Gionee会長が会社資金でギャンブルし大負け

Gionee会長が会社資金でギャンブルし大負け

中国のスマートフォンメーカー会長がやっちゃった!

Gioneeは、中国の深圳に本社を置くスマートフォン、および電子機器メーカーで、2017年の中国国内における端末出荷台数ではHuawei、OPPO、Vivo、アップル、サムスンに次いで6位にランクインしたメーカーなんです。

報道によると、Gioneeの会長Liu Lirongは、米国のサイパン島でギャンブルをし、10億元(約160億円)という会社の資金を失ったという噂が流れました。国営証券デイリーとのインタビューで、Liu Lirongは「その額は大きすぎて事実ではない」と噂を否定しましたが、州のメディアがでは実際にどれだけ失ったか尋ねたところ、彼は「約10億」と答えました。10億が元なのか米ドルなのかは曖昧ですが、どちらにしても莫大な金額。しかも会社の資金!

Gionee 会長

Liu Lirongは会社の資金を「借りた」ことを認め、彼が使った金額は来月会社が破産の再編を始めるときに明らかになるだろうと思われます。


Wunderino € 30 入金不要ボーナス + € 200 ボーナス 30 ボーナススピン.

ゲーム責任のテキスト |


HappiStar € 1100 ボーナス + 100 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


スマホ市場で四苦八苦

Gioneeを聞いたことがない方も多いと思います。ワタクシも知りませんでした。2002年に設立されて、ハイエンド市場をターゲットにし、中国では知られているメーカーです。

中国モバイル市場しかし、時代がスマートフォンに移行してからGioneeの人気は衰えていきます。スマートフォンを生産するために予算を拡大しましたが、安くスマートフォンを提供しているVivoやOppoなどとの激しい競争に直面します。2年前にGioneeの「ラグジュアリー」スマートフォンM2017は、7000mAhのバッテリー、風変わりな革製カバーと共に10万円以上の価格で発売されましたが、売り上げは芳しくないようです。

そんなGioneeは昨年12月以来、何百もの債務関連訴訟に直面し、何度もトラブルに遭遇しています。 2016年以降、毎月2億元(約30億円)を失い、マーケティングへの支出超過が原因であると語っています。

中国のスマートフォン市場がますます急成長している中で、Gioneeだけが足場を築くのに苦労しているわけではないようです。他のスマートフォン企業の出荷台数は、前年同期比で48%減少しています。Gioneeの会長も、ギャンブルで勝って会社を立て直そうとしたんでしょうか?それとも自棄っぱちなんでしょうか・・・結局、プランはうまくいかなかったようで、お気の毒です。

が!会社の資金でギャンブルとは、誠にけしからんっっっ!


LuckyNiki $ 30 入金不要ボーナス + $ 999 ボーナス + 1998 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Live Casino House $ 30 入金不要ボーナス + $ 1500 ボーナス + 90 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Vera&John $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |


Casitabi $ 40 入金不要ボーナス + $ 400 ボーナス または 1000 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |