テキサスホールデム初心者が犯しがちな10のミス

テキサスホールデム初心者が犯しがちな10のミス

テキサスホールデムポーカーをプレイする時、初心者プレイヤーがしがちな一般的なミステイクがいくつかあるよう。駆け引きが重要となるゲームですからね、一人前になるには時間がかかるゲームです。

これらのミステイクや罠を避けることで、ワタクシを含めたテキサスホールデム初心者のゲーム勝敗を大幅に改善できるそう。さらに重要なことは、負けてすってんてんになるのを防ぐことができるそうです。

ポーカー初心者が犯すミステイクとは

 

弁護士であり、ポーカープレイヤーとしても成功し多くのポーカーに関する書籍を出版しているJan Meinertが、ある本の中で、テキサスホールデムの最も一般的でありながら最も高くつくミステイクと、それを回避する方法について書いています。

ブラックジャックではちょっとばかし自信のあるワタクシも、ポーカーはド素人。腕を上げたいな、と思っている毎日です。ポーカー初心者のあなた、ワタクシと一緒にJan Meinertの言っていることに耳を傾け、お勉強しましょ。


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.

ゲーム責任のテキスト |


1:ポジションを無視するな

ポジションは、すべてのホールデムゲームで最も重要なことの1つ。アクションの順番が遅いほど、決断の基礎となる情報が多くなります。

レイトポジションでは、相手の行動を「予想」するのではなく「反応」することができます。

【ボタン】が最も良いポジションである理由はここにあるんですね。これを感じることが出来るようになったワタクシです。

 

2:攻撃的すぎるべからず

ポーカーをプレイする際、積極的であることは確かに重要だが、その適切なタイミングを見計らうことはさらに重要なこと。

相手が強いハンドを持っている可能性が高い場合は、大きな賭けをして相手をフォールドさせようとはしないこと。長い目で見ると、この行為はたくさんのお金がかかることとなります。

8人以上のプレイヤーがいるゲームでは、通常そのうちの1人が強いハンドを持っていると言えます。それをフォールドさせようとすることは、良いアイデアとは言えません。

 

3:多すぎるテルを与える

多くの初心者プレイヤーは配られたハンドに従ってプレイし、行動します。 経験豊富なプレイヤーは、開いた本を見るように、初心者プレイヤーのハンドを読むことができます。

簡単なことではないですが、あまりにも多くの「テル」を与えないように気をつけましょう。エースが配られたとき、またはフラッシュをヒットしたときなど、反応しないように。そして7-2を配られたときなど、不機嫌さやガッカリ感を表さないように。

どんなハンドでも反応しない

 

そんなのわかりきった事じゃん?と思いますが、多くの初心者が自分の幸運、または不運に反応するのを防ぐことができないそうです。実際にポーカーをテーブルでプレイする際、感情を隠す方法を学ぶことは必須です。ワタクシもポーカーフェイスを保とうとしますが、つい感情が出ちゃってる瞬間があるように思います。習得するには少し時間がかかりそうです。

 

4:ベットサイジンズが悪い

ノーリミットホールデムでは、多くの初心者プレイヤーが自分のベットを適切に設定することに戸惑い、その結果、ライズが多過ぎたり少な過ぎたりします。

例えば、25ドルのポットに1ドルをベットすることは意味がありません。あなたがまともなハンドを持っているなら、これでは大きなポットを得られません。もしくはブラフしようとしているのなら、このような小さなベットでは成功しません。

ベットサイジングは、ポットのサイズに応じてベットしましょう。 ポットの半分からポット全額の間のベットが、常にベットに適したサイズと覚えておくと良いでしょう。

 

5:プレイするハンドが多すぎる

あまりにも多くのハンドをプレイすることは、初心者が犯す最も一般的なミステイクの一つです。経験豊富なプレイヤーは、自分のハンドの10〜30%をプレイします。

初心者は10〜30%より低い%でプレイするべきです。カードが配られた際、多くのハンドはまともに思えるかもしれませんが(例えばK-T)、長期的に見れば敗者となります。よっぽど良いハンドでない限り、フロップ前に、ホールカードを捨てるのみ!


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.

ゲーム責任のテキスト |


6:テーブルの人数を無視する

ホールデムポーカーの重要な要素は、あなたのハンドの価値は残っているプレイヤーの数と共に減少するということです。

対戦相手が2人しかいない場合、A-8のようなハンドは良いハンドです。しかし、8人のプレイヤーが残っているならば、その中の誰かがより強いエース、または大きなペアを持っているという合理的な可能性が大だということを忘れてはなりません。

 

7:恐ろしいベットでプレイする

経済的限度を知ってプレイ

 

あなたの経済的限度を超えるベットでプレイしてはダメ!

あなたの前のベットの価値が限度を超えて多すぎると、あなたは精神的な壁に直面するでしょう。対戦相手がそのベットに対してまだ快適なゾーンにいる場合、あなたは良い決断をすること、限度を超えたベットでプレイすることに非常に苦労するでしょう。そして相手はあなたのその弱さを捕食します。

バイインがすでにあなたにとって多きな金額だと感じる場合、あなたは間違ったテーブルに座っています。

 

8:次のカードを見るためのコール

初心者はポーカーを「役を作る」ことだと考える傾向があります。なので、リバーまでどんな役が出来るかとどまるのです。

実はこれは、とても高価な考え方​​。ポーカーは役を当てるゲームではありません。お金を稼ぐゲームなのです。

次のコミュニティカードを見る為に高額をつぎ込むくらいなら、手放す方が身のためです。ブラフやショーダウンで勝負することによって、あなたのハンドが勝つという現実的なチャンスがあると確信していないなら、手放す方が確実です。

ワタクシもこれ、やってしまいがち。何がコミュニティカードに現れるかは分からないでしょ、と思ってしまうんですよね。でも運に任せるプレイの仕方は、続かないのは確かですね。

 

9:感情に支配されたプレイ

初心者だけではなく、多くのポーカープレイヤーはポーカーをする際に自我問題を抱えるものです。彼らの思考ではなく、感情が彼らのプレイの仕方を決定するからです。

しかし、ポーカーでは(他のカジノゲームでも同じだとワタクシは思いますが)感情的なプレイは常に罰せられることとなります。感情に左右され、悪い決断をしないように。辛抱し、いつも冷静でなくてはなりません。多くのプレイヤー、時には経験豊富なプレイヤーでさえ、感情に支配され失敗します。

 

10:過大評価の同スーツ

頻繁に初心者は、ホールカードが同スーツの場合、過大評価しがちです。例えばスペードのK-5は、フラッシュとなる可能性があるのでプレイ可能なハンドのように見えるかもしれませんが、ホールデムでフラッシュが出来るのは非常にまれなのです。

同スーツのホールカードでフラッシュとなる確率は、約8%だけ。それを頼りにプレイすることはお勧めしません。

同スーツのホールカードは・・・

 

以上がJan Meinertの語る、ホールデム初心者プレイヤーが犯しがちな一般的な10の失敗です。確かに思い当たるフシが、ワタクシにはいくつかあります。いや、ほとんどかな?笑

次にポーカーをプレイする時には、これらの事を念頭に置いてプレイしてみようっと。バストせずにいつもより長く生き残れるかな?


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.

ゲーム責任のテキスト |