人気esports組織 - Rogue / ローグ

人気esports組織 - Rogue / ローグの始まりから今日に至るまで

Rogue / ローグのスタッフが暮らす建物のダイニングルームの棚には、昨年のマウンテンデュー・ビデオゲームリーグ選手権で、Rogue「CS:GO」チームが勝利した時に手渡された巨大な小切手18,000ドルが置かれています。

ダイニングテーブルでは、Rogueの CEO / 共同創立者であるデレック・ネルソン氏が2時間30分のインタビューを受けながらも、ラップトップで新プレイヤーとの12ページに及ぶ契約書を作成しています。契約のすべては、プレイヤーが専門とするゲームの人気とスキルレベルによって異なり、とてもユニークなもののようです。「ゲームの規模や人気に応じて、健康保険や賞金の割合などさまざまなんです」と、貿易の弁護士でもあるネルソン氏はキーボードをたたきながら説明します。

ネルソン氏の背後にはRogue組織構造を描いたホワイトボードがあり、Rogueが一年でどれほど成長したかを強調しています。2016年5月、Rogueは1つのチームから始まって、今や数あるゲームによって6つのチームに分かれています。スウェーデン、フランス、デンマークなどなど、esportsの拠点から選抜されたプレイヤーが世界中から集まり、ラスベガスに移住し、街のあちこちのアパートに住んでいます。

Rogueハウスにて
Rogueチームメンバー・左から: Sean Mulryan - ゼネラルマネージャー, Frank Villarrea - 共同創設者 / 社長, Colin Wentworth - プロVainGloryプレイヤー, Derek Nelson - 共同創設者 / CEO, Brian Thomas - プレイヤー開発責任者, Andrew Stickney - アシスタントゼネラルマネージャー :2018年1月17日 (水)ラスベガスのRogueハウスにて

 

世界中を飛び回るモーレツなライフスタイル

RogueロゴRogueのチームメンバー達は常に世界中を旅しています。アメリカ、ヨーロッパ、アジアには、常に何かのトーナメントがあり、現在も「Call of Duty」チームはフロリダ州オーランドにおり、その後、英国のトーナメントに向かいます。先週はウィーンにいて、その少し前にはアイルランドにいました。

絶え間ないチームの外国旅行中に会社のクレジットカードを使用するため、世界中で使用されるクレジットカードは詐欺防止のためにほぼ毎日止められるそう。さらに、さまざまなタイムゾーンで世界中、日常的に散らばっているRogueチームは、365日24時間体制でのサポートが必要。社長兼共同創業者であるフランクリン・ビラレアル氏は「この生活は絶え間無く続きますね」と語ります。そのため、ラスベガス市内南西の、周囲をゲートとフェンスで囲んだ安全な住宅地にある広々とした2階建てのこのRogueハウスには、今では十数人近くのRogueサポートスタッフが暮らしています。

1つ屋根の下、スタッフらは一日の間いつでも集まることができます。 先週は午前4時30分まで続いた会議があり、同様に長い時間記録をするプレイヤーのニーズに応えることもできます。時には午前3時に、ゲーマーにとっては欠かせない目薬のため、開いている薬局を探すこともあるそう。モーレツなライフスタイルですが、その努力は報われています。

 

Rogueの始まり

特にRogueの「Overwatch」チームのメンバーは、過去1年間でスターになりました。「彼らは中国に行くと、Rogueジャージーを着てフリップボードを持ったファンに叫ばれているよ」とネルソン氏は言います。彼らの数々の勝利により、今やほとんどのトーナメントの宿泊費、出演費、勝てば賞金が払われ、ちやほやされているんだそう。

Rogueのファンたち

Rogueの共同設立者であるカーソン・ヌース氏は次のように語っています。「どんなに節約しようとも、esportsトップレベルの組織とみなされようとも、最低、億の資金が必要です。成功はさらなる成功をもたらしますが、給与の支払いはさらに桁を追加します。ゲームの人気が高ければ高いほど、コストは高くなります。」

10年前にはキャリアとしてゲームを追求するという考えがなかった頃、Rogueがこの環境で繁栄できたのは、深い独創性からです。財布は薄かったそうですが。先週、ReKTGlobal.Inc.によって買収される前のRogueは、ネルソン氏から大部分が資金を調達された企業でした。

「ビラレアルはヌースのソファーで寝起きし、いつ終わりが来てもおかしくない状況でした。私たちは、チームになんとかお金を払い続けました。毎月、月末3、4日前になると、チームに給料を払うお金がなかったんです。これで終わりかな、と月末になるといつも感じましたが、その度にどうにかしてお金を調達し、チームに払いました。 彼らは世界でもトップのプレイヤーだったので、それに見合った給料を支払わなければなりませんでした。我々はすべてがうまくいくと、賭けていただけなんです。」とネルソン氏は言います。」

 

ゲームを変えたゲーム

Rogueが設立されたとき、組織は最も名声のある試合で競うために必要な財政資金が不足していました。

「私たちは$2.5ミリオン(約2億7千万円)という資金を持っていませんでした。その当時史上最大の試合だった【League of Legends】チームを選ぶのに$2ミリオン必要でした。」とネルソン氏は言う。

そのため、他の方法を見つけなければなりませんでした。より独創性に富み、人より先を進み、効率を良くし、エラーのための余裕を残さない。それはRogueにとって、誰もまだプレイしたことのできない試合でオールインすることを意味していました。それはとても大きなリスクでしたが、成功すればさらに大きな見返りが期待できるゲーム。

うまくいけば、皆が望んでいるタイトルを支配する態勢を整えることができ、失敗すれば、ゲームオーバー。「それは私たちの賭けでした」とネルソン氏は言う。 【Overwatch】の才能あるプレイヤーを獲得し、チームを安く結成し、ゲームが巨大に、人気となることに賭けたのです。

ネルソン氏は微笑みます。「それは良い賭けだった。」と。

RogueのRLチーム

 

そのギャンブルが報われる

2016年5月にリリースされた「Overwatch」FPSビデオゲームは即時ヒットとなり、5ヵ月で3500万人のプレイヤーを獲得し、初年度には10億ドルの収益を上げました。

ビラレアル氏は、Rogue最初の「Overwatch」チームを3人のスウェーデン人と3人のフランス人で結成し、素早く世界最高のチームの1つになりました。今では組織全体を支えているチームとも言えます。

「私たちは成功しなければなりませんでした。勝利しなければなりませんでした。」と、ネルソン氏はRogue初期のことについて語ります。 「初めは月に$5,000〜10,000と非常に小さかったのですが、それから毎月40〜50%増加していきました。資金の回転率は毎月大きく上昇しています。」

今や「Overwatch」は非常に大きくなりました。Rogueを設立したのはそんなに昔ではありませんが、はるかに高い賞金トーナメントで競えるようになりました。「私たちが実行した方法を今、再び実行することは不可能になっています。」とヌース氏は言います。「現在は【事】が起きる前に次の【事】を探し続けなければなりません。私たちは将来のゲームリリースのために、すでにプレイヤーをスカウトし始めています。現在普及しているゲームは現在人気があり、5年後には最も人気のあるゲームではないからです。」

このようなRogueのビジネスモデルは、トーナメント優勝の猛威よりも多くのものを獲得しました。Rogueは投資家をも惹きつけます。今では投資家が財務的支援を提供しています。Rogueが得た信頼は、スターDJプロデューサーのスティーブ・アオキ(Steve Aoki)という別の後援者をも結びつけました。

 

チーム大使:スティーブ・アオキ

自身がゲーマーであるアオキ氏は、Rogueの後押しを始める前から多数のesportsチームと話し、共同所有者になることを考えていました。最終的にアオキ氏は、Rogueの行動様式と信念に惹きつけられました。これは彼が1996年に自身のレーベル、Dim Makを立ち上げたのと同じDIYアプローチだったからです。「僕と同じ種類の精神を持っている」とアオキ氏はRogueのことを語ります。「本当に僕と深く共鳴するんだ。」と。

アオキ氏ろRogueメンバー

アオキ氏は財政面だけでなく、組織にとっても重要な役割を果たしています。彼は即座に認識できる、公的なRogueの顔としての役割を持っています。彼の長髪、ヤギひげ、そして彼自身の内容充実したesports経歴を活かしているのです。

「僕はチームに成功し、持続可能な未来があることを願っているんだ。そのためには、この分野の指導者といい関係を築いて、接触を続けなければならない。」と言い、アオキ氏は大使としての任務をしっかり果たします。Rogueの創設者達、ネルソン氏はビジネス管理職や資金調達に重点を置いています。 ビラレアル氏はチームを築いて監督し、ヌース氏は、ビジネスとゲームを繋ぐ役割を果たしています。

アオキ氏は業界への別の入り口を提供します。ミュージシャンをスターに変身させる術を知っているアオキ氏、実際に何年もそれを実行してきました。彼の次の挑戦は、ビデオゲームプレイヤー達に同じことをするということ、スターに変身させることなのです。「僕がDim Makを始めた時、音楽に真の情熱を持った人々が集まり、ライフスタイルや文化に気を配って、世界でブームを巻き起こしたアーティストを世に送り出してきました。Rogueはそれと同じ情熱を持っていると感じています。」と語るアオキ氏とRogueの今後に目が離せません!


Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス $ 0 キャッシュバック.

21Bet Casino € 35 入金不要ボーナス + € 1500 ボーナス.

BetVictor Casino € 20 入金不要ボーナス + € 20 ボーナス.