スウェーデンにゲーム留学した日本人元プロゲーマー

スウェーデンにゲーム留学した日本人元プロゲーマー

最近、日本でも注目されてきたeスポーツ。2015年だけでも、世界のeスポーツの視聴者は2億1600万人と推定されているのに、日本での人気は今一つ。しかーし!遅ればせながら、2月1日、eスポーツ産業の普及と発展を目的とした新団体【一般社団法人 日本eスポーツ連合】(JeSU)も設立され、これから日本でもeスポーツの発展が期待できそう♪

でもでも、日本にも早くから「プロゲーマー」を目指した人がいたんですよ。その人の名は・・・


Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス $ 0 キャッシュバック.

Noppoさん

ちょっと昔のNoppoさん「のっぽ」だけに、うん、確かに背の高い方です。183cm。そこからこの愛称を思いついたのかは定かでないですが・・・

1987年12月31日生まれのA型。現在30歳ですね。大晦日生まれですよ!

先日の日本eスポーツ連合設立の発表会にもNoppoさん、出席されてました。日本はこれまで、プロゲーマーとして生計を立てていける環境では無かったことを語ってました。海外のeスポーツトーナメントの数千万、時には億という賞金に比べ、日本での賞金は雀の涙ほど。稼げなきゃ、他に仕事が必要。でもプロゲーマーは片手間でプレイしてて簡単になれるもんじゃぁありません!世界に出て戦うには、毎日、長時間に及ぶ練習が必要なんです。

これからはeスポーツも海外のように「スポーツ」と見なされれば、賞金も上がるし、ゲーマーたちのモチベーションも上がり、メディアにも取り上げられ、さらに人気が出ることでしょう。

Noppoさんも、日本におけるeスポーツ産業の普及と発展に一役かっており、これまでにも「元FPSプロゲーマー・Noppo氏と「Counter-Strike: Global Offensive(CS:GO)」にて1対1の対戦ができるゲーム大会」等、いろんなイベントにも積極的に参加してeスポーツ産業を盛り上げようとして来られてます。

今は引退されて、現在NVIDIA(アメリカ、カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー(コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPUを開発し販売する会社)で働いてらっしゃいますが、いろんなイベントに参加し、今でもeスポーツ産業に一役も二役も買ってらっしゃいます。

 

プロになろうと思ったきっかけ

落ち着いた感じのNoppoさんNoppoさんが初めてプレイした FPS(ファーストパーソン・シューター) ゲームは、任天堂 64 の『ゴールデンアイ 007』。

初めてプレイした PC ゲームは『Helbreath』。多人数でプレイできる オンライン PC ゲームに憧れていたものの、家に PC が無かったので手が出せなかったそう。今と違い、家にPCなんてなかったですからねー、ワタクシたちの時代は。

高校入学が決まった時、両親に PC を買ってもらい、『LOGIN』という PC ゲーム雑誌に載っていた『Helbreath』というゲームをプレイしてみたそう。「なかなか簡単な上にプレイヤーも結構いて、なおかつ PK(プレイヤーキラー:他のプレイヤーが操作するキャラクタを攻撃し倒そうとするプレイヤーの事) ができたので、強くなってたくさん PK してやるぞ!っと意気込み、それからどっぷりと PC ゲームの世界にはまりました。」と語っています。

eスポーツで人気の『Counter-Strike』ゲームを始めたきっかけは、 PC ゲーム雑誌で見た『LEDZONE』という『Counter-Strike NEO』が置いてあるゲームセンターに行ったことがきっかけとなります。その後、『LEDZONE』の店員さんと仲良くなり『Counter-Strike 1.6』を紹介してもらい、その世界にハマっていったのです。

Noppoという名前が大分知れ渡ってきた時に、『Counter-Strike1.6』でプロを目指す『AggressiveGene』というチームに声を掛けられ、大阪で 7ヶ月ほど他の人たちとプロを目指して共同生活。想像以上に大変な生活だったものの、この体験がきっかけで「なんとしてでも Counter-Strike のプロになろう」と決心。ところが日本ではその道がなく「これは海外に行くしかない」と、思い切って本場スウェーデンに行く事を決心。

留学という形でスウェーデンに一年間滞在しましたが「言葉の壁」「学業と Counter-Strike の両立」「異国の地での無名からのスタート」は想像以上に厳しく、思い描いていた事をなかなか実現出来ずにスウェーデンでの活動は終わってしまいました。

夢は諦められず、帰国後、もし若い芽が育ってきてどこにも負けないような自信のあるチームが出来そうなら、今度は個人ではなくチームとして世界一を目指してみたいと、【Speeder】チームを結成し、世界を目指します。
そしてアメリカで開催された e スポーツ大会、ESWC2008に日本代表として出場し、ギリシャチームをギャフンと言わせました。

 

Noppoさんの活躍

イベントでのNoppoさん今や『Counter-Strike』レジェンドプレイヤーと言われるNoppoさん。これまでに多くの大会で優勝しています。

  • 2009年『ブシドーブレード弐』大会で優勝。
  • 2012年 Counter-Strikeで日本初国際大会優勝。(Asia E-sports Cup 2012)
  • 2013年 CSGO大会「Various Challenge #7」で優勝。
  • 2014年 CSGO大会「Various Challenge #8」で優勝。

2016年に行われた「NVIDIA×GIGABYTE XTREME GAMING Roadshow in Akihabaraイベント」では、レジェンドCSプレーヤーNoppo氏とCS:GOで 1vs1 対戦ができるというイベントがありました。

先に相手を5回倒した方が勝利となるこのイベントで、Noppoさんは14人を見事に倒し、70連勝まで記録を伸ばしました。が!最後の対戦相手は、2012年にアジア大会で優勝した際の元チームメイトで、現在も4dimensioN / eTROVEで活動する現役プロゲーマーのSTABAさんに倒されてしまいました。「現役プロゲーマーは強かったです。優勝賞品である、最新の GIGABYTE GeForce GTX 1060 を使って、世界大会を目指して欲しいです!」とコメントしました。

最近は世界で活躍するプロゲーマーも増えてきています。STABAさんや梅原 大吾さんはすでに有名ですが、GreedZzさん、Hoshimiさんなどなど、若くイケメンのプロゲーマーもたくさん♡

あ、ちなみに、このeスポーツ対戦にブックメーカーでベットできたりもするんですよ。ファンのプレイヤーがいるなら、ぜひ彼らに賭けて応援してみては?コンピューターゲーム好きもそうじゃない人も、今後のeスポーツに注目しましょ!


Casino-X € 30 入金不要ボーナス + € 2000 ボーナス + 200 フリースピン.

21Bet Casino € 35 入金不要ボーナス + € 1500 ボーナス.