死と隣り合わせ:スポーツ惨事

死と隣り合わせ:歴史に残るスポーツ惨事

これまでのスポーツの歴史を振り返ると、スポーツはいつも死と隣り合わせと言える。トップを目指すほど、より死に近くなる・・・ファンはその忠誠心が死を招くこともあり、アイルトン・セナはグランプリでの走行中、事故死。このことは、モーターレーシングの安全基準に革命を起こすこととなった。私たちだけでなく、スポーツや国全体にまで影響を及ぼした、歴史に残る悲しい惨事10件をご紹介。


William Hill Sport $ 100 no wagering bonus.

BetVictor $ 500 ボーナス 350 賭け条件無しフリースピン.

1)スペルガの悲劇

スペルガの悲劇

 

1949年5月、ポルトガルでの親善試合を終えたイタリアのプロサッカークラブ、ACトリノの選手18名と監督以下スタッフ5名を乗せた飛行機が、イタリア、トリノ近郊のスペルガの丘に墜落した。乗員ほか8名を含む計31名全員が死亡。

当時のACトリノのメンバーは、イタリア代表にも名を連ねる選手達10人を含む強豪チームで、セリエA4連覇中だった。彼らを失ったことはイタリアサッカー界全体にとって大きな痛手となり、メンバーを丸ごと失ったACトリノはその後、クラブの建て直しが上手くいかず、次のスクデット獲得までに27年を要している。

ACトリノの主力メンバーだったサウロ・トマは怪我のため遠征しておらず、ハンガリー人FW、ラディスラオ・クバラも息子が病気のため急遽辞退しており、事故を免れた。葬儀はクラブの犠牲者全員を悼む国葬として執り行われ、約80万人が参列した。

 

2)マイケル・ワトソン

クリス・ユーバンクVSマイケル・ワトソン1991年のWBOスーパーミドル級タイトルマッチ、クリス・ユーバンクとマイケル・ワトソンの王者決定戦で悲劇は起こった。ワトソンが戦いを支配しており、11ラウンド、スタミナを失ったユーバンクにワトソンは右の連打を加え、遂にダウンを奪った。これで決まったかと思われたが、ユーバンクは立ち上がり試合は再開。そして間も無く、ユーバンクの放った右アッパーがワトソンの顎を捕らえ、更に返しの左フックで今度はワトソンがダウンした。あっという間の出来事に会場は騒然となった。

戦いは12ラウンドに持ち越す。フラフラのワトソンは手を出せず、ユーバンクの連打に耐える。一方的な攻撃にレフェリーは試合をストップするが、遅すぎた。ワトソンはリングで崩れ落ち、救急車が到着するまでの30分間、リングに横たわっていた。ワトソンは40日の昏睡状態の後、奇跡的に目を覚ました。脳に6回の手術を受けるが障害が残り、マイケル・ワトソンは、決して以前のような彼に戻ることはなかった。

 

3)ハンジー・クロンジェ

ハンジー・クロンジェクリケット選手だったハンジー・クロンジェの名前は、7言語のウィキペディアで検索できるものの、クリケットが日本であまり人気のスポーツではないせいか、日本語にはハンジー・クロンジェの名前はない。1990年代の南アフリカ国立クリケットチームのキャプテン、ハンジーは、南アフリカの最大の人物11位にも選ばれている実力ある選手だった。

ところが、2000年4月7日、インドの賭博シンジケートの代表であるサニャイ・チャウラとの間に、試合に関する対話があったことが明らかになった。ハンジーが八百長をしたという疑惑が浮かび、他3人のプレーヤーもまた関係していた。委員会の調査の結果、ハンジーはクリケット界に関与することを禁止された。このクリケット界からの追放に異議を唱えたハンジーだが、2001年に却下される。

 翌年、ハンジーのヨハネスブルグからジョージへのフライトが離陸せず、その後、他の機に唯一の乗客として搭乗した。ジョージ空港付近で操縦士は雲の中で視界を失い、使用不能なナビゲーション装置のために着陸できなくなった。旋回している間、飛行機は空港北東にあるアウテニクア山脈に墜落し、ハンジーと2人のパイロットは即死だった。彼は八百長の真実を隠すため、インドの賭博シンジケートに殺害されたと信じられている。

 

4)1972年ミュンヘン五輪

1972年ミュンヘン五輪スポーツと政治は結びつかないという古くからの格言は、あまりアテにはならない。オリンピックのようなイベントとなると、この2つは実にかたく結びつき、悲惨な結果を招くこともある。1972年のミュンヘンオリンピックでは、11人のイスラエル選手がパレスチナのテロリスト集団ブラック・セプテンバーによって射殺された。たるんだドイツの警備は、武器の入った荷物を持ったパレスチナ自治区の武装勢力8人を、オリンピック村を囲んだ塀を越えさせたのだ。そして彼らはイスラエルの宿泊施設に侵入し、アスリートを人質にして、イスラエル当局が234人のパレスチナ人の人質を解放しなければ、アスリート達を殺害するとおどした。

その結果、救助活動が失敗したということもあり、イスラエル人選手11人、ドイツの警察官、パレスチナ人5人が死亡した。しばらくしてイスラエル政府は、パレスチナの武装団体を葬るための大規模な組織「Wrath of God / 神の怒り」を発足した。

次のモントリオールで開催されたオリンピックでは、オイルショックが発端となった物価高騰で膨大な赤字を計上し、モントリオール市ではその後何十年にもわたり返済のために税金が使われた。それでもミュンヘンオリンピックでの犠牲者のことを考えると、その損失は比べ物にならない。

 

5)ヘイゼルの悲劇

ヘイゼルの悲劇

 

1985年、ヨーロッパ最大のクラブの2つであるリバプールとユベントスは、ブリュッセルで行われたUEFAチャンピオンズカップ1984-85決勝で初めて対戦した。 試合開始の1時間前から、酔ったリバプールのサポーターはユベントスのサポーターを挑発していた。ユベントスもそれに応じ小競り合いを起こしていたが、とうとう隔てていた防御用フェンスを破壊して、ユベントスサポーターのいるゾーンへと雪崩れ込んだ。襲撃にパニック状態となった大勢の観客は、襲撃を避けようとコンクリート製の壁に押し寄せ、1930年の建設から55年経つスタジアムの壁が倒壊。これにより「群衆雪崩」が発生して、イタリア人32人、ベルギー人4人、フランス人2人、イギリス人1人の計39人が死亡、400人以上が負傷した。

ベルギー警察当局の警備体制の不十分さやスタジアムの老朽化、ダフ屋による不正なチケット販売などもこの惨事の背景にあった。UEFAは制裁措置として、リバプールに対して6年間、イングランドのサッカークラブに対して5年間、UEFA主催による欧州での試合への出場停止処分を下した。

イギリス当局により実行犯となったリバプールサポーター25人が割り出され、裁判にかけられる。結果、14人が過失致死傷罪により有罪、7人に懲役3年、残りの7人に執行猶予3年の判決が下った。惨事のあと、サッカー監視法が制定され、暴力行為、人種差別行為、ダフ屋行為などを行った者は処罰の対象となった。また、スタジアムの安全性、警備態勢も見直されることとなった。

 

6)アイルトン・セナの死

アイルトン・セナ

 

アイルトン・セナの死は、フォーミュラ1の偉大な時代の終わりを告げた。 セナの世代は、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ゲルハルト・ベルガーといった勢力のあるドライバーを生みだしたが、彼らの車と自らの安全は限界まで追い込まれた。

セナは、イタリアのイモラ・サーキットで行われた1994年サンマリノグランプリの走行中、コーナーにさしかかったセナの車がコントロールを失い、走行ラインから外れ緩衝材のないコンクリートバリアにクラッシュした。その衝突で右フロントホイールがコックピット内部に侵入し、セナのヘルメットの右前部に激突して頭蓋骨骨折を負った。ホイールにつながるサスペンションは、ベル・M3ヘルメットを部分的に貫通、セナの頭部を損傷した。さらに、サスペンションのアップライト部の鋭利な部品がヘルメットのバイザーを貫通しており、セナの右目上に達したと見られている。ヘリコプターで病院に運ばれたが、意識が戻ることなく、間も無く死亡した。

セナの事故の前日にも、オーストリアのレーサー、ローランド・ラツェンバーガーも事故死している。FIAはサンマリノグランプリでの出来事を検証するための会合を開き、安全性が改善された。

 

7)ハッピーバレー

ハッピーバレー

 

1918年2月26日、香港のハッピーバレー競馬場で香港史上最悪の火災が起きた。当時、香港で唯一の競馬場のスタンドは竹製で、これが崩壊し、火災拡大の原因となった。

1846年に開設されたこの競馬場には常時たくさんの人々が詰めかけていたが、この日、突如観客のいるスタンドが崩れる事故が発生した。この時点ですでに多くの圧死者が出ていたのだが、崩れたスタンドの下には屋台があった。崩れたことで屋台も横転し、そしてスタンドに引火すると瞬く間に火が燃え広がったのだ。

皮肉にも、ハッピーバレーと呼ばれる競馬場は590名の犠牲者を出した。現在でも多くの人が詰めかける競馬場で、競馬が開催されていない日には内馬場が公園として市民に解放されており、スポーツを楽しむ人々の姿を多く見る事ができる。

 

8)アクラ・スポーツ・スタジアムの暴動

アクラ・スポーツ・スタジアムの暴動アフリカ大陸では、2001年4月の数週間の間に4つの大きなサッカー惨事が発生した。南アフリカ最大の都市、ヨハネスブルクでの試合では、43人が死亡、250人が負傷し、コンゴでは14人が死亡、51人が負傷した。そしてコートジボワールでは、警察とサポーターが衝突し、死者1人、負傷者39人を出した。

最悪の惨事となったのは、ガーナでのアクラ・ハーツ・オブ・オーク対アシャンティ・コトコのリーグ戦。ハーツ・オークが試合終了近くになって2回のゴールを決め、試合に勝利したことから、アシャンティのファンが椅子を投げだし始まった。警官隊は催涙ガスを発射し、ガスが広がるにつれてファンは出口に押し寄せたが、出口はロックされていた。それにもかかわらず警官隊はガスを発射し続け、人々は出口付近でパニック状態になり、126人が圧死、さらに多くの人が負傷した。

その年、アフリカのサッカー試合では、約200人が死亡した。フーリガン主義、攻撃的な警察の行動、安全性を怠っているスタジアムの組み合わせは、とんでもない大惨事を引き起こす。

 

9)ヌット・エネマルク・イェンセンとその他の選手達

ヌット・エネマルク・イェンセン

 

デンマークの自転車競技選手、ヌット・エネマルク・イェンセンが1960年のローマオリンピックでアンフェタミンの過剰摂取から競技中に死亡し、ドーピング問題は大きなニュースになった。のちに、イェンセンの検死の結果、死因は体からアンフェタミンが検出されたものの、日射病に起因していたことがわかった。そしてドーピング問題は他の多くの競技のように皆、見て見ぬ振りをしていた。2003年、ドーピング問題を無視して何年もたってから、わずか13ヶ月の期間にエリート自転車競技選手8名(そのうち4名が24歳未満、1名はわずか16歳)が心臓発作で死亡したことにより、この問題に直面しなければならなくなった。

アンチドーピング運動が強化されたが、ツールド・フランスに代表されるようにドーピング違反は止むことを知らない。このような状態が続けば、オリンピック種目から自転車競技が外されるという事態すら懸念されている。他の競技に関しても言えるが、選手達の薬物使用は年々巧妙になっている。

 

10)カラフル11

スリナム航空764便墜落

 

1989年、オランダ、アムステルダムのスキポール国際空港発スリナム・パラマリボ、ヨハン・ペンヘル国際空港行きのスリナム航空764便が墜落した。ヨハン・ペンヘル国際空港への進入中に樹木に接触し、機体を反転させながら墜落した飛行機には乗員乗客187名が搭乗しており、そのうち176名が死亡した。

当該機体には「カラフル11(イレブン)」と呼ばれるスリナム系オランダ人サッカー選手達18名が搭乗していた。彼らは貧しい地域で生まれ育ったプロサッカー選手たちで、スリナム系オランダ人サッカー選手の選抜チームがスリナムで試合を行うために飛行機に乗っていた。18名のうち15名が死亡、11名の生存者のうち、3名がカラフル11のメンバーだった。その3名であるシギ・レンスは骨盤を骨折して選手生命を絶たれ、エドゥ・ナンドラルは脊髄を損傷して四肢麻痺となった。ラデイン・デ・ハーンは椎骨骨折したが、その後もプロやアマチュアのサッカークラブでプレイを続けた。


21Bet € 1000 ボーナス.

Casino-X € 3950 ボーナス + 200 フリースピン.

Cherry Casino $ 2000 ボーナス 0 キャッシュバック.