eスポーツって知ってる?

カジノゲーム業界も注目のeSports / eスポーツ

eSports(eスポーツ) って何のこと?

eスポーツとは electronic sportsの略で、コンピューターの対戦型ゲームを世界中のゲーマーたちによって接戦される大会のことを言います。物凄い勢いで成長しているeスポーツは、まさに21世紀の象徴と言っても過言では無いでしょう。

eSportsの歴史はまだ浅いですが、実に多くの人々をすでに魅了しています。そして、対戦のある場所、対戦に興味のある人々が集まれば、そこにお金はつきものです。

このeSportsでは莫大なお金が動くため、オンラインカジノのプレイヤーにとっても非常に興味深いものとなっています。eSportsは欧米に限らず、韓国、日本、中国などのアジア諸国にも広がっています。つまり、より多くのお金がそこにつぎ込まれているのです。

インターネット上のゲームでゲーマーがちょっと楽しんでるだけだと思ったら大間違い。eSports Gamingは巨大なアリーナなどで開催され、数万人ものファンやサポーターが集まって大画面で観戦し、更に100万人以上もの人々がライブストリーミングで視聴しています。2015年だけでも、世界のeSportsの視聴者は2億1600万人と推定されていると聞き、驚きました。競技者は非常に熟練したスキルを持つプロたちで、賞金1,000万ドルをかけた大会が開かれています。その中でも有名なプレイヤーは、まだ10代でありながらすでに億万長者というから更に驚きです。ここまで人気があったとは!

eSports 大会

eSportsと呼ばれるゲーム対戦は、実際に体を動かすものではないのに「スポーツ」という言葉を使用するのは邪道と感じる人もいるかもしれません。が、ゲーマーたちは大会に向けて相当な時間とエネルギーを費やして練習に励んでいるのです。マルチタスクを瞬時に達成するスキルや、更に新しいスキルを身に着けることが必須となっています。

また、すべてのコンピューターゲームがeSportsのゲームの対象となるわけではありません。トーナメントは、Legend of Legends、Dota 2、CounterStrike、Call of Duty、World of Warcraft、Halo、StarCraft、FIFAなどといった、非常に特殊なゲームリストに基づいています。プロのeSportsゲーマーになるためには、現在いる超越した熟練レベルのゲーマーたちのレベルを目指す、いやむしろ、越えなければならないのです。

 

どのように始まった?

インターネットの普及1990年代、インターネットが普及し、ゲーマーたちにとっては大きな転換期を迎えました。各世帯で回線が持てるようになり、ゲーマーたちはどこにいてもネットゲームを楽しむことが可能となったのです。それに伴い、eSportsは大きく進化し始めました。熟練ゲーマーたちが対戦できるだけでなく、他の人たちがその対戦を見て、楽しむこともできるようになりました。

Youtubeはみなさんご存知ですね。ピューディパイ、ジャックセプティカイ、マーカプライヤーといった俗に言うユーチューバーとして人気者の彼らは、何百万というファンと視聴者がいるため、特にゲームが上手いわけでもないのに、Youtube上でゲームプレイをストリーミング配信するだけで軽く数千ドルを稼ぎます。

オンラインでお互いを見つけ合い、昼夜通して生活の99%もの時間をゲームに費やすようなゲーマーの生活を想像できますか?進化とともに、ゲーマーたちは徐々に熟練度によってランク付けされ始め、更に対戦ゲームは高度なものとなり、ゆっくりとこのようなゲームが独自のスポーツ、eSportsと呼ばれるようになっていったのです。

2011年には最初の公式世界大会が開かれ、2016年には巨大化したeSports業界規制のため、世界eSports協会が設立されました。

 

なぜeSportsがそんなに巨大になった?

前に述べたように、大勢の人々と対戦ゲームがあれば自然と大きなお金が絡むようになります。企業はゲーマーやイベントのスポンサーになることで、大きな利益を得られる可能性があることに気づき始めました。プレミアリーグのような伝統的なクラブチームは、大会の代表とするためにeSportsゲーマーと契約もしています。2016年にはイギリスで初めて、eSportsの大会やイベントを特集した番組を24時間番組として始めました。

ゲームの大会賞金は驚異的な額で、中にはスロットでジャックポットを当てるよりも高い1億円以上の賞金を獲得するゲーマーもいるほど。故に、ゲーマーたちは大会にすべてを賭け、常にプレッシャーと隣り合わせの状態なのです。2015年の世界選手権の最終戦では、3500万人もの視聴者が試合を見守りました。本当にスポーツの試合のようですね。

この写真はその時の観客たちです。これを見れば、eSports業界で多額のお金が動いていると聞いても不思議ではないですね。

eSports世界選手権最終戦での観客

オンラインカジノのプレイヤーさんは既にお気づきの人も多いとは思いますが、eSportsは信じられないほど多くの賭け金がつぎ込まれます。多くの人がeSportsに賭けることで興奮と楽しみの付加価値を見つけ、それにより多額のお金がスポーツベットやカジノ業界などからも流れているのです。

 

プロゲーマーになるには

韓国のゲームハウスそれではゲームをしまくってスキルを磨けば、全ての人がプロのゲーマーになれるのではないかと思ってしまいそうですが、それは大きな間違いです。

プロゲーマーの地位まで辿り着くには、常にゲームに専念し、多くのトレーニングが必要となります。韓国ではゲームをするために人が集まる、ゲームハウスというものが存在するほどです。イメージとしては、日本でいうところのマンガ喫茶が下宿場になったような感じでしょうか。

若者がそこに住み込みで共同生活し、毎日ただひたすらスキルを磨くためだけにゲームをするといった環境になっています。食事をするのを忘れないために、住み込みのメイドや調理師を持つ人までいます。最初は小さなゲームサイトで何時間も練習することから始め、プロゲーマーになるまでの道のりは実に長いのです。(*_*;

 

プロゲーマーの収入

さて、では実際にゲーマーたちはどのくらい稼ぐのかという点、気になりませんか?もちろん、大会での勝利数や企業との契約内容にもよりますが、数百万ドルから数千万ドルに及ぶそう。100万ドルということは、日本円にして1億越えではないですか!( ゚Д゚)

中国人のプロゲーマー、愛称ハオさんは、これまでに賞金だけで1億2千万ドルも稼いでいるそう。その他のゲーマーたちもコカ・コーラやレッドブル、日産、HTCなどとスポンサー契約を結んでおり、その額こそはっきりと公表されてはいませんが、プロスポーツ選手並みの億単位のお金を稼いでいるわけであります。なんと、アメリカや日本ではゲーマーへのアスリートビザの発行もあるようですよ!

プロゲーマーの驚きの収入

ゲーマーたちが大会にどれだけ真剣勝負を賭けているかは、過去の有名な大会を振り返ればわかります。2014年にシアトルで行われた国際大会での賞金総額は、スーパーボウルやツールドフランスをも上回っていました。チーム対戦型のゲーム、Dota2では16人のトップエリートゲーマーたちが会場で真剣勝負を繰り広げました。賞金総額は10,931,000ドル(12億以上)にもおよび、優勝チームはその46%の500万ドルを獲得したのです。ちなみに、2014年のスーパーボウルの賞金総額は990万ドルで、ツールドフランスでは273万ドルでしたから、ゲーマーたちの方が稼いでいますね。

 

eSportsの未来は?

eSportsの将来は?きっとみなさんも推測していると思いますが、eSportsは今後衰退するということはないでしょう。ファンの数やストリーミング配信での視聴者の数も着実に増え続けています。大会には人もお金も結びつき、業界も成長し続けています。2019年までには1113億円を超える賭博市場になると推定されています。近い将来、eSportsの人気と賭け金の点でいえば、サッカーやバスケなどのリアルな身体的スポーツを上回ることも十分考えられます。

ひとつだけ確かなことは、あなたがギャンブラーなら、この大成長中のeSportsをチェックしておいたほうが良いのではないかということです。この業界も、1度入ると病みつきになる可能性大です♪

ちなみに・・・プロゲーマーたちの姿を追ったドキュメンタリー映画、『リビング・ザ・ゲーム』が日本で2018年3月に公開されます。映画には、台湾が誇るトッププレイヤーのゲーマービーや、ウルトラストリートファイターで優勝したフランスのルフィも登場するそう。ファンにとっては気になるところでしょう。そちらも合わせて、今後eSports、是非チェックしてみてください♪