ewallet-and-bitcoin_header

電子マネーとビットコインの違いをわかりやすく解説!

だんだんと普及してきたビットコイン(Bitcoin)ですが、「電子マネーとの違いがよくわかんない」って方が多いようです。

ってことで、できるだけわかりやすく違いを説明させていただきますっ!

電子マネーとは?

電子マネーと日本では呼ばれていますが、英語では【Eウォレット】、財布と言われます。その通り、結局はネット上の財布、または口座です。

クレジットカード等でお金をこの電子マネー口座に入金し、保管して使う、ということになります。

¥で口座をお持ちの方はそのままに、$等の他の通貨で口座をお持ちの方は、入金する際に¥から別の通貨に両替する際の手数料がかかります。

電子マネー(口座)と呼ばれるものには ecoPayz, entropay, Netteler などがあります。

 

ビットコインとは?

一方ビットコインは、仮想通貨というだけあり、$や€と同じようにビットコインという通貨だと言えます。ただ、ネット上の通貨なので目には見えません。

こちらの場合は、クレジットカード等で bitFlyercoincheck などの取引所(口座も兼ねている)でビットコインという通貨を買い、口座に保管して使う、ということになります。

 

ビットコインと電子マネーの仕組み

 

ビットコインを使うメリットは?

低手数料

仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料なし、もしくは格安です。(取引所による)

口座開設手数料はもちろん、口座管理料も無料。

 

カード発行

ビットコイン取引所がVISAプリペイドカードとオンラインカード(バーチャルカード)を発行しています。

VISAプリペイドカードにビットコインでチャージすると、世界中のVISA加盟店で使用でき、日本でも海外でもATMからの出金が可能。

オンラインショッピングはバーチャルカードでOK!

即時反映

オンラインカジノなどでビットコインを使って決済する際、入金も出金も通常、即時反映されます。

 

国外でも使える

瞬時に海外へ送金・決済が可能です。銀行などの金融機関を通さずに送金・決済を行うため、手数料等もバカ安です。

最近は海外の企業とのやり取りの機会がある方、海外のオンラインショッピングを利用したい方など、ビットコインを扱っている企業も多くあります。

また、ビットコイン口座間で送金先のビットコインアドレスで送金できます。もちろん海外送金も可能で、手数料はなんと10円程度、最短10分で送金が完了します。

また、ビットコイン口座から現金が引き出せるATMも増えています。海外でビットコイン口座から現金が引き出せるのは便利ですよね。

 

ビットコインのデメリットは?

先に$や€と同じようにビットコインという通貨だと述べたように、外貨と同じく良くも悪くも価格変動します。

まだ、街中の店舗どこでもビットコインを使える訳ではありません。電子マネーも同じですが、現在のところ、まだ電子マネーを使える加盟店の方が多いと言えます。


とは言え、ビットコイン決済対応の店舗は世界中で増加しており、そのうち電子マネーより対応店舗は増えると期待されています。

※2017年8月現在、通信販売で45件、実店舗では全国約200店舗でビットコインが使えます。

最初は「ビットコイン?なにそれ?面倒そう・・・」と思うかもしれませんが、手数料の安いビットコインはオンラインカジノはもちろん、他にも使い道があります。これから加盟店はどんどん増える見込みです。

あなたも無料でビットコイン口座を開設してしてみてはいかがでしょうか?

 


Bitcasino.io