ディープインパクト物語

RIP:ディープインパクト物語

競馬ファンなら【ディープインパクト】という名馬をご存知でしょう。残念ながら7月30日に安楽死となりましたが、この伝説の競走馬を知らない方に、本日はディープインパクトの物語をしようと思います。

日本を離れてから長いワタクシ、日本にいるときは場外馬券場で週末を過ごすことも幾度もありましたが、日本競馬から遠のいた現在でもディープインパクトのインパクトは話に聞いていました。

決して名前負けしてせず、全ての競馬ファンにディープなインパクトを与えた名馬。生涯に一度しか出場することのできない3つのレースの3冠達成の経緯と、安楽死までのディープインパクトの人生とは・・・

 

🐎日本競馬にもベットできるブックメーカーはこの老舗ブクメ!

William Hill Sport $ 100 フリーベット.

|

 

🤓ブクメ?スポーツブック?何それ?
ブックメーカーとは!

 

育ちの良いお坊ちゃん

両親ともに競走馬のディープインパクト、父は日本競馬の芝馬記録をいくつも更新したサンデーサイレンス、母はウインドインハーヘアはドイツのGⅠで優勝し、イギリスのオークスステークスでも2着となったサラブレッド。

ディープインパクトは父・サンデーサイレンスが他界した年に、父と同じ日に生まれたのです。ディープインパクトの兄・ブラックダイドもGⅡで勝利した馬、姉のレディーブロンドも6戦5勝していたので、もちろんディープインパクトにも期待されました。

しかしディープインパクトは体も小ぶり、兄のブラックダイドと比べると力強さは感じられません。性格も兄とは違っておとなしく、全くタイプの違う兄弟。

ディープインパクト

 

ディープインパクトの世話や調教を担当した厩務員は、「ディープは柔軟性があって素直な性格ですね。おとなしく指示に従う馬なんです。それが調教の面では大きなプラスになるんですよ。そしてとにかく、走ることが大好きなんです。」と語っていました。

さて、ディープのデビュー戦は、名ジョッキー、武豊が騎乗することに。武豊はディープに初めて跨って走ったとき「見た目はなんてことない馬だと思ったんですが、跨って走ってみると、速すぎる! と思いましたね。」と語っています。

 

デビュー戦からGⅠまで

ディープと武豊のベストコンビ2歳新馬のデビュー戦では、ディープインパクトは武豊がステッキを入れることなく後方からぐんぐん追い上げ、4馬身差の圧勝。レースを見ても、実に軽々と勝利した印象でした。

続く2戦目、このレースまでに1戦しか経験していない馬はディープだけ。スタート後、後ろから2番目にいたディープ、先頭をいく馬とは20馬身もの差がありました。しかし最後のコーナーを曲がるあたりから、外から追い上げてきます! それはそれは、見事な走りっぷり! 結局、5馬身差でゴール!!!

この時、ディープの調教師や武豊は「やったっ! 勝てた!」というよりは、もっと、「3冠達成できるんじゃないか」というムードの方が強かったそうです。

そしてGⅡの弥生賞では、これまでの圧勝から一番人気の馬になっていました。この時も後方にいましたが、最後のコーナーのあたりでスルスルと追い上げます。しかも、大外から追い上げて行くではありませんか。

武豊は、「ホントに良い馬と出逢えました。強いです。いや、強いというか、速いです。」とインタビューで語りました。

競走馬の蹄鉄は約2週間で交換するのだけど、ディープの蹄鉄は3週間使っても消耗が見られないのだとか。脚力の強い競走馬は2週間持たないことも。このことについて装蹄師は「ディープは着地時間が短いんですね。次の動作に移すのが速いってことなんです。余裕で3週間持つ競走馬はなかなかいないです。」と言っています。

 

📰こんな競馬関連ニュースも読まれてるよ♪
「まさしく!」大納得した武豊の言葉

 

2/294,977

生涯に一度しか出場することのできない3つのレースが皐月賞、日本ダービー、そして菊花賞。ディープの関係者は3冠をかなり現実的なものと捉えていました。

3冠レースが確立された1939年から2004年まで、サラブレッドの数は294,977頭。しかしこの3冠を達成するのは、思いの外難しいのです。この66年間の間、3冠達成できた馬は、ほんの5頭だけ。この5頭の中で、無敗で3冠を達成したのは、なんとシンボリルドルフ1頭のみなのです。

これまで強い馬はたくさんいましたね。しかし、これまで負けるはずがないと思われた馬が負けてしまったことも珍しくありません。何が起こるのかわからないのがスポーツ、競馬なのです。

ですがここで、2頭目の3冠制覇を成し遂げたのが、お坊ちゃんのディープインパクトなんです。

 

3冠制覇!

2005年4月17日 GⅠ 皐月賞

走りたくてしょうがないといった雰囲気のディープインパクト。スタート時にゲートが開いた途端、ディープは躓いてよろっとします。武豊もドキッとしましたよ、と語っていました。

躓いたせいで後方からスタート、しかし立て直します。最後のコーナーを回る頃、いつもの通り大外からグングン他の馬たちを抜いていきます。そして見事、皐月賞を制しました。

武豊は「これまで目一杯いったことはなかったんですが、今回は気を抜いてる感じだったので初めて最後のコーナーでステッキを入れました。すると驚いて反応してくれましたね。走るというより飛んでいる感じの馬ですね。」

 

2005年5月5日 GⅠ 日本ダービー

日本ダービーのディープファンたちは早朝から東京競馬場に詰めかけます。ディープインパクトの単勝オッズは1.1倍。ディープが現れると、満員の競馬場から大きな歓声が上がります。

このレースでもテンションの上がったディープ、スタートは出遅れ、中団からやや後方で走ります。3コーナーから4コーナーの間からディープは少しずつ追い上げ始め、それと共に場内は響めき始めます。4コーナーをいつもの通り外から回り、最後の直線コースで物凄いスピードで驚異的な走りを見せ、大きく離してゴール!

武豊は感極まったように「もうホントにね、素晴らしい馬だな、と思いながら乗っていました」とコメントしました。

 

2005年10月23日 GⅠ 菊花賞

遂に菊花賞、このレースで優勝すれば、3冠達成となります。

夏の間、ディープは北海道で調整をし、菊花賞の前のGⅡ神戸新聞杯でも後ろから2番目を走っていたにも関わらず、コーナーの外を回って楽々優勝。後方からいつもコーナーを外から回り、直線コースを物凄いスピードで他の馬たちを追い抜いていくレーススタイルは、見ていて感動ものです。

日の出にはすでにファンが競馬場前に押しかけ、7時15分の開場時には事故を防ぐために多くの警備員たちによる警備体制も。単勝オッズは1.0、誰もがディープの勝利を疑っていませんでした。

そして・・・いつものレーススタイルで軽快に勝利! 7戦7勝。2頭目の無敗の3冠馬となったのです!

 

第二の人生

引退レースのディープと武競走馬としては早い、4歳で引退したディープ。成績は14戦12勝で、獲得賞金(ボーナスを含まない)は、歴代3位の14億5455万円。

しかし引退後も種牡馬として稼ぎ続けます。

種付け料は日本で繋養される種牡馬としては最高額となる1200万円でした。しかし最終的には4000万円にアップ。種付け料としては最も高い馬となりました。

毎年平均200頭前後に種付けしていたので、種付け料だけでも400億円以上を稼いだようです。

種牡馬を繋養する事業をおこなっている社台コーポレーションのスタッフによると

「ディープインパクト、本当に種付けの上手な馬でした。実は、小柄な種牡馬というのは種付けに苦労する場合が多いので少し心配していたんです。自分より体高があって、肉づき豊かな繁殖牝馬との局所と局所をマッチングさせる角度調整が難しいんです。ところが、ディープはまったく問題ありませんでした。腰の伸ばし方がうまい! ということに尽きます。ですからどんなに背の高い相手でも、スッと適応できるんです。

この腰を伸ばすのが、馬にはきわめて難しいことなんです。まず第一に、体が柔らかくなければなりません。つぎに、バランス感覚に優れていなければならない。爪先立ちで不安定な姿勢を続け、ましてその状態で激しい運動をすれば足腰がガタガタになってしまいますよね。おそらく、ディープは体幹がしっかりしていたんでしょう。だから疲れをみせることもありませんでした。こんなところにも運動神経のよさが出るんだなあと、現場のスタッフもみんな感心していたのを思い出します。」

だそうです。何に対しても実に優等生なディープインパクト!

 

ディープはプレイ馬ボーイ?

社台コーポレーションのスタッフさんは、こんなことも語っていました。

「もうひとつ、ディープがかっこいいのは、種付け場に入ってくるときはいたって冷静なのに、イザとなるとスーッと瞬間的にスイッチが入るんです。いかにもモテそうなコントラストです。だから無駄な体力も時間も使わないんです。そしてスムーズに仕事をして、コトを終えると、また何事もなかったように帰っていく。このあたりのスマートさもまさにプロの男といった感じでした。」

ですって! かっこいいじゃないですか、ディープインパクト! 

 

今年7月急逝

牧場でのディープそんなディープも17歳。人間に例えると52〜3歳と言われます。サラブレッドの寿命は25年前後と言われますから、今年7月30日にこの世を去ったディープは、まだ若かったんです・・・

今年4月、例年通り2月の種付けシーズン開始から20頭前後に交配を行ったディープですが、3月に入って首を痛め、種付けは中止されました。

海外から医師が呼ばれ、7月28日に頸部の手術をすることに。この手術が行われたのは日本では初めてでしたが、海外では比較的よく行われる手術だったそう。1時間半くらいで終わる簡単な手術で、95%以上は改善するはずだったそうです。

手術は無事に終了し、術後の経過も安定していました。しかし翌29日の午前中、突然起立不能になり懸命の治療が施されました。

そして30日の早朝、レントゲン検査を行ったところ頸椎に骨折が見つかり、回復の見込みがないことから安楽死の処置が取られたのです。

もっと生きて欲しかったですね・・・北海道の広い牧場で、自由に走り回るディープを見たかったわ。伝説の名馬・ディープインパクトの死、残念ではありますが今は天に召されて自由に光のごとく素早く駆け回っていることでしょう。

 

🏀好きなスポーツやお気に入りの馬にベットしよう!

Bettilt Sport $ 500 ボーナス.

|


Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

|


Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

|

 

👇ブックメーカーってわかんない用語があるんですけど・・・
まずはこれだけ!ジャパカジ スポーツ用語集

 

 

👇雑談や質問が気軽にできる♪ ジャパカジ掲示板

ユーザー同士の交流や雑談、ジャパカジスタッフへのお問い合わせ、なんでも大歓迎!

ジャパカジ掲示板はじめました!詳細ページへ