世界で人気のスポーツTOP25!!

世界で最も人気のあるスポーツランキングTOP25!!

日本で最も人気のあるスポーツといえば、サッカーと野球!日本では2大人気でどちらも盛んなスポーツですよね。

サッカーは世界中で人気のあるスポーツですが、実は野球がメジャーなのはアジアとアメリカ大陸だけなんです。ヨーロッパの方では野球に似たクリケットの方が人気が高いです。日本人からしてみたら、「クリケットって何?」ってぐらいのレベルだと思いますが、これが意外と人気があって上位にランクインしてるんだよね〜。もちろん、国によって親しまれているスポーツも違うから、日本のお国スポーツの相撲は海外で言えば「Oh!! Sumo!!」ってぐらいの感覚ですけどね(´⊙ω⊙`)

世界ではどんなスポーツが人気なのか、気になったので調べてみましたよっ。


William Hill Sport $ 100 フリーベット.

 

Casino-X Sport € 10 入金不要ボーナス.
フリーベット

TOP 11〜25位

11位

F1

12位

アメリカンフットボール

13位

サイクリング

14位

ラクロス

15位

陸上競技

16位

ハンドボール

17位

ボーリング

18位

MMA(総合格闘技)

19位

フィールドホッケー

20位

バドミントン

21位

スキー

22位

ハーリング

23位

卓球

24位

水球

25位

レスリング

日本であまり聞かないのは22位のハーリングでしょうか。ワタクシメも知りませんでしたが、ハーリングとは、アイルランドで3000年以上前に始まったスポーツで、主にイギリスやオーストラリアなどの英語圏で盛んに行われているようです。スティックとボールを使って相手のゴールにボールを入れて得点を競い合う競技で、フィールドやチームスポーツという点からすると一見サッカーと良く似ています。

また、ものすごく展開が早く危険なスポーツとしても知られています。

このボール、体に当たったら痛そうだよ〜(°_°)

ハーリング

Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

 

Spin Palace Betting

 

Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス $ 0 キャッシュバック.

さてさて、こっからが本番!10位から1位の発表だよ〜♪

ヒューウィーゴー!!(スーパーマリオ風だよ)

 

TOP 10

第10位: 野球

球場ここで日本人気ナンバーワンの野球が登場!やっぱり世界的に見ると、トップ10には入るものの、そこまで人気が高いというわけではないんですね。野球自体がメジャースポーツなのはアメリカ、キューバなどアメリカ大陸の国と、日本、韓国、台湾などのアジアの国。

ヨーロッパでは人気は低く、サッカーや他のスポーツに偏っています。WBCの出場国もヨーロッパからはオランダ・イタリア・スペインのみ。また、いずれの国もサッカーの強豪国でもあるので、そちらの方が人気が高いのでしょう。

 

野球にベッティングするならココがオススメ!

 

第9位:ボクシング

ボクシング格闘系のスポーツはどの国にもまんべんなくコアなファンがいるイメージ。その中でもボクシングは歴史が長く、その危険性から今日に至るまでに徐々にルールが整えられてきたスポーツ。

それでもまだ、暴力的なスポーツとして禁止されたままの国も一部あるのも事実です。熱狂的なファンは多く、日本でも人気の高いスポーツ。最近ではその運動量の多さや動きからエクササイズと掛け合わせて【ボクササイズ】として女性に人気のエクササイズとなり、徐々に女性人気も高まっていますね。

 

 

ボクシングにベットするならココがオススメ!

 

第8位:ラグビー

ラグビーイギリス発祥のラグビー。イギリスに近いスコットランドやアイルランドなどのヨーロッパだけでなく、オセアニア、南アフリカなどでも人気のスポーツ。

アジア人は体格の差から諸外国に勝つのが非常に難しいと言われるスポーツですが、2015年に日本代表がラグビーワールドカップにて世界ランク3位の南アフリカに勝ったことで非常に話題となり、一時期かなり盛り上がりましたね(・∀・)

そこから一気にファンになった人もいるんじゃないでしょうか?高校ラグビーも人気ですよね。

 

ラグビーにベットするならココがオススメ!

 

第7位:バレーボール

バレーボールバレーボールは1895年発祥の割と新しいスポーツではありますが、世界中で人気があります。国際大会を見ても、ヨーロッパ・アジア・南米など様々な大陸の国が出ていますよね。1949年までは国際大会としての正式な大会はなく、オリンピック競技としては1964年の東京オリンピックから加わりました。この時の日本チームは「東洋の魔女」として話題となりましたが、この時のソ連との優勝決定戦の視聴率は66.8%を記録し、スポーツ中継としては未だ歴代最高となっているそうです。

現在でももちろん男女ともに人気が高く、最近では男子バレーの若いイケメン選手たちが人気で話題となっていますよね。やっぱり応援する確実な対象があると、人気も高まるんですかね(*⁰▿⁰*)

 

バレーボールにベットするならココがオススメ!

 

第6位:アイスホッケー

アイスホッケー「氷上の格闘技」と言われるほど激しいスポーツのアイスホッケー。日本ではあまり馴染みのないスポーツではありますが、国際的には非常に人気。特に、発祥地のカナダや北欧では最も人気が高いスポーツとなっています。寒い国で人気があるというのは納得。

面白いことにアイスホッケーは1対1であれば殴り合いのケンカがルールで認められているそうです(@_@)

その殴り合いにもルールがあって、全てスティックやグローブを手放して準備を整えてから素手で「ファイティング」と呼ばれるケンカに入ります。ルール内でのケンカであれば審判も止めません。観客はむしろ応援しています。なかなか興味深いルールがあるアイスホッケー。このファイティング見たさに見に行っている人ももしかしたらいるかもしれませんね!

 

アイスホッケーにベットするならココがオススメ!

 

第5位:テニス

テニスここで出てきました、日本でも老若男女問わず人気のテニス!!オリンピック、パラリンピックでも採用されているスポーツで、性別、年齢、身体的個性を問わずに広く楽しまれています。

観戦だけでなく、実際にやるのも比較的簡単で楽しいテニス。大学のサークル、会社の部活やサークル、シニアのクラブなどと趣味程度から気軽に楽しめるのも魅力の1つですね。まぁ、大人になってからのテニスのサークルなんて飲み会サークルのようなものですがねっ(≧∀≦)

国際大会の選手を見てもわかる通り、色々な国で楽しまれています。

 

テニスにベットするならココがオススメ!

 

第4位:ゴルフ

ゴルフ日本でも、特に社会人になった後に始める人が多いスポーツのゴルフ。“スポーツ”として広く親しまれていますが、一般人のプレーは“レジャー”として位置付けられるそうです。

ワタクシメ個人的には、ゴルフは金がかかるイメージのスポーツ第1位、最もストレスの溜まるスポーツ第1位ですが(ちょっとやったことあるんです)、世界中で愛されているのですね(*´-`)

日本では接待などの社会のお付き合いとして親しまれていますが、日本にあるゴルフ場の数は世界第3位。1位は土地の広さからして納得のアメリカで、世界の50%を占めています。次いでイギリス。

ゴルフが世界的に人気になったのは1880年代にイギリスでゴルフブームが起きてから。各地にゴルフ場が建設され、その後1890年代にはアメリカでも流行し始め、イギリス人によってゴルフ場が世界各地に建設されて、世界的人気スポーツとなっていったそうです。

 

ゴルフにベットするならココがオススメ!

 

第3位:クリケット

クリケット冒頭でちょろっと説明したクリケット。日本ではほぼ馴染みがないので、名前は聞いたことあるけどどんなスポーツかわからないって人も多いかと思いますが、イギリス発祥のスポーツです。世界的に人気のようですが、特にインド、カンボジア、パキスタンなど東南アジア〜中東、オセアニアなどの国で人気が高いようです。世界で3番目に競技人口・観戦者の多いスポーツで、見ている人の数は25億人にもなります。

見た感じは芝生のフィールドでバットとボールを使い、投手と打者がいるので野球に似た感じです。イギリスでは【紳士のスポーツ】として知られていて、試合中にはティータイムまであるとか(´⊙ω⊙`) あら〜なんて優雅なんでしょう。イギリスでは上流階級が嗜むスポーツとされていて、あの超名門イートン校などの体育の授業では必修種目になっているらしいですよ。

 

クリケットにベットするならココがオススメ!

 

第2位:バスケットボール

バスケットボール第2位はバスケ!日本でも小学校からクラブがあったり、地域のチームがあったり、男女ともに人気のスポーツですよね♪バスケットボールは現在200カ国以上の国でナショナルチームがあり、世界的に広く親しまれています。歴史としては、1891年にアメリカで一人の人物に考案されて広まった数少ないスポーツ競技の1つで、その1人によって考案されたルールが現在のバスケットボールの原型となっています。

現在、アメリカのバスケットボールリーグのNBAでは外国人選手も非常に多く、今シーズンはリーグ記録となる42ヶ国の選手が登録しています。バスケットボールの本場、アメリカのNBAに自分の出身国の選手がいるとなれば、それはバスケ好きとしては応援したいし、モチベーションになりますよね(・∀・)!

田臥選手がNBAでプレーしてることを知った時は私も少しびっくりしましたが、あんまりバスケに馴染みがなかった私でも、そんな革命的な出来事にNBA見てみたいな〜と興味が湧きました。

 

バスケにベットするならココがオススメ!

 

第1位:サッカー

サッカー1位は言うまでもなくサッカーです( *`ω´)!!世界で広く楽しまれているとうことは周知の事実でしょう。

現在サッカーは200以上の国と地域で2億5千万人以上の選手がいます。今年はちょうどその年に当たりますが、4年に1度のFIFAワールドカップでのテレビ視聴者は全世界で300億人を超え、競技人口、視聴人口ともに世界で最も人気のあるスポーツです。現代のサッカーの歴史は1863年にロンドンで設立されたフットボール・アソシエーション(The FA)に起源を持ち、そのFAはサッカーの試合の基礎を作りました。徐々にサッカーが国際的に人気となり、世界規模の試合を行うために20世紀の初めにFIFAが発足し、1906年には初の国際大会が行われました。現在FIFAには211の国と地域のサッカー協会が加盟しています。

そして今年はワールドカップの年で、最もサッカーがアツい年!

ちょうどチャンピオンズリーグJリーグもやってるし、応援にベッティングにアツ〜くアツ〜く楽しんじゃいましょ(*⁰▿⁰*)

 

サッカーにベットするならココがオススメ!

 

たまには違うスポーツにも賭けてみよっかな〜って思ったら参考にしてね〜(*´∀`)♪


BetVictor Casino € 20 入金不要ボーナス + € 20 ボーナス.
21Bet Casino € 35 入金不要ボーナス + € 1500 ボーナス.