重要!ハッピースターカジノについてお知らせ

ハッピスター*一時停止

 

5月7日 18時

ジャパカジで取り扱っている HappiStar / ハッピースター カジノですが、残念ながら2018年5月7日現在、出金トラブルが何件か発生しているようです。

現在、事実について確認中ですが、確証が得られるまでハッピスターカジノへの新規ご登録、そしてご入金は お薦めしません。

トラブルの真相によっては、取り扱いを停止するつもりでおります。

新しい情報が届き次第、追ってご案内いたします。

 

5月7日 20時40分 アップデート

ハッピスターによると、不正を防ぐため個人情報確認のプロセス見直し、及び新しい製品の導入により、手続きに遅延が発生しているとのことです。

復旧及びその他の詳細な事情等の情報がつかめておりませんので、さらに確認を行い皆様にご連絡できるように努めております。

 

5月8日 17時 アップデート

*本記事について不適切な内容がございましたことを心よりお詫び申し上げます。今後このようなことが発生しないようにスタッフに徹底してまいります。申し訳ございませんでした。

ハッピースターへジャパカジ・マーケティングのSさんが連絡を取り、以下のような返信をいただきました。

「ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。

本件に関しましては、ビットコインとヴィーナスポイントにシステム障害が発生しております。
こちらに関しましては、弊社のシステムチームが対応し、早期復旧を目指しております。

また、出金が遅れています原因としましては、大量のボーナスアビューザー(複数犯)が発生しております。
こちらに関しましては、リスクチームが慎重に出金申請を確認しておりますので、従来より出金許可が遅れております。
現状は出金申請から三日以内で順次、問題がなければ出金手続きを行っていきます。
ボーナスアビューザーの選定が完了しますと、従来通りの出金スピードで提供できるかと存じます。

しかしながら、現状正確な出金目途が立っておりませんが、随時状況は報告させていただきます。
まずは、今週の週末までに改善が見込めない場合は、今後の対応を含めてお伝えさせていただきます。」

ということです。ワタクシはオンラインカジノのサポート経験がありますが、確かにボーナスアビューザーは多いんですね。ワタクシはボーナスハンターと呼んでおりましたが、ルールに従ってボーナスの賭け(引き出し)条件を消化し、出金されるプレイヤーさんは何の問題もありません。

ところが、一人のプレイヤーが家族や友人のプロフィールで複数のアカウントを開けるケースもよくあります。(XXさん、あなたのことですよ!w)ワタクシのカジノサポート時代、このXXさんは一人で15以上のアカウントを開けていました。お父さん、お母さん、兄弟、友人と思われる名前で。

チャットに来られた時の口調や同じ住所、IPアドレスで見破ることができたので、「あなた、XXさんでしょう?困りますよ、XXさん、こんなにアカウント開けちゃ...」「バレた?」「このアカウント、クローズしますよ。」「いいよ、また開けるから。」「他人の名前でアカウント開けて勝利しても、出金できないかもしれませんよ。今度開けたらブロックしますよ!」といったことも、XXさんだけではありません。本当に多いんです。

個人的な予測ですが、これまでのハッピースターはIPアドレスを認識するシステムが甘いとか、リスクチームの仕事ぶりが甘いとか、そんな理由でボーナスハンターが増えすぎちゃったんじゃないでしょうかね?この辺が甘いのは、何者でもない、ハッピースターの落ち度ですね。ボーナスハンターなんて、どのオンラインカジノにもいるんですから。それに、キチンとしたシステムがあれば見破るのも簡単です。

アカウントの悪用が酷くなって、現在、見直ししてるんじゃないかな?と予想するワタクシです。

気の毒なのは、純粋にアカウントの悪用をすることなくプレイしているプレイヤーさんたちです。とばっちりがきて、その方達の出金も遅れるという事態になっているんでしょうからね。

ワタクシと同じくギャンブル好きなみなさん、正々堂々と勝負しましょうね。ずるいことしてたら、出金できなくなっちゃいますよ。

ちなみに、ハッピスターが飛ぶ(夜逃げ)するんじゃないかと心配してる方もおられるかと思いますが、ハッピスターの運営社はしっかりとした企業です。飛ぶことはないと言いきれますのでご安心を。まずそんな危なげなカジノはジャパカジで紹介しませんからね。

ちょっと業界裏の話もしちゃいましたが、正直にお話しするのが一番と常日頃思っているワタクシ(ジャパカジ)です。

また動きがありましたら、アップデートしますね。

 

6月1日  アップデート

一時停止していたハッピースターの取り扱いですが、上記のようなトラブルの真相がわかり、再度、取り扱いを開始いたしました。

ハッピースターにはリスク管理をさらに厳重にしてもらい、今後は出金トラブルのないよう、頑張って欲しいと思います。