今年はONE TEAMが大賞!これまでの流行語大賞

今年は「ONE TEAM」受賞! 世相を表す流行語大賞

日本代表チーム毎年12月の恒例となっている、「現代用語の基礎知識選」ユーキャン新語・流行語大賞ですが、今年大ブームを巻き起こしたラグビーワールドカップ日本代表スローガンである「ONE TEAM」が大賞となりました。

他にも、プロゴルファーの渋野日向子選手の「スマイリングシンデレラ/しぶこ」がトップ10入りしたほか、スポーツ界からは、引退会見のイチロー選手が述べた、「後悔などあろうはずがありません」も選考委員特別賞を受賞しました。

新年号「令和」や、いつでもどこでも聞いた気がするタピオカからできた新語「タピる」などを抑えて「ONE TEAM」が受賞!

今年は大ブームを巻き起こしたラグビー関連の言葉が選出されて納得ですね。

流行語大賞には世相が反映されると言いますが、過去のスポーツに関連する流行語大賞について調べてみました。

 

🏀ブックメーカー選びの参考にどうぞ
ブックメーカで人気の高いスポーツは?

 

👇どちらも親切丁寧な日本語サポートさんがいて安心だよ♪ 登録はこちらをクリック!

LuckyCasino Sport

|


Bettilt Sport $ 500 ボーナス.

|

 

 

「ONE TEAM」が年間大賞

ラグビー日本代表チームのジェイミー・ジェセフ監督が掲げたテーマである「ONE TEAM」。先のラグビーW杯では、チームが一丸となって戦い抜く様を私たちの目に焼き付けてくれました。

正直言って、公式キャッチフレーズであった「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」の方が覚えているのですが、ONE TEAMという短い言葉に様々な思いが込められての選出です。

 

​​😎ラグビーは何位?
世界で人気のスポーツTOP25!!

 

過去の年間大賞を振り返る

年間大賞が設定された1991年以降の、スポーツに関連する年間大賞に輝いた言葉をまとめてみました。

 

1990年代

年度 年間大賞 受賞者
1993年

Jリーグ

川淵三郎(元日本代表監督、Jリーグ初代チェアマン)
1994年 イチロー イチロー(野球)
1995年 NOMO 野茂英雄(野球)
同上 がんばろうKOBE 仰木彬(野球)
1996年 自分で自分をほめたい 有森裕子(マラソン)
同上 メークドラマ 長嶋茂雄(野球)
1998年 ハマの大魔神 佐々木主浩(野球)
1999年 リベンジ 松坂大輔(野球)
同上 雑草魂 上原浩治(野球)

 

1993年:Jリーグ

カズ日本プロサッカーリーグの略称である「Jリーグ」が1993年の年間大賞に輝きました。
Jリーグは10クラブで発足。瞬く間に旋風を巻き起こします。1993年のJリーグ最優秀選手賞はキング・カズこと三浦知良選手。総合優勝はカズが所属していたヴェルディ・川崎でした。
ちなみに新語部門・金賞に輝いたのは「サポーター」で、カズの奥様である設楽りさ子 さんが受賞者となりました。

 

 

🔰そもそもブクメって何?合法?安全?
ブックメーカー(スポーツブック/ブクメ)とは

 

1994年:イチロー

この年、イチロー選手は、登録名を「鈴木一朗」から「イチロー」に変更しました。当時のプロ野球記録となる年間210安打を達成し「イチローフィーバー」を巻き起こしました。その後の日本、アメリカでの活躍は周知の通りです。引退をしたのは今年2019年。実に25年もの間、プロ野球界で偉大な業績を達成し続けました。

 

1995年:NOMO

日本プロ野球で活躍した後、1995年にメジャーリーグデビューした野茂英雄選手。日本人二人目のメジャーリーガーの誕生でした。独特の「トルネード投法」からアジア人初の最多奪三振のタイトルを獲得するなどし、メジャーリーグブームを日本にもたらしました。

 

1995年:がんばろうKOBE

がんばろうKOBE1995年に起きた神戸・淡路大震災の地元球団であるオリックスは、「がんばろうKOBE」を合言葉に掲げ、このシーズンのリーグ優勝を勝ち取りました。

写真のようにユニフォームに「がんばろうKOBE」の合言葉を縫い付けてシーズンを戦い抜きました。

復興を目指す被災者の方達を大いに勇気付けたこの行動とスローガンがNOMOと共に年間流行語大賞に選出されました。

 

1996年 :自分で自分をほめたい

アトランタオリンピック女子マラソンで銅メダルに輝いた有森裕子選手はゴール後、「初めて自分で自分を褒めたいと思います」と語りました。

1992年のバルセロナオリンピックでも銀メダルを獲得し、日本女子陸上選手として初の二大会連続のメダル獲得となりました。

 

1996年: メークドラマ 

メークドラマ巨人軍はシーズン中盤では首位に最大11.5ゲーム差をつけられ苦戦していましたが、7月7日快進撃を開始し、7月16日長嶋茂雄監督が自ら考案した和製英語を使い大逆転を果たすことを目指す「メークドラマ」宣言。宣言通り、奇跡の大逆転でリーグ優勝を飾りました。

さすが長島監督です。今ではよく使われる造語として浸透していますね。

 

 

 

1998年 :ハマの大魔神

佐々木主浩選手のあだ名である「ハマの大魔神 」が1998年の年間大賞に選出。佐々木選手は横浜ベイスターズを優勝に導きました。当時の日本記録を次々と塗り替え、最優秀選手、正力松太郎賞、日本プロスポーツ大賞など多くの賞を受賞。「ハマの大魔神社」も設置されるなど社会現象となりました。

 

1999年: リベンジ

「平成の怪物」と呼ばれた松坂大輔選手が負けた試合の後に発した言葉がこの「リベンジ」。今でこそ日常でよく使われる言葉となっていますが、当時は格闘技で使われてるだけで、一般的な言葉ではありませんでした。松坂選手がこの時この言葉を広く普及させました。
「リベンジ」宣言後、見事にプロ初完封を成し遂げリベンジを果たしました。

 

1999年: 雑草魂

上原浩治選手の座右の名である「雑草魂」が「リベンジ」と並んで1999年の年間大賞に選出されました。新人投手として多大なる活躍をし、新人王始め数々の賞を受賞しました。しかし高校時代は控え投手であり、体育大学に入るために浪人しつつ、コツコツとトレーニング、アルバイトに励むなど苦労人であったことから自分自身を雑草に喩えたと言われています。

 

👇ジャパカジから登録してお得にプレイ! 登録はこちらから♪

Casino-X Sport ¥ 3000 入金不要ボーナス + ¥ 1000 ボーナス.
フリーベット

|

 

 

2000年以降

年度

年間大賞

受賞者
2002年 W杯(中津江村)

坂本休(中津江村・村長)

2004年 チョー気持ちいい 北島康介(水泳)
2006年 イナバウアー 荒川静香(フィギュアスケート)
2007年 ハニカミ王子 石川遼(ゴルフ)
2011年 なでしこジャパン

財団法人日本サッカー協会

2015年 トリプルスリー 柳田悠岐(野球)
山田哲人(野球)
2016年 神ってる 緒方孝市(野球)
鈴木誠也(野球)
2018年 そだねー

ロコ・ソラーレ(カーリング)

2019年 ONE TEAM

ラグビー 日本代表

 

2002年:W杯(中津江村)

カメルーン代表との交流日韓W杯の際、大分県日田郡中津江村は山に囲まれた小さな村でした(現在は日田市中津江村)。日韓W杯の際、多くの自治体がキャンプ地として誘致を行う中、中津江村はカメルーン代表のキャンプ地に選ばれました。
カメルーン代表の来日は5月19日予定だったところを様々な理由での遅延が重なり5月24日に到着するという騒動があったものの、この騒動をきっかけに日本中から注目されることとなり、年間大賞を受賞。
中津江村の村長であった坂本休(さかもとやすむ)さんが受賞者となりました。
日韓W杯開催中のみならずその後もカメルーンと交流が続いているということです。

 

2004年 :チョー気持ちいい

チョー気持ちいいアテネオリンピック、男子100メートル平泳ぎで金メダルを獲得した北島康介選手がゴール直後のインタビューで発した言葉です。
ライバル、アメリカのハンセンとのデッドヒートを制したうえでの優勝。プレッシャーの最中、見事に金メダルを勝ち取った北島選手の素直な一言でした。

 

 

 

2006年: イナバウアー

2006年トリノオリンピックで荒川静香選手は女子シングル金メダルを獲得しました。上体を大きく逸らし美しい体勢の独特のイナバウアーが話題になりました。

 

2007年: ハニカミ王子

当時高校一年生だったアマチュアゴルフ選手だった石川遼選手のニックネームとなった「ハニカミ王子」が2007年の年間大賞でした。男子プロゴルフツアーにアマチュア枠で初出場で優勝し、15歳245日の世界最年少優勝記録を打ち立てました。

 

2011年: なでしこジャパン

なでしこジャパンサッカー日本女子代表の愛称である「なでしこジャパン」は、7月17日女子W杯で優勝候補のアメリカをPK戦で破り初優勝を遂げました。男女合わせてアジア勢の代表チームとしても初となる優勝であり、一躍女子サッカーブームとなりました。8月には国民栄誉賞が、9月には紫綬褒章が授与されました。


 

⚽️サッカーが好きならこちらの記事もどうぞ♪
どうしてだと思う?サッカーが人気の理由

 

2015年 :トリプルスリー

2015年シーズンでトリプルスリー【打率3割・30本塁打・30盗塁】を達成したソフトバンクの柳田悠岐ヤクルトの山田哲人が受賞者となりました。プロ野球でのトリプルスリー達成者は2002年の松井稼頭央以来13年ぶりで話題になりました。

 

2016年 :神ってる

広島カープは25年ぶりの優勝を果たしました。シーズン中、鈴木誠也選手の活躍を緒方監督が「神ってる」と表現し話題に。すでに若者言葉としてよく使われていた言葉でしたが、当時48歳の緒方監督が使ったということで新鮮に受け止められ、大人たちの間でも広がりました。

他にもトップ10入りを果たした言葉として、サッカー日本代表の長友佑都選手が女優の平愛梨さんとの交際宣言を行った際に放った「(僕の)アモーレ」があります。

 

2018年: そだねー

2018年2月、平昌オリンピックでカーリング女子日本代表チームが銅メダルを獲得しました。試合中に話していた「そだねー」というほんわかした言葉が多くの人の耳に残りましたね。
休憩時代にはお菓子を食べる「もぐもぐタイム」も話題となりました。

年間大賞は「そだねー」に譲ったものの、「eスポーツ」もトップ10入りを果たしています。

 

🎮これを読めばeスポーツのすべてがわかる!
カジノゲーム業界も注目のeスポーツって何??

 

その時代へタイムスリップ

いかがでしたでしょうか? 言葉を聞くだけで、その当時自分がどこで何をし、何を考えていたかを思い出す瞬間もあったのではないでしょうか?

まさに時代を彩った一流選手たちの活躍の様子や、興奮と感動を共に味わった瞬間が一瞬にして目の前に現れた気がします。

2020年はどのスポーツが、誰が日本を盛り上げてくれるのか、とても楽しみです!
 

 

👇キャンペーンも多い安定の老舗、ウィリアムヒル・スポーツ。こちらから登録できるよ♪

William Hill Sport $ 100 フリーベット.

|

 

 

👇雑談や質問が気軽にできる♪ ジャパカジ掲示板

ユーザー同士の交流や雑談、ジャパカジスタッフへのお問い合わせ、なんでも大歓迎!

ジャパカジ掲示板はじめました!詳細ページへ