WSOPポーカー世界大会チャンピオン

WSOPポーカー世界大会2017のチャンピオンは・・・

WSOP チャンピオンポーカー界は新しいチャンピオンの出現に盛り上がっています!アメリカ、ニュージャージー州ブリガンティンのScott Blumstein / スコット・ブルムシュタイン(25歳)は、初めて参加したWorld Series of Poker / ポーカー世界大会(エントリープレイヤー7221人)のメインイベントで、$ 8,150,000(約9億8百万円)を獲得し、同時にポーカーで最も切望される賞を手にし、ポーカーの歴史に自身の名を刻んだのです。

スコットは、ニュージャージーのオンラインサイトでかなりの時間を過ごしており、 オンラインの常連でした。そこで腕を上げたスコットは、いきなりチップリーダーとしてファイナル9に残ったのです。3日間に及ぶチャンピオンを決める試合の初期段階で、スコットはジョン / John Hespに簡単にポジションを譲りました。他のプレイヤーはスコットを減速させたものの、最終的に誰も、スコットが2017年のWSOPメインイベントのタイトルと810万ドルを獲得することを止めることはできなかったようです。 

スコット・ブルムシュタインイベント後、スコットの様子は謙虚さを絵に描いたようでした。トーナメントの記者会見での彼の最初の発言は、彼の両親のサポート、そして彼のスキルを向上させ、ファイナルテーブルに進出するのを助けてくれた友人たちに感謝するというものでした。

そして、今後ハイローラーイベントでのプレイを開始するかどうかという質問に対しては、彼は肩をすくめて、「多分しないな。」と言いました。 「私はこのゲームに自惚れてはいません。」と彼は付け加えました。

「私は自分自身のことを知っています。ほんの2週間前には、私はただのニュージャージーのオンラインプレイヤーであり、それは今も変わりません。このトーナメントは数あるトーナメントの一つに過ぎません。一貫性はなく、運もあり、ただベストを尽くすのみです。これら全てが良い方向に向かったんですよ。」

なんて謙虚な人なんでしょう!ですが、確かに運がスコットに味方したのは確かなようです。

 

ここで1位から9位までの順位をご紹介します!

WSOP 決勝戦 ダニエル・オット1位. Scott Blumstein —アメリカ $8,150,000
2位. Daniel Ott — アメリカ $4,700,000
3位. Benjamin Pollak — フランス$3,500,000
4位. John Hesp — イギリス $2,600,000

5位. Antoine Saout — フランス $2,000,000

6位. Bryan Piccioli — アメリカ $1,675,000

7位. Damin Salas — アルゼンチン $1,425,000
8位. Jack Sinclair — イギリス $1,200,000
9位. Ben Lamb — アメリカ $1,000,000

 

こちらも初めてのメインイベント出場となる、Daniel Ott / ダニエル・オット(25歳)は、470万ドル(約5億2500万円)で2位入賞しました。 ペンシルベニア州アルトゥーナのダニエルは、スコットとは全く違ったファイナルテーブルへの道を歩みました。ファイナル9の試合が始まったとき、ダニエルの順位は真ん中の5位でした。 しかし、チャンピオンを決定する3日間の試合の2日目、ダニエルは強烈に攻めのプレイをし、その日の終わりにはチップ数で2番手に入ったのです。スコットに追いつくために、実に勇敢な努力をしたと言えます。 しかし、スコットはうまく皆を突き放し、午前12時10分に彼の勝利は保証されました。

ベンジャミン・ポラックフランスのポーカープロ、Benjamin Pollak / ベンジャミン・ポラック(33歳)はファイナルテーブルの最後のヨーロッパ人であり、最終的には素晴らしい3ウェイポットで3位につけました。

ベンジャミンはWSOPの歴史上、フランス人プレイヤーにとって最高のフィニッシュである3位に入り、3,500万ドル(約3億9千百万円)を獲得しました。

アントワン・サウト

ファイナル9には2人のフランス人プレイヤーがおり、もう一人のAntoine Saout / アントワン・サウト(34歳)は5位に入り、$ 2,000万ドル(約2億2千3百万)を獲得しました。

 

ファイナル9の試合が始まったとき、イギリスのブリドリントン、ジャパカジも応援していたJohn Hesp / ジョン・ヘスプ(64歳)が唯一スコットに近いポジションにいたプレイヤーでした。 彼の派手なファッションセンスのおかげで、すでにトーナメントルームでは目立つ存在でした。カラフルなジャケットとパナマ帽がトレードマークの、優しさのある、人懐こい人柄はさらに注目を集めました。 彼は自分と同じテーブルに座ったプレイヤーとは瞬時に仲良くなるようでした。 真のアマチュアプレイヤー(ジョンの最初のWSOP出場はもとより、$250以上のBuy-in / 参加費のトーナメントは初となります。)は$10,000(約111万円)のbuy-in / 参加費のトーナメントのゴールは楽しいものとなったようです。

ジョン・ヘスプジョンの態度は観客皆を楽しませ、 ファイナル9の他のプレイヤーを除いては、ジョンが負ける姿を望んでいる者は誰もいなかったのではないでしょうか。しかし残念ながら、2日目の夜、最後のチップを失い、4位でフィニッシュして260万ドル(約2億9千万円)を獲得しました。 それでも、ジョンの存在はトーナメントにありました。 彼は決勝戦のテーブルに優雅に戻り、最終テーブルの試合のため、伝統的なシャッフルとディールをつとめました。このトーナメントで彼のファンとなった人々から 「ジョン!私たちはあなたを愛しています!」「アメリカに住んで!」などの掛け声が上がり、彼は手を振ったり、投げキッスで各ファンに応えました。 ジョンは決勝戦を観戦している間も、ファンとの記念撮影に快く答えていました。ジョンはプロポーカープレイヤーになるつもりはないそうですが、これからもたまにはトーナメントに出場したいと語っています。また、派手なファッションの明るいジョンをみたいものですね。

さて、決勝戦のスコットとダニエルのハンドはというと・・・

スコットはA♥ 2♦を持っており、ダニエルはA♦ 8♦、場にはJ♠ 6♠ 5♥ 7♥の4枚のカードでした。

スコット勝利後ここまではスコットもダニエルも、俗にいう「ブタ」ハイカードです。お互い役がない場合の勝負は、最も強いカードを持つものの勝利となるポーカー。この時点では二人ともAを持っています。なので、より強い2枚目のカードを持つダニエルが有利です。

この時点ですでに決勝戦は2時間を有しており、ダニエルがダブルアップしました。

そして5枚目の最後のカード、リバーが場に出されたとき、奇跡が起こりました。リバー・カードは2♥だったのです。結果、スコット・ブルムシュタインがすべてのチップを保持し、優勝となったのです!

今年のWSOPも個性あるプレイヤーがいろんなドラマを繰り広げた、楽しくエキサイティングなものでした。今から来年のWSOPが待ちきれないジャパカジでありますが、日本人プレイヤーにもますます頑張ってもらい、新たにどんなプレイヤーが登場するのか待ち通しいですね♪


PokerStars $ 600 ボーナス