St Patrick's Day 必須!緑ビールの作り方

St Patrick's Day 必須!緑ビールの作り方

st patricks dayには緑のビールじゃなきゃね!「いつからジャパカジはクッキングサイトになったんだ?」って言ってるそこのあなた!クッキングじゃないよ(料理嫌いだから)、カクテルレシピ(酒好きだから)のご紹介だよ。

3月17日はセント・パトリックス・デー!日本でもだんだんとお祝いする人たちも増えてきたよね。

アイルランドで最大規模のお祭りであるセント・パトリックス・デーには、みんな緑のビールを飲むのだよ。

ウィスキー派にはアイリッシュウイスキーでもいいけどさ、黒ビールのギネスも美味しいけどさ、やっぱ街中が緑に染まるこの日、ビールも緑がいいんじゃない♪

緑のビールが売られたり、パブでは着色料使ってビールを緑にするけど、ワタクシは着色料を使うのが嫌い。


LuckyNiki $ 30 入金不要ボーナス + $ 350 ボーナス + 150 フリースピン.

Wunderino € 200 ボーナス 50 ボーナススピン.

Vera&John $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

着色料を使わず簡単に家でも作れる【グリーンビール】の作り方

ブルーキュラソー用意するもの

  • 色が薄めのビール
  • Blue Curaçao(ブルーキュラソー)

①ブルーキュラソー適量(15mlから30mlかな。ビールの色によって量を変えましょう。)をビアグラスに注ぐ。

②ビアグラスをビールで満たすと出来上がり。

先にブルーキュラソーを入れると混ざりやすいよ。後から入れてもグラデーションが出来て綺麗。お好みでレモンジュースやレモンを少し絞ってもOK!

※故郷でLIVE BARを営む友人は【不味い。ミントビアでええのでは?】とw。そんなことないっしょ!面白い味ですよ。ミントビアの方がビミョーだわ。

 

【グリーンビール】の作り方 / 其の2

ミントリキュール用意するもの

  • 色が薄めのビール
  • Crème de menthe(ミントリキュール)

作り方は前に同じ。ブルーキュラソーがミントリキュールに変わっただけ。甘めスースー好き派にはこちらが合うかも。

 

余ったリキュールは他のカクテルにも

ブルーキュラソー

ブルーキュラソーは基本的にウォッカとの相性がよろしゅうございます。

この二つにレモンジュースを混ぜて(お好みで少しソーダを入れてもOK)ブルーラグーンというカクテルになります。

お家で簡単グリーンビールラムとやパイナップルジュース、レモンジュースを合わせれば有名なブルーハワイの出来上がり!

ミントリキュール

シンプルにオンザロックで飲んでもOK!食後にぴったりですよ。注ぐだけなので超簡単。ワタクシは単にミルクで割って飲んだりもしてます。

生クリームをカカオリキュールを混ぜてシェーカーでフリフリすればグラスホッパーの出来上がり。

さぁみなさん!今年は【グリーンビール】を飲んで、セントパトリックスデーを祝いましょう!

いくつかのオンラインカジノでも、セントパトリックスデーを祝ってキャンペーンも開催中!この機会に、お得にプレイしよ🍀


Casitabi $ 40 入金不要ボーナス + $ 400 ボーナス または 1000 フリースピン.

Cashmio $ 20 入金不要ボーナス + $ 500 ボーナス.
入金不要ボーナス$20

Casino-X € 30 入金不要ボーナス + € 2000 ボーナス + 200 フリースピン.