幼い頃貧しかったアスリート

貧しい家庭で育った有名アスリート

子供世界には裕福な家庭で育つ人もいれば、貧しい家庭で育つ人もいます。それはアスリートも同じで、プロのアスリートにも最初から裕福な家庭に生まれ、必要なもの全てを買い与えてもらい育ったアスリートもいれば、とても貧しい家庭で毎日食べることすら必死な中で幼少期を過ごしていたというアスリートもいます。

人生のとても早い段階でそのような苦難を乗り越えなければならなかったアスリートたちはそのような状況下でメンタルが鍛えられ、強い精神力を培ったのかもしれません。

実際に、現在活躍が目覚ましいアスリート、引退しても活躍し続けている人にもそんな背景を持った人がいます。幼少期に貧困に苦しんだり、大変な時期を経験して育った世界的アスリート、想像以上に多いかもしれません。


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.
21Bet Casino € 35 入金不要ボーナス + € 1500 ボーナス.

レブロン・ジェームス

レブロン・ジェームズレブロン・ジェームズはアメリカNBAのバスケットボール選手。アメリカのオハイオ州出身で、今までにNBAにて多くの記録をつくってきたトップレベルの選手です。

レブロン・ジェームズ選手は1984年12月に当時16歳だった母親の元で生まれました。

生まれた時から片親で、当時16歳だったジェームズ選手の母親はジェームズを養うのに非常に苦労し、安定した仕事が見つかるまでジェームズと共にアパートを転々としながら過ごしました。ジェームズが5歳から8歳までの間には計12回も引越しをしたそうです。足がないために学校にいけない時期もありました。そんなジェームズは9歳の時にバスケのコーチの家に住み込むことになり、そこから安定した生活を送ることができるようになったのです。

幼い頃からコーチにその能力を見出され、「バスケを乗り物ように使って、自分が行きたい道を進め。」と言われて育ち、成長してやっとその意味がわかり、彼はバスケを使って自分を成功の道へと導いたのです。

 

 

クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウド

今ではサッカー界に限らず世界的に人気なスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド選手。彼もまた、幼少期に苦労したアスリートのうちの1人なのです。その卓越したプレーもさることながら、人間性も素晴らしいと言われています。

1985年に園芸家の父親と調理師の母親の下に生まれたロナウドは4人兄姉の末っ子として2人の姉と1人の兄と共に育ちました。【ロナウド】という名前は彼の父親が好きだった俳優で、アメリカ元大統領のロナルド・レーガン氏にちなんでつけれました。

ロナウドの家庭は一般的に見て平均的な生活水準よりも低く、幼少期のロナウドは兄姉と一緒にシングルベッドだけの部屋で育ったようです。小さい頃はおもちゃの1つも持っていなかったと言います。

彼の父親が地元のサッカークラブの管理を手伝っていたため、ロナウドは6歳の時にサッカーをはじめました。14歳の時に教師とトラブルとなり、最終的には椅子を投げつけて学校から追放され、それを機に本格的にサッカーに集中することになりました。

今ではレアル・マドリード、ポルトガル代表のエースとして現在のサッカー界を牽引する1人となっています。

 

 

 

ジョゼ・アルド

ジョセ・アルド最近ワタクシメがハマっております、MMA(総合格闘技)の選手、ブラジル人のジョセ・アルド選手です。UFCというアメリカの総合格闘技の大会の元フェザー級の王者です。幼少期は非常に貧しい家庭にて育ち、サッカーに熱を注ぎセミプロ選手として活躍していました。自身もサッカーでプロになることを望んでいましたが、幼少期に住んでいた家の通りで何度もいじめられたり殴られたりを繰り返し、それに疲れ、うちに護身のためにカポエイラ練習するように。その後、14歳の時に良いトレーナーと出会ったことをきっかけにカポエイラから転向してブラジリアン柔術をはじめます。

17歳の時、スポーツとして何かを達成するまでMMAを続けるという決心をし、洋服以外何も持たずに単身リオデジャネイロに引っ越しました。リオに引っ越した後も貧困の中で育った彼は、お金がなくほぼ何も食べないという生活をよく繰り返していたそうですが、それに気づいたチームメイトは食べ物を彼にシェアしていたそうです。

ちなみに、彼のニックネームは「スカーフェイス」。これは、幼少期に彼の姉がバーベキューの器具をアクシデントで落としてしまい、それによってついた永久的な左頬の大きな傷が由来となっています。

 

ノバク・ジョコビッチ

ノバク・ジョコビッチ世界ランキング上位で世界的に有名なテニスプレーヤーのセルビア人テニスプレイヤー、ノバク・ジョコビッチ選手もまた、幼い頃に困難を経験してるアスリートです。彼の生まれはセルビア。実は、ジョコビッチはセルビアが戦争真っ只中で貧困が激しかった時代にその幼少期をベオグラードで過ごしています。

彼の両親はジョコビッチと兄弟を育てるためにその状況下で最善を尽くしていましたが、2回の戦争による貧困は激しく、時々パンや牛乳すらも手に入らないこともあったようです。

彼の2人の弟も共にテニスプレイヤーですが、ジョコビッチ自身は4歳の時にテニスをはじめ、6歳の時にはセルビア人のテニスプレイヤー兼コーチの目にとまり、指導を受け始めました。12歳になるまでジョコビッチはそのコーチの下で指導を受け、12歳の時にコーチがその後を見据えてクロアチア人のニコラ・ピリッチの下で指導を受けられるようにジョコビッチにドイツ留学をさせるよう手配をしました。

1990年代の戦争真っ只中の時代をセルビアで過ごしたにも関わらず、プロ転向前にはヨーロッパの14歳以下のランキング、次いで16歳以下のランキングでトップランクの選手になり、今も活躍し続けています。

 

 

 

ディエゴ・マラドーナ

ディエゴ・マラドーナ【神の子】と呼ばれ数々の伝説をサッカー界に残し、今もなお世界中から愛されるマラドーナ監督。恐らく、サッカーを知らない人でもこの人は知っているという人もいるのではないでしょうか。喜怒哀楽が激しく、監督としてフィールドに出ていた時にはリアクション芸人ばりのリアクションを見せるお茶目な人としても有名です(・∀・)人生経験はかなり豊富な様子。2人の弟も共に元サッカー選手です。

アルゼンチンのブエノスアイレスで生まれ育ったマラドーナ氏。両親、7人の兄弟姉妹と共に幼少期を過ごします。とても中の良い家族でしたが、財務状況的には非常に厳しかったようです。8歳の時に近所のクラブでサッカーをしている際にスカウトの目にとまり、9歳の時にはジュニアチームに参加してプレーするルことに。幼少期は天才サッカー少年として脚光を浴び、13歳の時には学校を辞めてサッカーに専念することになりました。

プロになってからはクラブチーム・アルゼンチン代表として数々の成績を残してきましたが、1990年から1991年には薬物使用とマフィアとの関連などが報道され、当時所属していたSSCナポリから15ヶ月の出場停止処分を下されました。その後1991年にJリーグ発足に向け名古屋グランパスエイトへの移籍がほぼ決定していましたが、コカイン使用疑惑により白紙に。その後アルゼンチン代表に復帰したものの、1994年のワールドカップにてドーピング検査に引っかかり、選手としての経歴を終えることになりました。

1980年代から始まっていた本人の薬物依存は引退後も続き、その影響からしばらく入院や手術などを繰り返していましたが、2004年に心筋梗塞で倒れて生死をさまよいました。その後また監督として指導者側に復帰し2012年まで代表やクラブの監督として就任していました。

 

ペレ

ペレサッカーの王様、ペレ。ワタクシメの中学校の時の英語の教科書にはペレが題材になっていたページもあって、教科書に載ってしまうほど歴史的レジェンドとなっている方です。幼少期は非常に貧しく、ブラジルのスラム街にて育ち、子供の頃から働きにも出ていました。父親もサッカー選手でしたが、膝の怪我により現役を続けることが難しくなり、それを機に収入が途絶えた一家をペレが靴磨きの仕事をして支えていた時代もありました。

母親の教育が厳しく、ペレに対して不安定なサッカー選手よりもより良い教育を受けて安定した仕事につくようにしつけていて、ペレも幼少期はパイロットになることを夢見ていましたが、うちにサッカー選手を目指すようになり、母親の目を盗んでは父親からサッカーを教えてもらっていました。ただ、貧しかったためにちゃんとしたボールを買うことができず、新聞を丸めて靴下に入れたものなどをボールの代わりとして使っていたそうです。

10代になってから複数のクラブを渡り歩きチームを掛け持ちしてプレーするようになり、15歳の時には両親を説得してサントスFCへと入団しました。プロになってからはクラブチーム、ブラジル代表のエースとして活躍し、3度のワールドカップ優勝。1977年に引退する22年間のうちに1363試合出場、1281得点を記録し、20世紀最高のサッカー選手と言われるようになりました。

引退後はFIFAの大使やユニセフの親善大使など、精力的に色々な活動に従事し、ブラジル国内のスポーツ大臣など、官僚や名誉職にも任命されました。

 

 


Royal Panda 1000 kr ボーナス + 10 入金不要フリースピン.
Casino-X € 30 入金不要ボーナス + € 2000 ボーナス + 200 フリースピン.

 

上記の6人以外にも、貧困だけじゃなく逮捕歴のあるアスリートや逆境を乗り越えたアスリートもたくさんいます。バックグラウンドを知ると、その惜しみない努力の結果のプレーも見たくなるし、もっと応援したくもなりますよね(*´-`)

こうやって見ると、男性の方が多いんですかね。

今の時代を生きる子どもたちにも、きっとそんな逆境を乗り越える未来のスーパースターはいるはず。どの時代でも、どんなバックグラウンドを持った人でも、スポーツは人のモチベーションになるツール。スポーツ界で、これからも結果だけに限らずたくさんのドラマが見られること、とてもとても楽しみですね( ^ω^ )

winner