WSOP2017チャンピオン、早くもフィニッシュ

WSOP2017チャンピオン、ブルムシュタイン早くもフィニッシュ

今年もエントリーしてました、昨年のWSOP2017メインイベントのチャンピオン、25歳のスコット・ブルムシュタインくん。

WSOP2017チャンプとなったブルムシュタイン

昨年25歳だったから、もう26歳になってるはずね。それにしても若いっ!

賞金の9億8百万円はどう使ったんでしょうか?それがすごーく気になるわぁ。

ブルムシュタインのハンドはイケそうだったけれど、あちゃー、しょうがないね、と思わせる試合の様子は次の通り。


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.

WSOPメインイベントDay1A

WSOP2018:スコット・ブルムシュタインの様子メインイベント初日、タイトル防衛をかけたスコット・ブルムシュタインの試合は、ブライアン・ユーンと大きなポットを賭けての絡み合いとなりました。

ブルムシュタインは800をベットし、ユーンはレイトポジションからそれを3ベットで3,700まで引き上げます。ブルムシュタインはそれをコール。

フロップでは♦︎6 ♣︎4 ♠︎4 となります。ブルムシュタインはベット3,000の時点でチェックコール。ターンは ♠︎3 が現れ、ベット10,000にチェックコールします。

ブルムシュタインのハンドは ♣︎10 ♦︎10、ユーンのハンドは♠︎A ♠︎J でした。ここまでは、ブルムシュタインが2ペアで有利ですよね。

そして運命の悪戯とも言えるリバー。リバーではブルムシュタインがベット27,350でチェックコールします。ユーンはオールインし、ブルムシュタインがそれに対してコール。リバーには♠︎2 が現れました。

ユーンはラッキーにもフラッシュとなり、勝利を手にしました。

ブルムシュタイン、惜しかったですね〜。勝てそうなハンドでしたが、リバーで大逆転。こういうことって、すごく珍しい訳ではないんですよね。それがテキサスホールデムの面白いところでもあります。数日前にも、日本チーム優勝できるか⁈と思われたゲームでまさかまさかの大どんでん返しがあり、惜しくも準優勝となってしまいましたからね。

去年のWSOPメインイベントのチャンピオン、スコット・ブルムシュタインは、今年Day1で敗退となりました。

また来年、会いましょうね♪


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.