イスラエルのポーカー事情

イスラエルのポーカー事情

イスラエル国会の議員がポーカートーナメントを合法化する法案を提出。これは、最近の国家最高裁判所の判決で、ポーカーは運ではなく技能のゲームであると認められた為に可能になったみたい。

イスラエルでは、財務相の許可のもと営業している国営宝くじ、スポーツベッティング(Israel Sports Betting Boardのみ)以外のギャンブルは刑法で禁止されてるんですよね。でもほら、ダメって言われると余計したくなっちゃうもの。非合法のギャンブルも横行しているし、ほとんどのイスラエル国民は、国外で活動しているオンラインカジノを含む外国のカジノでプレイしてるってわけ。


PokerStars Casino $ 600 ボーナス賭け条件なし.

|


Live Casino House $ 30 入金不要ボーナス + $ 900 ボーナス + 20 入金不要フリースピン + 90 フリースピン.

|


ポーカーは技能の試合との判決

イスラエル国会最高裁判所のニール・ヘンデル判事が判決を下すまで、ポーカープレイヤーはゲームをプレイするだけで1年もの懲役になる可能性があったんだって。ポーカートーナメントの組織化に関しては、3年間の懲役刑が科される可能性もあったそう。

でも、ある裁判でのヘンデル判事の判決で、ポーカーは技能の試合であり、違法なギャンブル活動として見なされない、となったわけ。ヘンデル判事は、「プレイヤーたちが毎年トーナメントに出場するという事実は、ポーカーが運のゲームではないという結論を強めている。」と述べました。

ポーカーは現在、イスラエル国内では違法だけど、だからと言ってポーカーゲームが行われていないわけではないんだよね。クルーズ船なんかは、国際水域に出航するとポーカートーナメントを開催することがよくあるし、エルサレムポストの報告では、アンダーグラウンドゲーム(マンションの1室でプレイしてたりする、闇ポーカールームね)は、違法にもかかわらず人気を集めているそうなんだよ。

ポーカー合法化の提案の下、最高裁判決を支持する法律を提供することによって、ポーカーイベントはこれまでの影の場所から陽の当たる場所に移れそう。イスラエルのポーカープレイヤー協会にはトーナメントの組織権限が与えられ、財務省はポーカーに関する規制を受け、ゲームやトーナメントに適用される税法を決定することになりそう。

 

多くの成功したイスラエルポーカープレイヤーたち

Timur Margolin実はイスラエルには、高レベルのトーナメントで成功した数々のポーカープレイヤーがいます。最近のWSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)ヨーロッパでは、3人のイスラエル人プレイヤーたちがWSOPブレスレット(チャンピオンベルトならぬチャンピオンブレスレット)を獲得しています。

Hendon Mobのポーカーデータベースによると、WSOPヨーロッパでブレスレットを獲得したイスラエルのTimur Margolinは、今日現在$1,742,590(約2億円)の総賞金を得ているし、Amir Lehavotというプレイヤーは、これまでのポーカーキャリアで$5,709,502(約6億5千万円)を獲得しています。

マルタで毎年開かれるポーカートーナメント、バトル・オブ・マルタでも、2017年のメインイベントチャンピオンはイスラエル人でした。ファイナル9のうち、なんと4人はイスラエル人!チャンピオンとなったNadav Lipszycは農場経営者で、日頃はオンラインポーカーで€1,€2でプレイしてる程度だったそう。ちなみに、2位もイスラエル人だったんですよね。

Amir Lehavot国会では、彼らの成功もポーカー合法化の法案を促進するために挙げられました。イスラエルのプレイヤーたちはポーカーが母国で合法化されれば、さらに良いプレイをするに違いない、ってね。

「イスラエルのスポーツ選手たちは国際大会で、国家に敬意と誇りを持っている。最高裁判所は、ポーカープレイヤーはギャンブラーではなくスポーツマンであると判断したのだから、彼らは自宅で練習することが許されるべきだ。」と。

 Benjamin Netanyahu首相は、2015年にカジノ合法化を提案し、より多くの観光客を引き付けようとしています。でも、議会の宗教グループの反対は根強いそう。エイラート市にカジノを含む統合型リゾート(IR)を最大4つ設置したいという考えだそうです。

あれ?似たような話、聞いたような・・・そう、日本にそっくり!ですね。


Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

|


Paiza Casino

|


Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

|