べました。彼はさらに、テキストメッセージや音声録音には証拠となる内容を含んでいないと考えられたと指摘した。さらに調査マネージャーは、調査の夜の音声録音を保存しておくよう指示しておらず、事件に関連していると考えられる情報は何も含まれていなかった、と裁判所に語りました。

通常ならカジノ側に有利な証拠となりそうな音声録音ですが、反対にHuoの弁護士が提示を求め、それを提出できなかったことが詐欺であった信憑性を低く感じさせます。どのように詐欺を行ったのか立証しないと、証拠不十分で不起訴ということになりそうです。


Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス $ 0 キャッシュバック.

Casino-X € 30 入金不要ボーナス + € 2000 ボーナス + 200 フリースピン.

Paiza Casino