ポーカーハンドを読む3つの方法

ポーカーハンドを読む3つの方法

何やら巷で人気のポーカー、プレイ方法は覚えたから運が良けりゃ勝てるかな?というあなた!

そりゃ、ホールカード(2枚の手札)の運もありますけどね。でもそれだけじゃ、勝てないのよ。めっちゃ良い役がいきなり来れば別だけど、テーブルでテキサスホールデムをプレイするにしても、オンラインカジノでプレイするにしても、相手のカードを「読む」術を知らないと、資金を無駄に使ってしまうのよね。

何年にもわたって進化してきたポーカー。ルールがわかったら、次のステップは相手のカードを読み、勝負すべきか降りるかを見極め、稼ごうじゃありませんか。

「この場合、降りるべきかどうなのか・・・相手はいいの持ってそう・・・危ないなぁ。でもコールしちゃえ!」と運任せでプレイしても、運は永遠と続きません。間もなくすっからかんになっちゃう。

そこで、ポーカービギナーのあなた!一般的なカードの読み方を、ワタクシと一緒に勉強していきましょ♪

ポーカー用語、ルール等、わからないものがあったらココをクリックしてテキサスホールデムガイドを見てね。


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.

自分の手 vs 相手の手

NLHE(ノー・リミット・ホールデムの略)を6人でプレイしていると仮定します。ワタクシはボタンで A♠︎ K♠︎を持っています。ホールカードとしてはまずまずのカード。ミドルポジション(6人プレイの場合はボタンの右隣り2名、10人プレイの場合はUTGの左、3〜5番目にあたる3名のポジション)のプレイヤーがコールしたら、少しレイズしてみます。それでもミドルポジションがコールして来るなら、8-8以上のペアを持っている可能性大です。フロップは A♦︎ 8♡ 7♣︎となり、フォールドした方が良いことがわかります。

ポーカーテーブル

自分の手と相手のレンジ(範囲)

NLHEを6人でプレイ、ワタクシはボタンで A♠︎ K♠︎を持っています。ミドルポジションのプレイヤーがコールしたら、レイズしてみます。それでも相手がコールしてきたら、対戦相手はどんなホールカードを持っているのでしょうか?考えられるのは、2-2、3-3、4-4、5-5、6-6、7-7、8-8、または9-9のペアの可能性大。もしT-T(10-10)、J-J、Q-Q、K-K、A-Aのような大きい数字のペアを持っているなら、レイズして来る可能性大です。相手がどのようなアクションをしてくるかによって、どのようなホールカードを持っているかを考えます。

相手がコールする場合のレンジ:
2-2〜9-9のペア、A-9からA-Qの同スート、A-J または A-Qのスート違い、K-Jの同スート

相手がフォールドする場合のレンジ:
A-2〜A-8の同スート、A-8またはA-9のスート違い、K-Jのスート違い、Q-Jの同スート、Q-Jのスート違い、J-Tのスート違い

相手がレイズする場合のレンジ:
T-T〜A-Aのペア、A-Kの同スート、A-Kのスート違い

が可能性としてあります。相手がフォールドするならホッとしますが、 コールして来るなら、フロップが良い手がかりを与えてくれます。さて、フロップが T♣︎ Q♣︎ T♡ と出たとすると、A-A、K-K、Q-Q、J-J、T-Tのような大きい数字のペアは持っていないと考えられます。持っていればレイズするでしょうからね。

次に、自分のホールカードがどのような役を作れるかを把握する必要があります。 T♣︎ Q♣︎ T♡のフロップでのワタクシの A♠︎ K♠︎のホールカードで勝てる確率は、約50%でしょう。
ワタクシはフロップでゲームを続けることにします。これまでの相手のアクションをみて感じることは、相手もそんなに良い手は持ってなさそうですからね。

相手がフロップでフォールドする場合のレンジ:
2-2〜9-9のセット、A-9の同スート

相手がフロップでゲームを続ける場合のレンジ:
A-T〜AQの同スート、A-JまたはA-Qのスート違い、K-Jの同スート

ターンは K♡ がきました。 T♣︎ Q♣︎ T♡ K♡ となり、ワタクシはここでツーペアとなりました。対戦相手のハンドはどうかを考えてみます。

レイズをしなかったところを見ると、ペアは持っていないと予想できます。コミュニティカードにはすでにT-Tがあるので、相手がワタクシに勝つには、ストレートかスリーオブアカインド(スリーカード)以上のハンドでなくてはなりませんね。この時点で、ワタクシが勝つ確率は少し高くなって、73%です。

以下の場合はワタクシは負けてしまいます。

  •  A-Tの同スート
  •  A-Jの同スート 
  •  A-Jのスート違い

以下の場合は勝てます。

  •  A-Qの同スート
  •  A-Qのスート違い
  •  K-Jの同スート

相手のハンドが何かを正確に知ることはできませんが、フロップ、ターン、リバーの一連のアクションを通じて、そして、前回のプレイや全体的な相手のスタイルに基づいて、さらにレンジの可能性を絞り込むことはできます。

実際のポーカーテーブルで、これらのことを素早く考えるのは簡単ではありませんが。でも、フロップで2-2〜8-8を持っていてレイズする可能性はないでしょうし(ブラフではない限り)、強気にレイズして来るなら9-9〜A-Aを持っている可能性が高いこともわかります。

オンラインポーカー

自分のレンジと相手のレンジ

NLHEを6人でプレイ、ワタクシはボタンで8♠︎ 7♠︎を持っています。ミドルポジションのプレイヤーがレイズしました。ワタクシはリレイズし、相手はコールしました。

さて、相手がどのようなホールカードでミドルポジションから更にリリレイズするか、を理解する必要があります。

リリレイズのレンジは次のようなホールカードの可能性がありますね。

  • 8-8〜J-Jのペア
  • A-Qの同スート
  • A-Kのスート違い

より大きな数字のペア、またはA-Kの同スートを持っている場合、彼らはリリレイズするでしょう。その他のホールカードの場合はフォールドする確率が高いと言えます。

フロップは4♡ 5♡ 6♡ となりました。現時点では、ワタクシのハンドが最も良いと確信できます。フラッシュとなるハンドを持っているとは考えにくいですし、ポットの額を引き上げたいと思うワタクシ。

もしワタクシがフロップでコールすれば、相手はリリレイズするでしょう。ポットの額を引き上げたいので、脅さないようにプレイするようにして、単にコールすることにします。もしかすると相手はペアを持っていて、スリーオブアカインド(スリーカード)となる可能性がありますが、それでもワタクシのストレートの方が上手。相手がフルハウスとなる確率も低いでしょう。ターンで様子を見て、そこでチップをオールインすることができます。

ポーカーでは、良いハンドを作ることが大事ですが、それ以上に相手のハンドを読むことが重要です。これらのことを考えなくては勝てません。運はずっと続きませんからね。相手のハンドを見極めて、イケるか、もしくは早めにフォールドして損失を最小限に抑えることが、勝利への近道ですね。


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.