分かち合ってハッピーに!

みんなで分かち合ってハッピーに!

宝くじ。夢がありますよね。たった一枚の紙きれが人生を大きく変える可能性を秘めています。たった一晩で、昨日買えなかった車や高級マンションを保有できるようになるのですから。しかし高額当選した後、自堕落な生活にはまってしまったり、利用しようとする人にたかられたりして結局のところ幸せな人生を送ることはできなかった、などという話はよく耳にすることです。お金があるから幸せになれる訳ではない、とは、よく言われることですよね。今回は、宝くじで得た高額賞金を世の中の人と分かち合うことを選択した当選者たちを紹介します。

 

ロトをしたい!というプレイヤーさんはカジ旅へどうぞ↓


Casitabi $ 40 入金不要ボーナス + $ 400 ボーナス または 1000 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Casino-X ¥ 3000 入金不要ボーナス + ¥ 395000 ボーナス + 200 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


 

Les Robins

 

1993年、ウィスコンシン州の中学校の教師をしていたLesはパワーボールで1億1,100万ドルを当選しました。彼はそこで226エーカーの土地を購入し、子供達のためのCamp Winnegatorと呼ばれるデイキャンプを作りました。このキャンプにはジム、プール、ミニゴルフコースや乗馬施設などが設置されました。以降、実に20年以上にもわたり、Les はこのキャンプの運営を続けています。6歳から16歳までの子供が自然のなかでのびのびとスポーツに取り組むことができます。

Les はのちに中学教師を辞め、現在はバスケットボールチームのコーチをボランティアでしています。

今も昔も、子供達が健やかに成長することがLesにとっての喜びであり、その実現のために日々奮闘しています。子供達に教える、ということが好きで、それはLesにとって大金を手に入れる前もそして今も、変わらない人生の喜びなのですね。

子供たちと自然

 

Tom Crist

 

トムはカナダの宝くじで2013年5月4000万ドルを獲得しました。彼は賞金を慈善団体に寄付することを決心するまで、7ヶ月もの間、この高額当選のことを家族にすら秘密にしていました。彼自身、宝くじで高額当選をする前にすでに慈善事業を始めていました。2012年2月に癌で亡くなった妻の治療にあたっていたトムベイカー[癌センター]に120万ドルを寄付したのを始めとし、次々と慈善事業に乗り出しています。トムはこのように語っています。

「私は定年退職するまでの44年間、同じ会社で働くことができ、大変に幸福だった。その間にお金は十分に稼いだんだ。この(当選した)お金は必要ないんだよ。」

 

Brian Caswell 

野菜菜園とブライアン

イギリスのボルトン出身の庭師ブライアンは、2009年6月、ユーロミリオンズの宝くじで2500万ポンドを当選しました。ブライアンは孫の通うランカシャー州のエガートン小学校に賞金の大部分を寄付し、学校内に野菜菜園も作りました。

ブライアンは小学校が彼の申し出を受け入れてくれたことがとても嬉しいと言います。彼は自分の子供や孫たちが自家製の新鮮な食材を食べることを常に願って生きてきました。そのことが家庭内のみならず、さらに大きな小学校というフィールドで実現されつつあります。ブライアンの夢は次世代に自家栽培のスキルを伝えていくことです。少年のような笑顔のブライアン。夢はまだまだ広がりますね!


Cashmio $ 500 ボーナス + 50 入金不要フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


 Barbara Wragg 

 

イギリスの 『ロトのエンジェル』と呼ばれたBarbara Wragg が2018年5月、77歳で亡くなりました。イギリスでは大きなニュースになったようです。

バーバラと夫のレイは2000年に全国宝くじで760万ポンドを獲得しましたが、夫婦はすぐさま600万ポンドをシェフィールドの病院に寄付しました。その後夫婦はシェフィールド小児病院、ウェストンパーク病院にも寄付しています。

二人はさらに、退役軍人たちの、第二次世界大戦中戦友が亡くなった戦地訪問実現のため、資金援助を申し出ました。同じく第二次世界大戦中にあったモンテカッシーノの戦いの60周年記念参加のため、元兵士のイタリア訪問の資金援助もしています。

彼らは賞金は「二人で使うには多すぎるお金です。私たちはこのお金を人々とシェアすることによってかけがえのない喜びを得ているのです。私たちの生活は変わりましたが私たち自身は変わっていないのです。」と残しています。

 

神のみぞ知る

 

神のみぞ知る2011年のある日、メリーランド州のある教会の正面ドアに宝くじの当選券が置かれているのが発見されました。教会は経済的困窮の最中の出来事でした。

また、ジョージア州の教会でも8万ドル相当の宝くじの当選券が見つかりました。この教会は直前、強盗に入られるという悲劇に見舞われていたそうです。

どちらも匿名で寄付されたということで詳しいことはわかっていません。これぞ、神のみぞ知る、ですね。

 


 

お金の使い道は人それぞれ

 

私は経験はありませんが、大金を急に手に入れると、喜びとともに、どうしていいかわからないという軽いパニックに襲われるのではないでしょうか。私みたいな凡人には大金が入ったら家を買って車買って旅行する、ぐらいしか思いつかないです...

よくみんなで遊びの中でする質問ですが、「宝くじに当たったら何をする?」という夢物語が実際に自分の身に起こった高額当選者たち。

記事で紹介した高額当選者は寄付という形でお金をみんなとシェアすることで、自分の人生そのものを喜びで豊かにしました。きっと当事者も試行錯誤の末に彼らの生きたお金の使い方に出会ったのだと思います。手に入れた資金で自分の夢ややりたいことを実現し、そして世の中の人も喜んでくれるお金の使い方、とても憧れます。

 


Bettilt $ 1000 ボーナス + 100 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Royal Panda ¥ 15000 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |