女子ゴルフ 宮里藍 エビアン選手権が引退試合

女子ゴルフ【宮里藍】早すぎる引退

元世界ランキング1位で、米ツアー通算9勝、国内15勝を挙げている宮里藍(32)が東京都内のホテルで今季限りの電撃引退の記者会見を行いました。

父・宮里優のゴルフの指導を受け、4歳からゴルフを始めた宮里藍さん。2人の兄ともプロゴルファーとして活躍しています。ゴルフ界のアイドル的存在の宮里藍さん、ゴルフファンには悲しいニュースです。

宮里藍さんのこれまでの活躍、生い立ち、引退会見に至るまでの経緯を見てみましょう。

宮里藍の父、宮里優

宮里親子父の宮里優さんはプロゴルファー?いえいえ、もともと地元、沖縄の国頭群東村という小さな村で公務員をしておりました。1991年、公務員を辞めて村長選挙に立候補しますが、落選してしまいます。公務員の仕事を辞めなければ立候補できなかったので辞めましたが、落選、無職に。なかなか良い職が見つからず、家族にとっては大変な時期でしたが、宮里藍さんの母、豊子さんが2年間、家計を支えます。その間に宮里優さんはプロコーチの資格を取得しました。

29歳でゴルフをはじめ、36歳の時に男子プロトーナメントの大京オープンにアマチュアとして出場していますが、3人の子供たちが皆、プロゴルファーになったところを見ると、コーチとしての方が才能があったようです。現在は宮里道場というゴルフスクールを経営してらっしゃいます。

宮里藍の兄、聖志、優作

兄は二人とも3歳からゴルフを始めています。

長男の聖志さんは近畿大学に進学しましたが、遊びすぎて留年。父の優さんに沖縄へ呼び戻されます。沖縄で鍛錬に励み、1999年にプロテストに合格。2000年12月の「ファンケル沖縄オープン」でツアーデビューしました。2003年2月、プロデビュー3シーズン以内の獲得賞金額上位者の中から、マナーや将来性などを加味して選ばれる「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。そして、2004年12月の「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」で念願の初優勝を果たしました。

弟妹に比べると勝負へのこだわりに乏しいところがあるようですが、ロングアイアンのキレはピカイチで、人を笑わせることが好きな明るい性格を持った面倒見の良い方のようです。

次男の優作さんは2002年12月にアマチュアからプロ宣言をし、翌年4月の東建ホームメイトカップでプロデビューを果たしました。 2006年8月25日のアメリカPGAツアー・リノタホ・オープン第2日において、1ラウンドで2回のホールインワンを達成しています。これは長い歴史を持つアメリカPGAツアーでも、史上2度目の快挙でした。

2013年12月8日、 ゴルフ日本シリーズで、プロ転向11年目・33歳で悲願のツアー初優勝をメジャー大会で飾りました。2017年4月30日には「中日クラウンズ」で優勝し、さらに翌々週の5月14日に地元・沖縄県で開催された「日本プロゴルフ選手権大会」でメジャー2勝目を挙げると同時に、2戦連続優勝を飾っています。

日本屈指の飛ばし屋と言われ、飛ばしながらフェアウェイに乗せる率が高いという特徴を持っています。

宮里藍の活躍

宮里藍1985年6月19日(32歳)身長155センチ、 体重52キロ、サントリーに所属し、愛称、藍ちゃんと親しまれる宮里藍さんは、父と兄達の影響でゴルフを始め、東北にいた兄の後を追って仙台市にある東北高校に進学、そして、高校2年で釜山アジア大会で金メダルを獲得しました。

宮里藍さんはアマチュアの時からその実力を注目されており、2003年6月、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝を果たしました。

「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」で優勝し、2003年10月に、史上初の現役女子高生ゴルファー誕生と騒がれながら、プロ宣言をしました。プロデビューした翌年の2004年11月、「エリエールレディスオープン」でいきなりの優勝。

宮里藍さんはそれからも活躍を続けます。2005年の日本女子オープンゴルフ選手権競技で、公式戦初優勝。史上最年少でツアー通算10勝し、大会史上初となる最年少優勝を成し遂げました。この選手権では、藍さん見たさにファンが殺到し、女子ゴルフ最多観客動員数を記録しています。そして2006年、ロサンゼルスに拠点を移し、その年の宮里藍さんの世界ランキングはなんと6位!

その後、なんども優勝を重ね、2010年には日本人初となる世界ランキング1位にランクインしました。

引退の理由は?

記者会見に集まった報道陣はなんと約300人。32歳とは早すぎる引退です。気になる理由は

「モチベーションの維持が難しくなった」

ということ。去年の夏頃から、今年いっぱいで引退しようと考えていたようです。32歳での引退は早すぎますが、女性として、結婚、出産を考えると、そろそろタイムリミットが迫っているのではないでしょうか。個人的な意見ですが、同じ女として、その辺のことを考えてのような気がします。

これまでプライベートでは浮いた話が全くなかった宮里藍さん。ゴルフ一筋でこれまで頑張って来たようですから。それでも、2007年頃からロサンゼルスの約9000万円の一軒家で同棲している男性がいます。そのお相手は、宮里藍さんのマネージャー「たくみ」さん。

2人の出会いは2005年の米ツアー予選会まで遡ります。父の宮里優さんが新しいマネージャーに推薦したのが、アメリカで通訳兼現地コーディネートのお手伝いをしていた、たくみさんでした。その後、宮里藍さんの個人事務所に所属して、06年の米ツアー本格参戦からマネージャーとして現場を仕切るようになりました。

宮里藍さんは30歳の誕生日を迎える前の「サントリー・レディス」で「30代になれば結婚もしたいし、子供も欲しいと思いますが……」とコメントしています。確かに、このままゴルフに専念していくと、婚期を失ってしまいそう。やはり女性なら、10年お付き合いしている良きパートナーがいて、32歳、子供も欲しいと思えば、引退となっても不思議ではないような気が・・・。

自らのこれまでを振り返り、「思っていた以上の結果が出せました。これ以上ないゴルフ人生です。」と話しています。注目の引退試合がいつなのかはっきりしていませんでしたが、宮里藍さんは自身のブログで「現役最後の試合を、今年最後のメジャーであるエビアンで終える事を決めました。」と言っています。ただいまエビアン選手権開催中。(09/14~09/17)3バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「73」とし、通算1アンダーの27位で現役最後の18ホールを迎えます。ゴルフファンには悲しいニュースですが、宮里藍さんには、これまでのゴルフへのモチベーションを結婚、子作りへのモチベーションに変えて幸せになって欲しいですね♪

※アップデート

エビアン選手権最終日、1アンダーの27位からスタートした宮里藍さんは、5番、6番で連続ボギーを叩きましたが、9番パー5でこの日初めてのバーディーとなります。後半10番、14番でボギー、15番をバーディーとしましたが、結局2バーディー、4ボギーの73とスコアを2つ落として、通算1オーバーの33位タイで引退試合を締めくくりました。
 


21Bet € 1000 ボーナス

William Hill

1xBet € 100 ボーナス