ラスベガスで勝った-税金は?

ラスベガスのカジノで得た勝利金に税金?

課税?多くの国、例えばドイツやイギリスではギャンブルによる利益は無税です。これらの国の立法機関は、ギャンブルでの利益は偶然に生じたものと仮定しているので、正規の収入ではないとして無税なんです。ですが例外としてプロのギャンブルプレイヤーには課税されます。といっても、プロギャンブラーだとどうやって分かるのかという疑問点が残りますが・・・

しかし、米国では事情が違います。 ギャンブルによる利益は可能な限り高い税率で課税されます。米国市民ではないからといって、自動的に免税になるという訳ではないんです。

ではどうなるの? ということで、外国人がラスベガスをはじめとする米国の都市でカジノを訪れ、そこで利益を上げたとしたら、税金事情はどうなっているのか調べてみました。

 

👇ジャパカジプレイヤーさんに大人気の新カジノはこちら!
​今すぐ登録してジャパカジ限定ボーナスをゲットしてね♪

LeoVegas ¥ 70000 ボーナス + 30 入金不要フリースピン.

|


SimpleCasino $ 1000 キャッシュバック.

|

 

🤓初心者必見!まずはここから
超カンタン解説!🔰オンラインカジノのはじめ方

 

 

テーブルゲームの利益に対する税金

テーブルゲームの勝利金は課税?もしかすると、ラスベガスのカジノのテーブルゲームで得た利益は税金から免除されているという事実を聞いたことがある人もいるかもしれません。しかし、これは完全に正しいとは言えないんです。基本的に、ギャンブルによるすべての利益は課税される事になっています。 しかし、ブラックジャックルーレットバカラパイゴウクラップスなどのゲームでの利益を税務当局に申告するのはプレーヤーの手に委ねられています。 カジノ側は賞金を報告する義務はありません。

とまぁ、自己申告ということです。この「ゆるさ」はおそらく、テーブルプレイヤーが高い利益を上げることを米国の税務当局が期待していないためでしょう。しかし、カジノ側はというと、これらのテーブルゲームにおいて、ベット額の300倍を超える利益、 または600米ドルを超える利益があった場合は、それを報告する必要があります。しかし、このような高い賞金はそうそう出ません。もしくはハイローラーだとすると、600米ドルの利益はよくあることでしょうが、カジノ側がそれを逐一報告しているとは思えません。

 

 

スロットマシンとビデオポーカーでの利益

スロットの勝利金は課税?ビデオポーカー、キノ、スロットマシンでは、時に巨額の利益を得ることがあります。マルチプライヤー機能やプログレッシブジャックポットでドカンと利益を得ることができるので、納税義務の面ではテーブルゲームと少し異なります。

これらのマシンで1,200米ドルを超える賞金を得た場合、カジノスタッフがそのマシンに来て装置のロックを解除する必要があると規定されています。ワタクシの友人がラスベガスのスロットでそこそこ勝ったことがあるのですが、その時も派手な音と共に電光チカチカ、そしてマシンはストップするので、スタッフが来るのを待たなければなりませんでした。さらにカジノは、1万ドル(約110万円)以上の勝利金について、米国市民だとW2-G用紙を受け取り、関係当局に現金取引報告書(CTR)を提出する必要があります。

 

👇ジャパカジで大人気のカジノはこちら!
​今すぐ登録してジャパカジ限定ボーナスをゲット♪

Casino-X ¥ 3000 入金不要ボーナス + ¥ 395000 ボーナス + 200 フリースピン.

|


Casitabi $ 40 入金不要ボーナス + $ 500 ボーナス または 100 フリースピン.

|

 

💥RTPの高いオンラインスロットTOP10を紹介
2019年の最新版を読みたい方はこちら
【2019年版】勝てるスロットTOP10!

 

 

外国人がマシンで大当たりした場合

外国人がビデオポーカーキノ、スロットマシンのジャックポット等で大当たりした場合、賞金の30%は通常カジノで保持され、税務当局に支払われます。しかし、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、オランダ、ロシア、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、チュニジア、トルコ、ウクライナ、英国の市民なら、米国政府によってギャンブルの利益に対する利益に課税しない契約を結んでいます。

しかし、上記の国々の中には、日本のようにギャンブルでの利益に税金が適用される国も含まれています。それらの国では、帰国すると各国の税務当局に直接支払わなければなりません。一方、ギャンブルの利益が免税の国では、賞金は完全に非課税です。

 

 

日本のギャンブルの利益に対する税金

日本では、ギャンブルから得た利益は「一時所得」として税金の対象となるため、確定申告を行い納税する義務があります。ここで言うギャンブルとは、競馬・競輪・パチンコ・オンラインカジノ及びにランドカジノ、とまぁ、全ての賭け事です。あ、ちなみに、宝くじに当選した場合は確定申告の必要がありません!

一時所得には最高50万円の特別控除があり、年間50万円を超える利益を得た場合には税金がかかり、確定申告を行う必要があります。

二重に課税?税金は「ギャンブルで得た総収入」から「その収入を得るために使った額」と「特別控除額50万円」を差し引いた額から算出します。ですが、「その収入を得るために使った年間額」はその本人のみぞ知る・・・きっちり把握している人はいるんでしょうか? やはり日本でも「ゆるい」ようです。

もし、米国で勝利金に対して税金を取られてしまった場合、日本に帰ってきてさらに税金を払わなけれならない、なんてことにならぬよう、知っておくと良いことがもう一つあります。米国で税金を払った場合、その税金額を日本の税金額から差し引いて払うことになります。

ほとんどの人は、ラスベガスでプレイする際、税金について考える人は少ないでしょう。 しかし、知っておくといいのは確か。さぁ、大当たりした際の税金の知識はこれで得られました。あとは・・・・

ドカンと勝つのみ!!!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

👇ジャパカジで大人気のカジノはこちら!ドカンと勝ってね♪
​今すぐ登録してジャパカジ限定ボーナスをゲットだー!!

Joy Casino ¥ 395000 ボーナス + 200 フリースピン.

|


Videoslots $ 200 ボーナス + 4200 賭け条件無しフリースピン.

|

 

😎日本円でプレイしたい方は必見です!
日本円でプレイできるオンカジまとめました!

 

 

👇お得情報・新着ニュースも配信中♪ ジャパカジLINE 

 お得情報・新着ニュースも配信してます♪  つぶやき、お問い合わせもこちらから!

ジャパカジLINEはじめました!詳細ページへ

 

👇雑談や質問が気軽にできる♪ ジャパカジ掲示板

ユーザー同士の交流や雑談、ジャパカジスタッフへのお問い合わせ、なんでも大歓迎!

ジャパカジ掲示板はじめました!詳細ページへ