Mike Postle不正行為の真相は?

Mike Postle不正行為の真相は?

カリフォルニア州サクラメントのストーンズホールでは、ポーカーのライブトーナメントが行われていました。

このトーナメントは「Stones Live」としてTwitchで配信されていました。この「Stones Live」の常連プレイヤー、Mike Postle/マイク・ポストルは、このトーナメントで大きな成功を納めていましたが、この成功に眉をひそめる者がいたのです・・・。

ストーンズギャンブリングホール

 

眉をひそめていたのは、ポーカーコメンテーターでもあり、「Stones Live」でポストルともプレイしたことのあるポーカープレーヤー、Veronica Brill/ベロニカ・ブリル。そしてブリルは、「Stones Live」の関係者でもあります。

ブリルがポストルに対して「疑惑」を持ち始め、そのことを経営陣に伝えました。しかし経営陣の反応は・・・

🎟ジャパカジならポーカーもお得にプレイをスタート!
日本初! ポーカースターズ/PokerStars 独占ボーナス!

 

🔰初心者は低額ステークスから始めよう! オンラインポーカーするならやっぱりココ!

PokerStars Poker $ 600 ボーナス賭け条件なし.

|

 

経営陣:可能性は0%だ

ブリルがポストルに対して疑惑を持ち始めたのは、ポストルのプレイ結果が非常に良い事から。それだけならまだしも、その勝ち方にブリルの疑惑は深まったのです。

さらにブリルは、テーブルがよく見える解説ブースから、ポストルがスマホを確認する疑わしい行動を何度も目撃しました。

多くのポーカープロがポストルの信じられないほどの勝率を分析しても、彼のLAG(Loose-Aggressive/ルースアグレッシブ)なプレイスタイルからその勝率を説明できる人はほとんどいませんでした。ポストルはまるで、完璧な情報を持っているかのようにプレイしていたと言います。

ポストルのプレイの様子

 

ブリルが経営陣のJustin Kuraitis/ジャスティン・クラティスにこの疑惑を持ちかけると、クラティスは今年初めに調査を行ったと主張し、ブリルにこう言いました。

「絶対にあり得ない。不正行為が行われている可能性は0%だ。」

ブリルによると、クラティスは「Stones Live」を単独で管理していたと言います。更にクラティスは、いくつかの疑問を問いかけてきた「Stones Live」のITディレクターをオペレーション全体から追い出したとか。

更にはこんなことも・・・「私は何人かのクラティスの友人からメッセージを受け取りました。内容は【脅し】とまでは言いませんが、かなり恐ろしいメッセージと言えます。」

ブリルは他のプレイヤー、Steve Schult/スティーブ・シュルトに語りました。「きっと誰も何もしないだろうから、誰かが行動を起こす必要があるわ。」と。

そしてブリルは内部告発をしたのです。

 

少なくとも1人の共犯者が?

ストーンズホールは声明で次のように述べています。

「告発を調査するために調査員を雇い、RFIDカードの使用を停止し、Stones Liveのすべての放送を一時的に停止としました。」

このRFIDカードにはチップが含まれており、ポーカーテーブルのカードリーダーと組み合わせて各プレーヤーのホールカード情報を送信し、視聴者はブロードキャストでカードを見ることができる仕組みになっていました。配信はゲームの整合性を保護するため、他の配信同様、30分遅れていました。

🤓この2枚のカード、ゲームに参加するべき? それともフォールド?
ホールカード(スターティングハンド)ランキング

マイク・ポストルこのシステムを使い、ポストルは単独で不正行為を行なったのではなく、少なくとも1人の共犯者がいたとブリルは考えています。それは、他のプレイヤー達のホールカード情報をポストルに送信した人物。その人物が誰かは分かりませんが、彼女はジャスティン・クラティスが関わっていると疑っています。

この話を聞いたポーカーコメンテーターのJoey Ingram/ジョーイ・イングラムは、10時間に及ぶビデオからポストルのStones Liveプレイを調べました。ビデオには、時々テーブルの下でスマホを操作しているポストルの姿が幾度となく確認できたのです。その結果、2018年まで$5 - $10というステークスでプレイし、決して勝っているとはいえなかったポストルが、この1年で約$250,000(約2,750万円)を獲得していると推定することができました。

 

疑惑と圧力

ここにきて、正義のヒーローとも呼ばれるブリルにはいくつかの問題が。一つはこの内部告発には、かなりの個人費用がかかること。

ジェイソン・モーのツイートしかしこの問題に、救世主が現れました。ポーカープロのJason Mo/ジェイソン・モーが、「Stones Live Pokerの不正行為事件には、どうやら複数の共謀者が関与してるようだね。このスキャンダルに関わった人物、何かを知っている人物で告白する気があるなら、僕がその裁判費用を支払うよ。」と。

しかし二つ目の問題は、ポストルの不正によって莫大な金額をだましとられたと見られる一部の人々が、訴訟に参加したがらないこと。

ブリルは「このことに関して私は懸念しています。とても奇妙なことです。一部の人々はポストルについて、公の場で何も言おうとしないのです。だからこそ、圧力と疑惑のスキャンダルを明らかにするのは、ポーカーコミュニティ次第だと思っています。」

 

成功しているので非難が?

この騒ぎでポストルは何と言ってるのでしょう?

まずポストルは、獲得した賞金に異議を唱えています。賞金はジョーイ・イングラムが推定している$250,000の半分に満たないと述べました。

そして、「言いたいことはたくさんありますが、16年にわたる私のポーカーキャリアに満足しています。これまでオンラインを含めたすべての場所でプレイした私が非常に成功していることで、今、不正な優位性を持っていると非難されています」とツイートしています。

因みにストーンズホールとその法務チーム、ポストル、クラティス、そしてカリフォルニアギャンブルコントロール委員会のいずれも、最近のパブリックコメントはありません。

 

アメリカのヒーロー

ベロニカ・ブリルブリルによる告発で「ほとんどのアメリカ人は正義を求めています。私たちはポストル氏、ストーンズ氏、クラティス氏、そして誰であろうとも、顧客がテーブルで失ったお金と懲罰的損害賠償を返済することを求めています。」と弁護士は語ります。

そして、陪審員にポーカーを教えなければならない、とも。確かにルールを知らなければ、陪審員たちも不正が行われたかどうかを見極めるのも難しいですものね。

「12人の男性女性の陪審員にポーカーのハンドランクを教えることから開始し、レンジ分析、ポットとベット、フォールドエクイティなどを説明しなければなりません。」と。陪審員達がこれらを全て理解したら、なかなかのポーカー プレイヤーになる可能性もありますね。w 

ワタクシが真っ先に思ったは、ポストルのスマホの記録などは調べられないの? という点です。もちろんこの点はブリルの弁護士も抑えていたようで、何やら電話の記録で何らかの証拠をつかんだのでは、と仄めかすコメントもしています。

そして何より、内部告発者であるベロニカ・ブリルを「アメリカのヒーロー」と弁護士は言います。さらに、ジョーイ・イングラムをはじめとするポーカーコミュニティの多くの人々が行った仕事は、このケースに対する非常に貴重な助けであると付け加えました。

コミュニティが主導する進行中の調査と訴訟により、ポストルのスキャンダルはポーカー史上最大の調査になると思われます。ポストルはこのスキャンダルが取り沙汰されてからというもの、身を潜めていますが、また進展があればポーカー 好きの皆さんにもアップデートしますね!

 

🖥オンラインポーカーなら、やっぱりここが安心!

PokerStars Poker $ 600 ボーナス賭け条件なし.

|

 

😲悲しいかな、こんな事件も起こってます・・・
WPT2018:LAポーカークラシック勝者が24億円を横領

 

👇雑談や質問が気軽にできる♪ ジャパカジ掲示板

ユーザー同士の交流や雑談、ジャパカジスタッフへのお問い合わせ、なんでも大歓迎!

ジャパカジ掲示板はじめました!詳細ページへ