パチンコ & パチスロ ガイド

日本の国民的遊戯の基礎が分かる!

日本国民に大人気の(大人の)遊びと言えば、パチンコとパチスロ!遊んだことがなくてもパチンコという言葉を聞いたことがない人はいないのでは?オンカジが広まる今、改めてパチンコについての仕組みや遊び方について興味を持つ人が出てくるはず。そんな時は、このジャパカジのパチンコガイドでおさらいしておきましょー!!

パチンコガイド

パチンコ、パチスロで徹夜で並ぶ人の姿、1度や2度は見たことがあるはず。なぜそこまでして打ちたいんだろう。。。と、プレイしない人は思っちゃいますよね( ̄▽ ̄)

プレイヤーたちを惹きつけてやまないパチンコの魅力、いざ解剖していこうではありませんか!

そう、2020年からのステイホームの流れは仕事のホームオフィスからエンタメまでもが自宅へとその場を移し、オンラインカジノがこれまでにない盛り上がりを見せている真っ最中。

「ん?ところでそもそもパチンコ、パチスロってなにが違うんだっけ?」

と、今まで『スロット』という言葉を意識しなかった人も、オンラインスロットにハマってきて、

「今まで興味あったパチンコ・パチスロがもっと気になってきた!」

という人も、パチンコ&パチスロの全てがこの記事一本でまるっと理解できます★

パチンコ・パチスロはバブル期に比べると店舗数が現在は8,000店強とだんだんと数が減っていますが、パチンコ・パチスロを楽しむ人の数は1,500万人ほどいるそう。

市場規模も、20兆円と公営ギャンブルに比べ破格の規模を誇っています。Σ(゚ω゚)

台で使われる音楽や映像などの演出には版権が、台の開発にはICやマイコンなど最新技術がふんだんに使われ関連企業の業績や株価は新台リリースに左右されるなど、もはや国の経済にすら影響を与えているほどの国民的娯楽!

そうですよね、こんだけ人気だと実際に打ってみたくなる気持ちもわかります🎰

ということでさっそく、パチンコとは何かというおさらいから、遊び方、タイプ、一見難しそうなその種類と用語、初心者向けにオススメできる始め方までを、ジャパカジが全力でお届けします!

パチンコ・パチスロ、ネット上で遊べる?

あります!パチスロオンライン版!といっても、ちょっと説明が必要。

元はと言えば海外のピンボールのような遊戯が日本で独自の進化を遂げ、今では海外のカジノにも一部輸出されるまでに至ったパチンコ・パチスロ。デフレ経済の波に押され実店舗は縮小気味な中、オンラインの需要を取り入れようと一時期オンライン化の試みがありました。

遠隔で台を操作して、実際のパチンコ台を動かす、というコンセプトでしたが、結局業界団体の反対にあって今では全く見なくなってしまいました。「いや、リアルでパチンコ屋で実際に打つのがパチンコだろ!」というよりか、客足が遠のくと店の売上に悪影響があるということなのでしょう。

また、有名なパチンコ台のアプリがあったりしますが、課金制で換金もできない。これじゃ純粋にゲームプレイを楽しむだけで、パチンコで稼ぎたいという目的は捨てなければなりません。💰

そこで登場したのが景品交換ができるオンラインパチスロ(オンラインスロット)サイトと、リアルマネーでプレイができるオンラインカジノ。これらの違いも少し見ていきましょう。

オンラインカジノオンラインスロットの違い

オンラインスロットオンラインカジノ(ジャパカジで紹介!)
運営会社国内海外
賞品サイトに並ぶ景品現金で出金可能
ゲームシンプルな3×3のパチスロ、ポーカー多彩なスロット、各カジノのテーブルゲーム、ライブカジノ

・オンラインスロット

オンラインスロットと呼ばれるサイトでは、パチスロのような機種をメインに、オンライン上でゲームをプレイ、勝ったポイントを使って景品交換することができます。

例えば、下記のようなオンラインパチスロサイトが有名です。

  • Reno
  • ディーチェ
  • 嵐山
  • ミリオンキングダム
  • ミリオンゲームDX

オンラインスロットは、手に入れたポイントで景品を交換する娯楽で、運営サイトは国内で運営することを国から許可されているはずなので、その場合には違法性はありません。

しかし、国内で運営されているにもかかわらず、現金の受け取りが可能なサイトであれば、違法に運営されている可能性があります。ここは注意して確認してくださいね💡

ちなみに、オンラインスロットではこんな景品と交換することができます。🎁

  • 電化製品(テレビ・ルンバ…)
  • ゲーム(任天堂スイッチ・ゲームソフト…)
  • 食料品(カップ麺・ジュース・米…)
  • 日用品(シャンプー・水筒…)
  • Amazonギフト券
  • Web Money
  • iTunesカード

・オンライカジノ

オンラインカジノは、国産のサービスではなく、海外で運営されているカジノサービスサイトです。ジャパカジがいつも紹介しているカジノサイトも、全てこのオンラインカジノにあたります。

そのため、現金でのリアルなカジノプレイ、及び出金が可能とされています。いわゆる、私たちが海外のランドカジノ、ラスベガスなんかに行って遊ぶのが違法ではないのと同じようなことですね。

また、ジャパカジが紹介しているオンラインカジノは全て、厳しい審査を通過した上でライセンスを取得しているサイトです。つまり、安全性も公平性もしっかり保証されています。🦺

💝 人気&最新のオンラインカジノサイトが気になる?
老舗から最新のものまで、おすすめオンカジをずらりとご紹介!

海外のサービスなので、昔は海外チックなゲームが多かったものの、最近は日本プレイヤーの増加とともに日本テーマのゲーム(あの鬼◯の刃や、パズ◯ラテーマのスロットなんかも!)がかなり増えてきています。

中でもGolden Hero(JTG)という香港拠点のゲーム開発会社。日本人の美意識を完全に再現したオンラインスロットを数々リリース🌺 👙

パチスロやパチンコに慣れた日本のファンもすぐに受け入れられるゲームを提供しています。一部そのゲームをご紹介♪

👑 オンラインカジノの人気パチスロ4選!

ハワイアンドリーム

日本で人気の「沖スロ」を完全に意識したでしょ~?( ̄▽ ̄)って感じですが、いかにもパチスロらしい、トロピカルな雰囲気のワクワク感が詰まったスロット🌺

3リール3段のスロットおなじみフォーマットで、当たりラインは5通り。プレイヤーに還元される率(RTPと言います)は97%近くに上り、賞金の頻度が期待できるのがオンラインスロットの魅力。

ドリームオブゴールド

「キュイイイィィン!!」の音がニクイ!演出重視のスロットゲーム。RTPは96.41%。同じく3リール3段のフォーマットはこちらも日本人に馴染みの形。

当たりの額は小さめなものの、リスピン連のおかげで当たりが出る連鎖が多い(=ボラティリティが低い)のが特徴。

花魁ドリーム

その名も花魁ドリーム、日本のプレイヤーの心をつかむ萌系お色気キャラがフィーチャーされた3リール3段のスロット。

基本的に押し目などのテクニックは必要なく、ボーナス時にトリガーされるイベントなどの演出がとことん楽しめちゃう!RTPは96.34%。

バトルドワーフ

こちらも同じく3リール3段、日本のRPGゲームのバトルシーンを彷彿とさせる演出力の高さ。

ストーリーを見ているかのような引き込まれる力のあるスロットです!RTPは約96%。

パチスロ風スロットで遊ぶならやっぱりベラジョン!
ジャパカジから登録して$30ボーナスをゲットしよう🌟

パチンコとパチスロはなぜ合法なの?

ギャンブルやランドカジノが違法なのに、パチンコが合法なのって改めて不思議なもんですよね。

パチンコ・パチスロを合法たらしめている法的根拠が、風営法。法律に基づき許可をとった上でパチンコ店は営業しています。

監督官庁は、我らが警察庁。よって、パチンコ店を警察官が巡視していることも。

しっかり法律の規制に対応して、監督を受けながら営業しているのがパチンコ店ということなのです。

パチンコを規制している風営法というのは、刑法が刑罰の対象として除外している「一時の娯楽~」に留まるよう、様々な面からパチンコの運営に制限を設けており、刑法の規定に則って罰されないサービスになっています。

ちなみに、その刑法というのがこちら。

👮‍♀️ 💬 第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。

パチンコ玉と景品の交換によって運営されているパチンコは、合法ということなんです。(なんかちょっとずるい気もしますがw)

一方、競馬や競艇などのギャンブルは公営賭博と呼ばれ、堂々と国がこれはギャンブルです、と言って行っているものです。

従って、勝ち馬投票券や車券などは「貸し出し」ではなく、購入するんです。ちなみに公営ギャンブルの管轄は経済産業省、国土交通省、農林水産省などとなります。

パチンコとは?

パチンコが国民的遊戯なのは分かったし、玉がジャンジャン出てきたら嬉しい、パチンコ店はいつもジャンジャカ音がすごいのは知ってる…けど、パチンコの仕組みとかはあまり知らないよっていう方もいると思います。

最近オンラインカジノを始めたプレイヤーさんたちも、パチンコを打ちに行ったことがない人もいるはず。

オンラインって、本当に便利なんですよね(⌒-⌒; )✨

ちなみに、パチンコを一文でまとめると(by 辞典)こんな感じ。

パチンコ(日本国語大辞典より):
鋼の玉をハンドルではじいて、盤に配置された所定の当たり穴に入ると賞品玉が出、獲得した賞品玉の数に応じて、菓子、タバコ、雑貨などの景品と交換することができる射倖遊技。

でも、パチンコについて知識があると、パチスロ風のオンカジスロットや、オンカジの高い還元率を感じられて、これからのスロットプレイがもっと楽しくなること間違いなし!

さて、さっそくパチンコの歴史や仕組みについて、深掘りしていきますよーっ!

・パチンコの歴史

歴史を振り返るとまず登場したのはパチスロではなくパチンコなんですが、日本に持ち込まれたのは1930年前と言われています。

ヨーロッパの壁掛け式の遊技機がその原型でした。海外のものをなんでも独自のインスピレーションで自らの文化に昇華してしまう日本人の凄さがここでも発揮され、1930年には第1号店が日本でオープンしました。

1937年ころから戦争により娯楽産業は一時期休眠していきますが、戦後1946年になって復活。このころからいわゆる「風営取締法」というものが整備され、許可制で広まり始めました。意外に古いんだなーと思った人も多いのでは?

なぜ許可がいるのか?それは風営法の理念にも通じるところがあるのですが、射幸心をむやみに煽り立てて人として大切なものを見失ってしまわないように、ということです。

従って、大当たりしたとしても何十億円も手に入るとかではなく、そこそこに上限が設けられている範囲の中で楽しもう!ということです。

⚽️ 歴史の長いオンラインカジノで安心プレイ!
スポーツベットも豊富なウィリアムヒルで選べるボーナスを堪能しちゃおう★

・パチンコ・パチスロの仕組み

パチンコ・パチスロは位置づけとしてはギャンブルではなく「遊戯」であり、玉やメダルも「貸し出し」という形をとっています。

パチンコ店に入って台に座ると、コインサンドと呼ばれる自動販売機のような機械があります。これに紙幣を入れると、玉やメダルがじゃらじゃら~ッと出てきて、貸し出されるわけです。

これを使って遊戯を楽しみ、玉が増えればパチンコ・スロット台の中にクレジットとして貯まっていったり、ICカードにポイントのようにして記録されていきます。

遊技の結果、玉やメダルが増えれば最後に店員さんを呼んで景品と交換してもらいます。

遊戯なので、現金の直接やり取りするのは貸出のとき、そして遊戯を止めて景品をもらい、景品を換金するときのみ。

パチンコ店は”特殊景品”と呼ばれる景品を介在させることで、出玉を間接的に金銭と交換することが事実上可能になっており、この特殊景品を用いた営業形態を「三店方式」と言っています。

パチンコガイド|3店方式

なお、遊戯ですから、収支がプラスに成ることもあれば、元手が全てなくなってしまうこともあります。

・パチンコ・パチスロができるのは何歳から?

成人が20歳なんだから、20歳?いえ、パチンコ・パチスロが出来るのは、法律で18歳以上と決められています。しかし、高校生は18歳でもパチンコ店に入れません。🙅‍♂️

なんとか潜り込んで遊べたとしても、年齢確認で18歳未満であることが判明した時点で賞品も取り消しです。

健全な運営をしていくため、どこのお店もこれだけはとても厳しく運用しています。トイレを借りるだけでも、断られることがほとんどでしょう。

パチンコ・パチスロの遊び方

それでは、実際にパチンコ店に遊びに行ったつもりで、バーチャルで入店から退店までの流れを見ていきましょう!

  1. パチンコ店探し

まずは、どの店に行くか。パチンコの場合は玉の貸出は1玉4円、スロットの場合はメダル1枚20円がスタンダードです。

これより安いところもありますが、安ければ安いだけ当たりが出る確率が落ちますので、そこは好みの分かれるところです。初心者であれば安いところから始めるのがいいでしょう。資金が長持ちします。

また、遊戯で借りた玉の数が増えた場合、元に戻すときに価値が等しくならない場合があります。

  1. パチンコ台のモデルを選ぶ

パチンコ台の当たり確率が高くなっているものがあるとかないとか、これは外からは見分けられません。

通っているうちに、だんだんと釘の打たれ方などを見て入り具合を掴んでいくのが通常です。なので初心者の場合、この記事の最後にまとめたオススメの機種を選ぶと良いでしょう。

  1. パチンコ玉・スロットメダルを借りる

サンドと呼ばれる紙幣投入口に予算となる資金を投入すると、パチンコなら玉が、パチスロならメダルが出てきます。

台に直接クレジットされる台もあり、これはお店によって異なります。使い切ってから、次の予算を投入しましょう。

  1. ハンドルを回す・リールを回す

パチンコではハンドルを回して玉を発射、落ちていく様子を見ながら調整してポケット(台の穴)に入るようにしていきます。スロットはリールを回して、ボタンで止めていきます。

  1. スタートチャッカーを狙え!

パチンコでは、スタートチャッカーと呼ばれる大当たりの抽選をトリガーするメインの穴を狙っていきます。入りそうで入らなさそうで入りそうなのがまた楽しい!

  1. アタッカーが開くと大当たり!

スタートチャッカーに玉を入れていき、大当たりが出ると開くアタッカー、ここに玉を入れていくとじゃんじゃん払い出されます!

  1. 玉を取り出す

玉がたまってきたら、店員さんを呼んでケースに入れて積み上げてもらいましょう。自分で動かす必要はありません。台の呼び出しボタンを押すだけ。

  1. 終了

十分楽しんだら、店員さんを呼んで終了する旨伝えます。玉をまとめて運んで、数えてくれます。そして景品交換所で、景品と交換します。

・パチンコ&パチスロのゴールと目的

もちろん狙いは、玉をいっぱい出す、メダルをいっぱい出すこと。そしてその玉/メダルを使って景品を手に入れることです。

パチンコの場合はスタートチャッカーに玉が入ると、イベントが開始することになります。ただしイベント、つまり画面の演出が発生しているときにチャッカーに玉を入れすぎても、無効となってしまいます。4つまで貯めておける、などのルールが決まっているため、確認しておきましょう。

もし上限いっぱいにチャッカーに玉が入っていて演出が始まったら、一旦打つのをストップ。ひとまず演出を楽しんでから玉を打たないと無駄に減っていってしまいますので注意!

パチンコの景品|玉がたまったら交換!

遊戯を終了したら、カウンターで出玉を数えてもらってその数を記載したレシートを貰って景品交換所で景品と交換します。

ところで景品って一体何があるの?どんなものがもらえるの?ということで、一例をリストアップ★

  • お菓子
  • ドライヤーや調理具などの小型家電
  • ジュース
  • タバコ
  • 歯磨き粉などの生活用品
  • 特殊景品

特殊景品というのは、紛らわしい言い方ですが要は換金ということ。ゴールド(純金)の入っているケースで、近くの換金所で買い取ってもらい現金化する、ということになっています。パチンコは賭博ではなく遊戯なので、ちょっと回りくどいやり方をしているんですね。

ちなみにパチンコはギャンブルではなく遊戯のため、お店で遊ぶ、景品交換所で出玉を景品と交換する、景品買取所で景品を買い取ってもらって現金を受け取る、という「三店方式」になっています。ややこしいですが、法律上そういう運用になっているんですね~。

・パチンコの終わり方

用事ができた、お腹いっぱい、もう十分楽しんだ、資金を使い切った。などなど、パチンコを打つのを止めるタイミングは人それぞれ。

「パチンコはどうやって終わらせたら良いの?」という方へ、1つ1つの手順を追ってご案内していきます♪

  1. 玉を打ち出すのをやめる

追加でチャージしたりせずに、台の中に残ってるものは、返金できないので打ち切ってしまいましょう。

  1. 出玉を箱に移す

台の出玉口にあるボールはまとめて出玉箱に移します。量は多くないので、自分でやってしまいましょう。

  1. スタッフさんを呼ぶ

出玉箱をカウンターで数えてもらうため、店員さんを呼んで運んでもらいます。

  1. カウンターで計算してレシートを貰う

玉の数を数え終えると、数が記録されたレシートが渡されます。これを持って、景品交換所へ!

  1. 景品交換所で好みの景品と交換!

もちろん、好きなものを選んでOK。特殊景品をゲットして、あとで換金するのもOK!遊んで得た賞品や現金を堪能しちゃいましょう♪

パチンコ機種のあれこれ

みなさんご存知の通り、パソコン台にはいくつもの種類があります。大きなカテゴリーで言えばパチスロもパチンコの種類のひとつですし、パチンコ機種の中にも色んなタイプが存在します。

さて、大きなカテゴリー分類から小さなものまで、詳しく見ていきましょうか!

・パチンコとパチスロの違い

遊び方の流れとしては、先に紹介した流れで変わりません。

パチンコ台

パチンコの場合は、玉をチャッカーに入れていき抽選を起動させて大当たりを出すのがゴール。

パチスロ台

パチスロの場合はリールを回して自分で止めていきます。図柄(シンボルとも言う)を揃えるために、あの高速で回るリールを読めるようになる必要があるため、ちょっと練習が必要です。

なお、この「7」をそろえることを「目押し」と言います。

できない場合は、周りにいる人や店員さんに頼んでも全然OK。みんな応援してくれるんです!

・スペックの種類

パチンコの機種は、スペック別に分類することができます。それぞれ、高いものから低いものまで並べると次の通り。

当たり時の出玉数大当たりの確率
マックススペック★★★☆☆
ミドルスペック★★★☆★★☆☆
ライトミドル★★☆☆★★☆☆
ライトスペック★★☆☆★★★☆
甘デジ☆☆★★★

マックススペックに近づくほど、大当たりの確率は低くなるもののあたった際の出玉の量が半端ない!感じになります。

甘デジと言うのは、大当たりがマックススペックよりは頻繁に出るものの、一度の出玉の数は少なめになっている、という違いがあります。オンラインカジノで言うと、ローリスクローリターンのボラティリティが低めと言った感じですね。

パチンコを愛するファンの間では、ほとんどがミドル~ライトミドルを選んで打っているようです。玉の持ちと、当たったときの出玉の量の納得度合いのバランスがこの辺りの機種に収束していくようです。

初心者であれば、もちろん甘デジから初めてOK!いろんな演出が楽しめるでしょう♪

・機能別種類

  • 特殊スペック

イベントが発生した際、Vアタッカーと呼ばれる特殊なゾーンに玉を入れると大当たりにつながりやすくなるタイプ。

  • ハネモノ(羽根物)

スタートチャッカーと呼ばれるところに玉を入れると羽状の小さなアームが開き、そこに玉を入れると大当たりにつながるタイプ。

  • 一種二種混合機

台のデジタル画面で数字が揃った場合と、前述の羽根物の仕組みが合体したタイプ。

  • 時短突破型

時短と呼ばれる大当たり確率の高くなるタイミングで、電チューと呼ばれる玉を入れるところがパカパカ開きやすくなるといったスペシャルタイムに突入するタイプ。一気に出玉が増えます。

パチンコ台の選び方

それでは、パチンコを最大限楽しむために抑えておきたい情報「自分にぴったりのパソコン台選び」について確認していきましょう。

1. パチンコ店選び

人が少ないホール(パチンコ店のこと)は玉を出す気がなく、暇つぶしで近所の人が来ているような場合が多いです。ある程度、人の出入りも見ておきましょう。

換金率も要チェック。玉がいっぱい出ても、不利なレートだとあまり収穫につながりません。

イベント情報もチェックしておきましょう。あまり大型イベントの日にいきなり初めて行ってみると圧倒されてしまうかも知れません。ただし慣れてきたら、イベントは出玉に直結することが多いです。

他にも、釘調整の甘さ、客層など見ておくべきところはいっぱいありますが、これはやりながら体で少しずつ覚えていけば問題ありません。

2. 自分のレベルに合った台選び

特に初心者のうちは、ハイリスクハイリターンのマックススペック機種は避けましょう。

なるべく資金が長持ちする甘デジと呼ばれるスペックの台を選び、羽根物よりかはデジパチをおすすめしたいと思います。プレイ中のイベントが多く、玉の減りも遅めです。

当たってもそれほど多くの玉は出ませんが、まずは

  • 確変(当たりの確率が高くなる)
  • ST(スペシャルタイム)
  • 電サポ(電チューと呼ばれる入賞口、つまり玉の入る穴が高頻度で開き続ける状態)
  • 時短(大当たりの確率が高くなる)

など、台に起こる変化を抑えるところから始めましょう。

メーカーの機種で言えば、「海物語」が最も入りやすくなっています。店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。

3. パチンコ台機種の情報を確認

闇雲に打っても良い結果にはつながりません。台の機種、モデルの情報を抑えておくのも大切です。あまり複雑過ぎたり、理解できないものは避けましょう。

下記の特徴に注意しながら選んでみると良いかもしれません。

  • 継続率
    当たり確率が連続していく確率。もちろん高いほうがチャンスが高まります。
  • 潜伏確変
    確変、つまり当たりの確率が上がるものの、電サポ(玉が入りやすくなる状態)の起動回数に上限があるもの。
  • 遊タイム
    ハズレが続く運気のないときもあるもの。そんな時、規定回数大当たりが出ないと時短状態に突入するシステム。捨てる神あれば拾う神あり!

パチンコで勝ちたい!攻略・戦略法はある?

パチンコはRTPでいうと80%程度と言われています。つまり、参加者全員が100万円使ったとしたら、うち80万円程度が還元されているということです。

オンラインカジノのスロットゲームの平均96%と比べるとかなり低くはなっていますが、それでもパチンコ台の演出や雰囲気は根強く支持されています。

そんなパチンコで勝ちたい!という思いは、誰しもに共通します。そんな思いを叶えるべく必勝法の大前提を確認していきましょう!

  • スペックを理解する

闇雲になんとなく台に座るのは、止めましょう。初心者のうちは甘デジから。いきなりハイリスクハイリターンを狙っても資金がなくなって楽しくなくなります。

  • 収支を把握する

なるべく記録をとって、勝ったのか負けたのか、どんな条件だったのか、店、イベント、客層、玉の入りやすさ、時間、回転数、なるべく多くの情報を統計的に把握しておきましょう。

そしてもちろん、闇雲に打ち続けないこと。当たり確率設定は外からはわかりませんが、低い台に座っていたとしたらいつまで立っても出玉は減る一方です。

  • 期待値を収束させて勝ち負けを判断する

やはりパチンコも確率のゲームであることは否めませんので、当たる台なのかどうかはひたすら回して玉をねじ込んで統計を取るのが一番です。資金も時間もかかりますが、どうしても勝ちたい人は真剣に考えています。

数十回、数百回でも足りないくらいにとにかく数多く回し、収支を調べてみます。もちろん、換金レートも影響してくるので、店、台など色々な組み合わせの検証が必要です。

  • 勝ったらすぐ止める

RTPが100%でない以上、打ち続ければ必ず資金は底をつきます。当たって稼げた時点で、深追いはしないのが賢明です。

勝つまでの資金管理も重要。いくら追加でつぎ込んでも、当たらないものは当たりません。

覚えておきたいパチンコ用語

ここではいくつか、初心者さんも知っておくべき専門用語をご紹介!

  • ジェットカウンター(JC):出玉を数える機械のこと
  • サンド:紙幣を入れて玉を借り出す自動販売機
  • CR機:プリペイドカード方式の遊技台
  • ハウスルール:お店独自のルール
  • 右打ち:ハンドルを目一杯ひねって、玉が跳ね返って台の右側に落ちていくようにすること。アタッカーが右側にある場合はあたりが出たときにこの打ち方をする

まとめ

ここまで、パチンコのリアル店舗での楽しみ方から機種選び、そして台のスペック、種類まで網羅してお伝えしました!

パチンコやってみたいけど、そもそもどんな遊び方するんだ?と思った人にはイメージが掴めたはず♪

意外に、覚えることがいっぱいあるんだなあと思った人もいるかも知れません。そう、これだけ多くの人にアツい支持を受ける物には、難しそうで難しすぎず、ワクワクさせられるような遊び方のルール、いわば「ストーリー」があるもの。

簡単過ぎるゲームはファミコンだろうがスーファミだろうがすぐ飽きてしまうのと同じ。

初心者からすればちょっと複雑だけれど、だからこそ覚え始めたときの楽しみは何倍にも高まります!

いやー、ちょっとこれはハードル高い!店員に聞くなんて無理だし、一緒に行ける知り合いもいない、と言う人は、オンライン上でカジノゲームを試してみるのも全然アリ。

そんな人はジャパカジが徹底サポートいたします!オンラインカジノの各サイトレビューからゲーム種類、カジノゲームの遊び方まで、専用ページでガッツリ解説★

オンラインカジノはパチンコ店のような賑やかさ、ハンドルの感触、玉の転がる音などのリアル臨場感はないものの、演出も凝っていてなによりRTPが高いため、賞金獲得の期待はパチンコ以上という魅力もあります。

また、ライブカジノではリアルなカジノスタジオからプロのディーラーが生配信を行っており、本場さながらのブラックジャックバカラなども楽しめるんです♪

まだの人は、オンラインカジノもぜひチェックしてみてくださいね!

japacasi-line

👆友だち追加してね♪ ジャパカジ公式LINE
お得情報・新着ニュースも配信してます♪ つぶやき、お問い合わせもこちらから!

japacasi-twitter

👆キャンペーン情報だけじゃない♪ ジャパカジ公式ツイッター
オンカジ業界のこぼれ話や裏話、マルタの情報もつぶやいてます♪ フォローしてね!