ギャンブルで大勝した人々、10の話

ギャンブルで大勝利した人々のびっくりストーリー10話

プロフェッショナル・ギャンブラーのPhil Ivey(フィル・アイビー)は、2014年4月に9百万ドル(約9億9千万)の賞金を手にしましたが、これで驚いてはいけません。ギャンブルの世界には、もっと大きな勝利を納めた人がたくさんいるのです。その中でも印象的なストーリーを持つ方々10人を、今日はご紹介します♪

ストーリー1:メガバックスの悲劇

シンシア・ジェイ・ブレナンジャパカジでも何度か紹介しているので知ってる方も多いと思いますが、ジャックポットを当て、悲劇の人生を歩むこととなったこの方を抜きに話は始められません。

Cynthia Jay-Brennan(シンシア・ジェイ・ブレナン)は、ラスベガスのモンテカルロカジノでカクテルウェイトレスをしていました。2000年1月26日、シンシアは婚約者の母の誕生日を祝っている最中、莫大なジャックポットで知られるメガバックスを回してみることにしました。その9スピン目、なんとシンシアは歴史上2位となる34,959,458.56ドル(約38億4千万)の高額ジャックポットを獲得したのです!

2週間後、婚約者のテリーと結婚式を挙げ、誰もが羨む人生が待っていると思われました。しかしその4週間後、シンシアは自力で再び歩くことはなくなってしまったのです。前科16犯の酔っ払い運転手が、信号待ちしていたシンシアのカマロに激突したのです。この事故で同乗していた姉は亡き人となり、シンシア自身も胸から下が麻痺状態となってしまいました。新郎と一緒に世界を旅する予定が、自分自身で食事を摂ることも、自分の髪を梳かすこともできない車椅子の生活となってしまったのです。この事故で飲酒運転をしていたクラーク・モースは、最低28年の懲役を受けました。シンシアは、再び歩くことができるなら、そして、姉を取り戻すことができるなら、メガバックスの賞金を全て返金すると言います。

 

ストーリー2:クラップスのビギナーズラック

パトリシア・デマウロあるクラップス初心者の幸運は、驚異的なものでした。クラップスはいろんな賭け方のオプションがある、ペースの速いゲームです。ルールを知らないと、あれよあれよと速攻で資金が消えてしまう恐れがありますが、反対に、ただサイコロをランダムに投げ、たちまち大きな勝利を収めることもできるゲームです。

2009年、Patricia Demauro(パトリシア・デマウロ)が、アトランティックシティのボルガータ・カジノのクラップステーブルに近づいていきました。 パトリシアはすでに孫も数人いるおばあちゃん。まずパトリシアの友人が簡単に遊びかたを説明しながらプレイし、そして次はパトリシアがダイスを握りました。 そこから信じられないことに、彼女はなんと154回も連続して優勝したんです!パトリシアはいくら勝ったのかは決して明らかにしませんでしたが、使ったのはわずか10ドル。もっとも低い配当だったとしても、その50倍の額を勝利したのは間違いありません。

パトリシアのストーリーは、勝利した額よりも、154回連続で勝利した事実がびっくり!ですね。

 

ストーリー3:オタクはラスベガスを打ち負かす

マサチューセッツ工科大学 / MIT2008年の映画21は、大学生達が数学を使ってブラックジャックで勝つ方式を考案した架空の物語。それを実際に実行した学生達がいます。映画と全く同じではないものの、彼らの考えは同じでした。「オタクはラスベガスを打ち負かす」

マサチューセッツ工科大学 / MIT(全米屈指のエリート名門校の1つ)ギャンブラーチームは、カードカウンティングを実行しました。これは、今後のカードがある数より高いか低いか(絵札かそうでないか等)を明らかにするテクニックです。彼らは次のカードの確率を予想し、ベットをあげるのです。映画Rain Manを観た人も多いでしょう。あの映画のように、カードをカウントするのは天才でなくてもできるんです。6〜8デッキのカードを数えるのは難しすぎることではありません。しかし、ベットを正確に上げ下げし、結果、多額のお金を儲けたら、カジノスタッフはそれに気づき退去させられる可能性があります。

MITのこの学生チームは役割分担し、この問題を回避しました。数人のメンバーがカードをカウントし、それを3人目のメンバーに知らせ、ここぞという時にベットを上げる。同じテーブルに他のメンバーもおり、こちらは常時大きなベットでディーラー達の注意力を引くのだが、最終的に勝ち負け無し程度のプレイをする。この方法でMITチームは何年もの間、数億という額を稼ぎました。最終的にはカジノ側に見破られ、出入り禁止になりましたが・・・それまですでに十分稼いでいた彼らは、そのお金を使って投資会社を設立したそうです。

 

ストーリー4:ワンマンブラックジャックマスター

ドン・ジョンソンある1人のギャンブラー男性、 Don Johnson(ドン・ジョンソン)は、2011年の6ヶ月間、MITチームよりも優れたパフォーマンスを行いました。ドンはカードをカウントする代わりに、カジノと特別なルールを交渉して多額の賞金を手に入れました。

ドンが行ったのは、まず有利なゲームルールを持つカジノを探しました。カジノによって、ブラックジャックでは細かなルールがあります。例えば、1つのスプリットしか許されない、スプリット・エースは禁止、手が9,10、または11の時のダブルは禁止、等ですが、ドンが好むルールを持つブラックジャックテーブルのカジノを見つけ、ハイローラーということを餌に、4つのハンドまでスプリットができる、好きな手でダブルできる、など、加えて有利な交渉をしました。さらに、いくつかのカジノでは10%の損失をハイローラーには払い戻す、というキャッシュバックを提供しています。ハイローラーを引き留める為のカジノ側の手なのですが、ドンはこれを、20%のキャッシュバックにするよう交渉したのです。この意味は、ドンが50万ドルを賭けて勝利した場合、すべて保持でき、負けたとしても10万ドルは戻ってくるということです。そして、2万5千ドルまでのベットの許可を交渉しました。これは通常の状況下では全くプレイヤーに有利となる権利ではありませんが、ドンの場合には大きな助けになりました。

これらの条件の結果、ドンは3つのカジノから半年で1500万ドル(16億5千万)を獲得したのです!ドンは「アトランティックシティだけじゃなく、ラスベガスのどこのカジノでも私はもう歓迎されないよ。」と言ってます。


 

ストーリー5:孫の将来に賭ける

孫のハリー・ウィルソン祖父母のほとんどは孫のことを可愛がっているものですが、孫の将来について賭けるという人はそんなに多くないでしょう。Peter Edwards(ピーター・エドワーズ)は、3歳の孫が、フットボールスターになると常日頃考えていました。そこで、孫のハリー・ウィルソンがウェールズ・ナショナル・フットボールチームでプレーするということに£50(約7300円)を賭けました。(スポーツブックではいろんなことを賭け事にできます)この賭けはピーターに、2500倍のオッズを与えました。

2013年10月、ウェールズ代表はワールドカップ予選でベルギーと対戦し、 ウェールズとベルギーは1対1の引き分けとなっていました。そして試合後半、16歳のハリー・ウィルソンがデビューしたのです!誰よりも驚いたのは、ピーターが賭けた賭博会社のスポーツブックでしょう。ハリーはナショナルプレーでウェールズを代表する最年少の選手でした。 このハリーの出場で、祖父の£50の投資は£125,000(約1800万)という大金に変わりました。孫を信じるおじいさんの微笑ましい出来事、ですね。

 

ストーリー6:月に願いを

デビット・スレルフォール1964年、David Threlfall(デビット・スレルフォール)は英国の賭博会社(ブックメーカー)William Hillに、「人が7年以内に月面を歩く」という賭けのオッズは何倍になるのか?という手紙を書きました。William Hill代表者は、デビットにまさかのオッズ、1,000倍を提示しました。

その当時はまだ、本当にリスクのある賭けだったのです。ちょうど少数の人々が初めて宇宙に行っただけで、月面を歩くなどということはまだまだ遠い話に思えたはずです。それでもデビットは、月面歩きに£10を賭けました。正確な賭けは「1971年1月以前に、地球上のどの国からの男、女、または子供が、月、もしくは地球から同等の距離にある他の惑星、星、または天体に着陸する。」というものでした。

時間が経つにつれ、この賭けの成功の可能性が起こりえることとなってきました。人々はWilliam Hillに集まり、この賭けに参加し始めたのです。 デビットはJFKの「10年以内に人が月を歩く」という言葉を信じていたのです。そして、ついにその言葉が現実となったのです!デビットはテレビスタジオで、アームストロングが月に到着し、人類で初めて月面に降り立つのを見ていました。デビットはもちろんその場で£10,000(約145万円)の小切手を受け取りましたよ♪

 

ストーリー7:アマリロ・スリムのピンポン勝負

アマリロ・スリムThomas Austin Preston(トーマス・オースティン・プレストン)は彼の故郷と彼のウエストサイズからAmarillo Slim(アマリロ・スリム)というあだ名で呼ばれており、ポーカーの腕といろんな命題で賭けをすることで知られるプロギャンブラーです。アマリロは1972年ワールドシリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)メインイベントで優勝し、これまでにオマハで2本を含む4本のWSOPブレスレットを受賞しました。アマリロがWSOPで最後に優勝したのは1990年ですが、2005年のWSOPで開催されたポットリミットオマハ2500ドルのイベントで、Phil Iveyに次いで2位を飾りました。

アマリロはポーカープレイヤーとしても優秀ですが、どちらかというと彼の非正統な賭けで有名かもしれません。アマリロの行った賭けの中で、1939年ウィンブルドン・チャンピオンのBobby Riggs(ボビー・リッグス)と行った卓球戦は有名です。リッグズとのピンポン試合には、アマリロがラケットを他の物と変えて勝負することができました。賭け金は$10,000(約110万円)、試合当日、アマリロが選んだラケットの代わりは、フライパンでした!その前にアマリロは数ヶ月にわたり、練習していたのです。リッグスは始め慣れていないフライパンで苦戦していましたが、時期にコツを掴んできたようでした。が、十分に慣れる時間はなく、最終得点は21-8、でアマリロが賭けに勝利しました。

 

ストーリー8:モンテカルロで銀行を破った男

チャールズ・デヴィル・ウェルズカジノで「銀行を破る」とは、カジノを破産させることを意味するわけではありません。が、テーブル上のすべてのチップを勝ち取ることを意味します。Charles Deville Wells(チャールズ・デヴィル・ウェルズ)は、1891年にモンテカルロで銀行を破り、純然たる幸運によって数百万フラン(現在の50万ドル=約5千5百万円)を獲得しました。

チャールズは何よりもまず、詐欺師でした。彼は、ミュージカル縄跳びの資金調達を主張して、投資家から400ポンドを引き出しました。ところがそのお金をモンテカルロで素晴らしい時間を過ごすために使ってしまいました。なんて男だ・・・そこでチャーリーは、ルーレットを試すことにしました。どういうわけか、チャールズは11時間のプレイで正統に100万フランを上回るほど勝つことができたのです。信じられないほどのルーレットの幸運にもかかわらず、チャールズの運は尽きました。間も無く、彼はモンテカルロで勝利したすべてのお金を失ってしまいました。悪銭身につかず、ですね。その後、英国で逮捕され、詐欺のために刑務所に8年間入り、出所した後も2回逮捕され、亡くなったときは一文無しでした。安らかに眠りたまえ・・・

 

ストーリー9:50ドルから40万ドルまでの旅路

アーチー・カラス夢はラスベガスにコインで乗り込み、それをひと財産に変えることです。どういうわけか、Archie Karas(アーチー・カラス)はギャンブルの歴史の中でも、信じられないほどの幸運に恵まれました。アーチーは1992年、ポケットに50ドルを持ってラスベガスに乗り込みました。よくあるように、アーチーはその50ドルを簡単に失って・・・はいませんでした。アーチーはロサンゼルスのハイステークス・ポーカー・ゲームで、2百万ドル(2億2千万円)という巨額の損失を負ったばかりだったので、ラスベガスに来たときにはわずか50ドルしか持っていなかったのです。アーチーはホースシューカジノでばったり出会った友人に$10,000(約110万円)を借り、それを資金にハイステークスのRazzをプレイすることができました。この珍しいポーカーの変形ゲームでは、最悪のハンドを持つ者の勝利となるんです。アーチーは最近の自分の運勢を考えると、これが今の自分にとって完璧なゲームであると考えました。驚くことにアーチーは、$10,000の借金の3時間後、50%の利子を付けて友人に借金を返済し、さらにゲームを続けるのに十分な額を稼いでいました。

アーチーの幸運はそれから3年間続き、4000万ドル(約44億円)を稼ぎました。彼がどのように稼いだのか、が凄いのです。アーチーは7カードスタッドで最高のポーカー選手に打ち勝つことによって7百万ドルから1700万ドルにしました。さらに100万ドルを上回る9ボールプールを網羅しました。彼はプレイするすべてのゲームに勝ったのです。もちろん、時々負けるゲームもありましたが、それでも負けをいつも取り戻し、失った額よりもさらに多くの額を獲得したのです。

ところが、そんなに甘くないのが人生です。アーチーの主な落ち込みは、気をつけなければならないゲーム、クラップでした。彼は3週間で1100万ドル(約12億円)を失いました。バカラでそれを取り戻そうとし、さらにもう1700万ドルを失い、その後ポーカーで2百万ドルを失い、損失は1ヶ月足らずで3,000万ドル(約33億円)に達しました。しばらく休暇で母国のギリシャに帰国した後、アーチーはラスベガスに戻り、残りの1000万ドル(約11億円)にさよならを言いました。これはギャンブルの教訓なのでしょうか? 3週間後、アーチーは懲りずに4万ドル(約440万円)を借りて、100万ドル(約11億円)勝利しました。人生、山あり谷ありと言いますが、これらの出来事はアーチーが伝説となった要因なのです。

 

ストーリー10:ショーン・コネリーの17

ショーン・コネリーショーン・コネリーはギャンブルを身近に育ち、若い時には賭博場に父と一緒に通っていました。その「癖」はショーンから抜けきらず、俳優になった後も彼はギャンブルを続けました。

1963年、ショーンはイタリアのアルプスのカジノにいました。彼はルーレットテーブルへ行き、チップを17に置きました。そしてそれははずれました。彼はもう一度17に賭けましたが、またはずれました。3回目のロールで、ようやく17にボールが入りました。ショーンはそこに勝利したチップを残し、35倍の賭けは再びヒットしました。 2回連続してヒットした後、彼はまだ勝利したチップをそこに残していたのです。信じられないことに、3回目も17にボールは入ったのです!ボンド氏は17ミリオンリラ(約146万円、現在の市場では約2380万円)以上をたった3回のルーレットで得たのです。 3回目の17の後、ショーンは勝利金を集めて去って行きました。

一時期、ディーラーにルーレットで最もよくベットされる数字は?と尋ねると、答えは 【17】だった頃がありました。ショーンは1963年に見事17を3回もヒットさせましたが、彼は1971年に再度ヒットさせています。それは、Diamonds Are Forever / 007 ダイヤモンドは永遠に、の映画の中ですけどね♪(^ ^)