サッカーが世界で人気の理由

なぜサッカーは世界で最も人気のあるスポーツなのか?

サッカー人気の理由を解明!って考えたことありません?

サッカーが世界でも1番人気のあるスポーツということは、もしかするとランキングを見なくてもわかる明らかな事実で、誰も疑問に思ったことはないかもしれません。ただ、私はふと思った。なんで他の何でもなくサッカーなんだ?と。競技人口も観戦人口も圧倒的に多いサッカーだけど、なんでそんなに人気?

人気のスポーツでももちろんトップならば、スポーツベットでももちろん人気No.1。これはリサーチするしかないっ!ってことでネットサーフィンをしていると、ちょうど良くそんな感じの記事が海外のサイトにあるのを発見👀!!

この疑問、翻訳して解明していきましょう( ´ ▽ ` )ノ

ちょっと長めなので、お時間ない人は時間のあるときにゆっくり呼んでくださいネ。


Sportsbet.io Betting € 50 フリーベット.

|

 

Cherry Sports € 1000 ボーナス.

|


まずはサッカーに関する名言から読み解く

サッカーの王様、ペレを知っている人は知らない人よりも多いと思います。私の中学の英語の教科書にも出てきたブラジル人のペレ氏はサッカー人生の中で様々な名言を残してきました。その中で1977年に出版した自伝「サッカーわが人生」では、日本語のタイトルは記述の通りですが、英語のタイトルは「My Life and the Beautiful Game」つまり、訳すと「わが人生と美しいゲーム」になります。

ペレ氏が表現した「Beautiful Game」とは、サッカーそのものであり、この本のタイトルのこの1フレーズはポルトガル語の「jogo bonito」となって1998年にはナイキのサッカー広告にも登場しました。

サッカーは、他のどのスポーツよりも最高の美学の瞬間を生み出すことができるという意味が込められた言葉です。

さて、どんな背景でどんな美学が生み出されるのか。ここから先にいってみましょ。

 

美しさと醜さ

サッカーにも醜い一面もサッカーにはフェアプレーやチームワークなどの美しさがあるのと同じくらいに醜さというものもある程度存在しています。みなさん知っての通り、不正行為をするプレイヤーだっているし、シミュレーションを取ろうとするプレイヤーだっているし、見ていてちょっと不快になる側面だって持ち合わせています。

アタシの好きな監督、世界で最高の監督の1人でもあるマンCのペップ監督だって、批判を浴びることももちろんあります。2009年と2011年のチャンピオンズリーグ優勝クラブのバルセロナで監督を務めていたペップ監督でしたが、その戦術的ファールに見えたプレーを良く思わなかった人たちも多かったようですね。また、彼のチームは莫大なお金がかかっているとしてもちょくちょく批判の対象になります。

 

ドラマチックなテレビ小説よりも面白い?

サッカーの世界では、フィクションのテレビ小説シリーズよりもドロドロでビックリなことが現実世界で起きちゃいます。お金に関するスキャンダル、地理・政治的な外交、ファンの動き、フーリガンの行動、またあらゆるタイプの政治的・社会的観点からの暗号としてこのスポーツは使われることがあります。

以前、危険なウルトラスのいるクラブチームの記事を書きましたが、サッカー1つで大きな暴動が起きて、スタジアムの外で人が亡くなったりもしています。日韓W杯の際には八百長もありました。日本では背番号10番を着用できるプレイヤーはスポンサーがらみで決まっているとも言われています。

あらま、ノンフィクションでこんなに陰険な世界が現実にはあるんですね。

確かに昼ドラ監督もビックリだわ。

 

生涯サッカーにかける愛

1960年代から70年代にかけてリヴァプールの監督を務めたビル・シャンクリー監督。リヴァプールを改革した監督として有名ですが、そのサッカー愛も有名なようです。

「一部の人はサッカーは生死に関わる問題であると信じている人もいるようだが、そのような態度にはガッカリだ。」「私はサッカーというスポーツがもっともっとそれよりも重要だと保証できる。」という名言を生前残しています。

また、テレビ番組の対談で笑いながらこれは冗談ではないと語っていますが、奥さんの誕生日でさえも下のディヴィジョンのクラブに一緒にスカウト業務に行き、それが最高の誕生日だと考えるような人だったようです。

リヴァプールの監督を辞めた後でも、クラブのトレーニング場から身を引くができず、クラブの管理者たちが選手への影響を考えてシャンクリー氏に敬意を持って阻止をしなければいけなかったほど、サッカーに対して情熱的な人でした。

 

シンプルさ

世界中どこだってプレー可能!サッカーは地球上あらゆるところで楽しまれている唯一のチームスポーツです。ラグビーとクリケットはかつてのイギリス領だった国で楽しまれているスポーツ。NBA(バスケ)もNFL(アメフト)も世界中でかなりの視聴者を誇るスポーツイベントですが、サッカーに並ぶスポーツはありません。

オーストラリアやアメリカなどの英語を母国語とする国では独自にアレンジしたフットボール(アメリカンフットボール、オーストラリアンフットボール等)も開発されましたが、サッカーの人気は根強く残り、人気が下降することはなさそう。

このように永続的に人気が成長し続ける理由は、そのゲームのシンプルさにキーがあり、基本的にボールと身体さえあればどこだって楽しめるということがポイント。ブラジルの貧困街では有り合わせのものを寄せ集めてピッチを作ってプレイしたりもするそうです。必要なものはボールだけ。ボールがあればあとは蹴ってプレイするだけで楽しめるという自然さ、シンプルさが世界中誰でも楽しめるカギとなっています。

 

働く男のスポーツだ!

働く男のバレエイギリスにはブルーカラー、ホワイトカラーという労働者階級が存在していましたが、サッカーのルーツは実は元はブルーカラーにあります。

イギリスはサッカーというスポーツを生み出し、1871年にFAカップで世界初の競技大会と1888年に最初のリーグをつくることによって世界にサッカーを広めた国です。リーグは工業中心地にて発足し、創設された12クラブは全て産業革命が起きた北、または真ん中の地方の出身なのです。

ただ、支配階級はイートンファイブスのような公立高校でサッカーがプレイされることを好みました。ラグビーはラグビー学校という名前にちなんで名付けられたスポーツで、ボートレースのようなボート競技はロンドンのテムズ川でオックスフォード大学とケンブリッジ大学の間にて行なわれています。要は、上流階級のスポーツにしたかったみたいですね。

 

とは言え、スタジアムにて撮られる写真は世界ではほぼ一緒。アルゼンチンのリバープレート、ブラジルのフルミネンセ、そしてスペインのレアル・マドリードなどの中流階級層のルーツ持つクラブでも、テレビの市場が安定するまではスタジアムに労働者階級のファンが満員になることで支えられていたのです。

元イングランド代表で、チェルシーのミッドフィールダーでもあったアラン・ハドソン氏は、サッカーは一生懸命働いた後の楽しみになる「働く男のバレエだ」という名言を残しています。

最近ではイギリスのウィリアム王子はイギリスサッカー協会の会長を務めていてサッカー好きとして知られていたり、NBAのレブロン・ジェームス選手はリヴァプールファンとして有名で、世界のセレブたちにもサッカー好きが多くいます。でも、ゲームのルーツは常にゲームをつくり維持してきた労働者たちにあり、それもまた気軽に楽しめて親しめるスポーツとなっている理由でもあるでしょう。

 

ワールドカップ

W杯の存在は大きいアメフトのスーパーボウルはアメリカでは巨大なイベントで、世界でも一夜にして注目を浴びます。また、オリンピックは様々な競技の夢の頂点としてアスリート誰しもが目指すスポーツイベントですが、地球上で最大の単体スポーツイベントとしてサッカーW杯の右に出るイベントはないですよね。

アメリカのバラエティマガジンによると、イギリスの2,420万人以上が2018年W杯のイギリス対クロアチアの準決勝を観戦したとの数字が出ています。1966年の決勝、4−2で勝利し優勝を勝ち取った西ドイツとの試合では推定人口5,470万人のうち半数を大きく上回る3,230万人以上が観戦したとの統計が出ています。

実は、W杯に進んだことが一度しかない中国でさえ、2008年の北京オリンピック以降スポーツイベントの視聴者が徐々に増加し、昨年2018年のW杯では5600万人の視聴者がいました。この数字は、2008年に北京がオリンピックの開催地になった以降、スポーツイベントとしては中国国内最高となります。

 

プレイヤーにとっては、W杯以上の大会はないでしょう。クラブチームは選手の収入源ではありますが、実際のプレイヤーの真価はW杯にて問われます。

メッシ選手は現在の世代では素晴らしいプレイヤーの1人ではありますが、アルゼンチンを優勝に導くことなく代表引退が濃厚となっていますね。カタールでのW杯が行なわれる2022年にはメッシ選手は35歳になっているので、チャンスは遠のきそうです。3度の優勝を経験したペレ氏や1986年にアルゼンチンを優勝に導いたディエゴ・マラドーナ氏のように偉大なプレイヤーと言われてきた人たちは優勝という結果を残していますが、近年ではそれもまた変わってきましたね。

2014年のW杯決勝にてアルゼンチンがドイツに敗れた後2015年にメッシは「今後の人生、このチャンスをものにできなかったことを後悔すると思う。」と語っているそうです。

それほど、選手にとっても国を背負っての大会は大事だということですね。

 

地政学的なツールに

1950年以降コカ・コーラがFIFAとビジネス提携をし、ここ何十年かはビジネスとサッカーが結びついていましたが、近年では地政学的な土俵にもなっています。

ロシアのプーチン大統領の友人、寡頭資産家、そして政治家としても活動した経歴のあるロマン・アブラモビッチ氏は2003年よりイングランドのクラブチーム、チェルシーのオーナーを務めています。

マンチェスターシティは100兆円を超える資産を保有するアブダビ王族により2008年に買収され、これによりセルヒオ・アグエロ選手やケヴィン・デ・ブライネ選手など高額なスター選手の移籍を可能にしました。

これと同じようなシチュエーションで、カタール王国が運営するQSI(カタール・スポーツ・インベストメント)という投資機関はパリ・サンジェルマンを買収し、現オーナーとなっています。ネイマール選手が史上最高の2億2200万ユーロ(当時約291億円)とういう金額で電撃移籍したのも、このオーナーの存在が大きかったようです。

この2011年以降のカタールによるパリ・サンジェルマンのオーナーシップ、また2022年のW杯開催権はスポーツクラブが文化・社会的影響を得るという「ソフトパワー」の一例となっていて、サッカーはグローバリゼーションが定着するにつれて影響を得るスポーツ界のビジネスの象徴ともなっていっています。

 

テレビ収入として最も大きく、世界でもテレビを通して最も観戦されているイングランドのプレミアリーグのクラブでは、アメリカ人5人、ロシア人2人、中国人2人、そしてイタリア、タイ、イラン、マレーシア各1人ずつ、20クラブチームのうち計13人の外国人がオーナーとなっています。

 

世界的なスーパースターたち

他のプレイヤーとは別格のロナウドとメッシここ最近はずっと世界のサッカー界ではメッシ選手とロナウド選手、全く異なる2人のプレイヤーが支配するサッカーの時代が続いています。この2人の体格やプレーの仕方の違いは、サッカーは体格に限らず誰でもプレーできるスポーツだということを改めて世界中に広めました。

メッシは体が小さくて重心が軽いタイプの選手ですが、真逆のタイプの背が高くて体も強靭なロナウド選手との知名度や人気は同じぐらい高い。体格差はあっても、どちらの選手もすごい選手だということは世界中が知っていますよね。

この2人のコントラストは、マラドーナ氏とペレ氏と同じように顕著。1980年代のスターのマラドーナ氏はメッシ選手と同じような体型、1950年代から1970年代初頭にかけて激しい守備を乗り切るためにミドル級のボクサーのような体型を築いたペレ氏は現在のロナウド選手と同じような体型をしていました。

メッシ選手とロナウド選手は、アメリカのフォーブス誌にて【2018年世界で最も高給取りなアスリート】の2位(メッシ選手)と3位(ロナウド選手)にランクインしています。この2人のスーパースターは互いにキャリア通算600点超えを最近達成していて、まだまだお互いに記録を伸ばし続けています。

 

容赦なし!

サッカーには1年間のうちちょっとした休止期間というものがあります。というか、1年365日何かしらでも開催しているスポーツイベントはないんですけどね。

W杯決勝からプレミアリーグが始まるまでは1ヵ月ほど間がありましたが、その間にはアメリカやアジア地域への有益となるクラブツアーがあり、新しい選手を獲得するために移籍市場では何十億というお金が動きました。

イギリス人のコンビコメディアン、デイヴィッド・ミッチェル氏とロバート・ウェブ氏はイギリスのテレビ番組の報道を最高のパロディ動画にて説明。ミッチェル氏はテレビコメンテーターのような装いで、

「何千時間も何万時間もサッカーに費やせ!それぞれのクライマックスを!一定で、目まぐるしく、24時間、年間を通して終わらないサッカー!全ての試合のキックオフはおそらく誰かにとって重大な問題なんだ!全部見よう、ここで、常に、ずっと、終わらない、サッカーは公式に永遠のスポーツだ!サッカーでどこが勝ったかは最終的には一生決まらないんだ!」

と、サッカーを強烈に、熱狂的に宣伝したパロディ映像を公開しています。

このパロディでは大げさにサッカー番組に皮肉を込めているものになりますが、ゲーム自体の人気の上昇は止まらないようです。

 

平等への需要の高まり

女子サッカーの平等性も改善傾向に国際サッカー界での男女の不平等はたくさんあります。良い女性のプレイヤーはまともに生計を立てることができますが、それでもまだ男性のプレイヤーの方が所得が高いのが現実です。ファンの数も女性サッカーの方が少なく、FIFA自体にも女性の代表はいません。

でも、今現在女子サッカーに関しては将来に向け徐々に進歩していっている兆候があります。アメリカが優勝した2015年のFIFA女子W杯決勝戦は、2014年男子のW杯決勝の試合よりも観戦人数が多かったようです。アメリカの女子プロサッカーリーグ(NWSL)の人気は徐々に上がってきて、安定性も出てきています。そして、一般的な男女平等を求められています。

世界の人口は約77億人にもなりますが、そのうちの40億人はサッカーファン、そしてそのうちの幾らかの人は女子サッカーにも熱狂的な人たちみたいですね。

 

ファンの存在

ファンの存在も大きい「お金を払ってスタジアムに入ってきてくれるファンがいなければ、サッカーの価値はない」「僕らは時にそれを忘れがちだよね。」とスコットランドのセルティック元監督のジョック・ステイン氏は語っています。

ボタンを押せば世界中どこからでも試合を観戦できる今の技術的な時代には、ファンの存在は忘れられがちで、多くはプレイヤーに巨額な給料を払うクラブによって観戦に高値をつけられています。でも、ファンがもたらす色と音なしの試合は見る価値がないし、テレビで見てもまた同じ。

シーズンが短くて大きいスタジアムで試合をするNFLだけが、プレミアリーグやブンデスリーガよりも平均的に高いスタジアムでの観戦率となっているようですよ。

イギリスやドイツのサッカーファンは、自分がサポートしているチームの試合観戦のために国やヨーロッパを越えて応援しに行くことも惜しまない狂信主義として知られています。

最高の雰囲気、爆音の歌、そして超絶熱狂的なサポートがアウェーチームから感じられるはずですよ。フーリガンもまだ存在するものの、昔に比べるとそれも今はほぼありません。

 

陰謀・影の側面

マンチェスター・ユナイテッドはご存知の通り、イギリスの超名門サッカークラブで世界のどのクラブよりも収入を得ています。オーナーはアメリカのフロリダを拠点として事業を展開するグレーザー一家。なぜグレーザー一家がオーナーになったかはちょっと複雑な絡みがあるみたいですが、クラブで何年も監督を務めていたアレックス・ファーガソン氏がロックオブジブラルタルというサラブレッドの競走馬の所有権を他の競走馬投資家と共有していることが関係しているようです。

2人のアイルランド人のビジネスマン、ジョン・マグナー氏とJ.P.マクマナス氏は権力的なバランスを保てるようになるまで、クラブのより多くの株式を購入していました。ファーガソン氏との論争が解決した後、彼らがハッピーにシェアを手放し現金化したことで、2005年5月に全く評判のよくない買収方法によってグレーザー一家が新規購入し、オーナーになることになったようです。

このように取引の裏にある話が複雑で影のある陰謀の話はサッカーでは珍しくなく、スタジアムで起こり得る問題をはるかに超えた暗黒さがあるスポーツでもあります。

これがあるのもサッカーのひとつの面白み?

 

土曜日がアツい

イギリスにてテレビではトップレベルの試合は伝統的な土曜の午後3時の時間帯には行なわないと決められています。スポーツファンにとって、その時間帯のキックオフで約2時間も中継が行なわれるということはとってもありがたーいこと。

試合観戦には世代を超えて家族に受け継がれていることもしばしば。私がスペインでサッカー観戦に行った時もそうだったのですが、サッカーが文化として浸透している国は親子3代とかでスタジアムに来ていたりするんですね。

ファンは試合が見られなくても昔であればラジオでスコアの情報を追っていたり、バーなど他の場所でとにかく情報を得たりしていたようですね。最近ではもちろんスマホアプリやネットで確認。

良し悪し色々な影響があるにせよ、やっぱりサッカーは人気のゲームなのです。

休日は家族でスタジアム観戦も日常なヨーロッパ

 

まとめ:観戦もベットもやっぱりサッカーがアツい!

ちょうど昨日、UEFAチャンピオンズリーグの準決勝2ndレグ、リヴァプールとバルセロナの試合をテレビで見ていたのですが、1stレグ3−0で大幅リードしていたバルセロナが私は絶対に勝つと思っていたんです。試合にも、準決勝自体にも。そしたら、まぁなんとリヴァプールがまさかの奇跡的な4点を叩き込み、バルセロナの攻撃は完璧に封じられ、リヴァプールの大逆転勝利となったのです。この試合、面白くないワケがない!そして、リヴァプールサポーターの応援と歓喜の瞬間もすごかった。

こうやって、最後まで何があるかわからないというところもサッカーの面白いところ。まさにこれぞ、この記事に出てきた人気の理由を象徴したような試合でした。

もちろん、こういう大きな試合の時にはファンは願いを込めて自分の応援しているチームにベットをするのであります。そうすると、勝った時の嬉しさが倍増。負けた時も悔しいけど 笑

 

ここに出てきた中には「なんでこれが人気の理由?」とちょっと不思議に思えるものもありましたが、充分納得できる理由がたくさん揃っていました。チャンピオンズリーグは佳境、欧州リーグはそろそろシーズンオフになりますが、Jリーグは今アツい時期(*゜∀゜)=3 ってことで、夏もサッカーをアツく楽しみましょ!


William Hill Sport $ 100 フリーベット.

|

 

Spin Palace Betting

|