ポーカートーナメントの仕組みと進行の仕方

ポーカートーナメントはキャッシュゲームと…

ポーカートーナメントはキャッシュゲームと違った面白さがあります。インマネした時の嬉しさと、賞金の大きさ、そしてサバイバルゲーム的な感覚が達成感と意欲を掻き立ててくれます。

まだトーナメントをプレイしたことのない方、トーナメントに参加したいけど仕組みと進行の仕方がイマイチわからない・・・という方のために、ポーカートーナメントの仕組みと進行の仕方を説明します♪

 

目次:- トーナメントの本質- 何位まで賞金獲得?- バブル(入賞するか否かの瀬戸際)- トーナメント時間- ポーカートーナメントの費用は?- トーナメントのプレイ人数は?- リエントリー- レイトレジストレーション- リバイ- レーキとフィー- オンライントーナメントとライブトーナメントの違い

 

🃏 いつでもどこでもポーカーをプレイ! スキルアップにはもってこい♪

 

🉐 ジャパカジから登録するとさらにお得♡日本初! ポーカースターズ/PokerStars 完全独占ボーナス!

 

トーナメントの本質

ポーカートーナメント世界中のライブトーナメントや、ポーカースターズ/PokerStarsのメジャートーナメントを含むオンラインで開催されるトーナメントには様々な種類があります。

トーナメントには世界中のポーカープレイヤーが参加し、様々な賞品が用意されていて、トーナメントの構成にも若干の違いがあります。

しかし、基本的なトーナメントの本質は常に同じ。『全てのチップを手に入れたプレイヤーが優勝』です。

プレイヤーは参加するマルチテーブルポーカートーナメント(MTT)で定められた一定額のお金(バイイン)を払い、一定額のチップ(スターティングスタック)に交換します。このチップを使ってポーカーをプレイします。プレイヤーはハンドに勝ってチップを獲得すると自分のスタックに追加、負けるとチップは他のプレイヤーへと移動します。

全てのチップを失うとゲームオーバー、トーナメント敗退となります。最後の一人になるまでゲームは続き、この一人がチャンピオンとなります。チャンピオンは最大の賞品/賞金を手にすることになります。

 

🔍 ポーカーには専門用語がいっぱい知らないポーカー用語は全てここでチェック! ポーカー用語大辞典

 

何位まで賞金獲得できる?

トーナメントでは、バイインを支払って交換したチップに現金の価値はありません。チップはゲームをプレイするためのトークンに過ぎません。

賞金を獲得できるかどうかは、トーナメントにどれだけ長く参加していられるか、具体的には賞金が獲得できる順位までプレイし続けることができるかどうかにかかっています。これはキャッシュゲームとは大きく異なりますね。

通常、トーナメントに参加しているプレイヤーの約10~20%が賞金を獲得し、より長く参加しているプレイヤーがより多くの賞金を獲得します。トーナメントによって多少の違いはありますが、原則は変わりません。

トーナメント開始時に途中参加できるトーナメント、リエントリーのできるトーナメントやリバイのできるトーナメントだと集まる賞金額が増えるため、インマネ(賞金獲得できる順位)の順位はこの時点ではわかりません。賞金額やインマネの順位は変動しているのです。

受付終了となった後、トーナメントの主催者は集まったバイインの額を集計し、イベントの賞金プールを決定します。通常、集まったバイインの中から主催者は経費や手数料を差し引き、残りが賞金プールとなるワケですが、この賞金プールを何人のプレイヤーがどのくらいの割合で受け取ることになるのかを正確に発表します。このペイアウト構造は、常にファイナルテーブル進出者が多くの賞金を得るようになっています。

 

バブル(入賞するか否かの瀬戸際)

トーナメントでプレイヤー数が入賞順位の数に近づいてくると、ハンドフォーハンドでのプレイになります。ハンドフォーハンドとは、入賞者とそうでないプレイヤーを明確にするため、これまでテーブル毎に進行していたゲームが、ハンド毎に全てのテーブルがハンドを終了するまで待つことになります。

バブルトーナメントには必ず、ギリギリ入賞した順位とギリギリ入賞できなかった順位が存在することになりますね。この、入賞を直前にギリギリ入賞できなかった一人のプレイヤーを「バブル」と呼びます。バブルとなったプレイヤーは、最も不幸なプレイヤーとされています・・・

また、入賞するかしないかに関わるトーナメントのこの時点を「バブル」とも呼ばれています。

バブルを乗り越えてインマネすると、大抵は支払ったバイイン以上の賞金を獲得することができます。

 

トーナメント時間

ポーカートーナメントの期間/時間は、その構造によって異なります。プレイは事前に決められた長さの「レベル」に分かれており、レベルによりブラインドベットの額は事前に決められた金額に設定されています。

ブラインドはレベルが上がるごとに増えていき、ラウンドが進むごとにプレイの額が高くなっていきます。これは敗退したプレイヤーのチップはトーナメント内に残っているものの、プレイヤー数は減り続けるため、開始と同じブラインドの額ではゲームがなかなか終わらないことから自然な流れと言えます。

こんな状況でショートスタックのプレイヤーは、レベルが上がるにつれてますますプレッシャーにさらされるようになり、敗退するプレイヤーが増えていきます。

このような単純なメカニズムによって、トーナメントは完結に向けて進行していくのです。最終的にブラインドはますます大きくなり、誰もが気楽にプレイすることができなくなります。これはトーナメント開始時のプレイヤー数に関係なく適用されます。

トーナメントの進行が速いか遅いかを決定する要素は2つあり、1つはレベルの長さ、もう1つはブラインドの急上昇です。

いくつかのトーナメントでは、特にオンライントーナメントではブラインドが急速に上がっていくため、1レベルが数分で終わることもあります。このようなトーナメントは「ターボ」や「ハイパーターボ」と呼ばれています。一方、メジャーなライブトーナメントでは1時間以上続くレベルもあり、ブラインドが小刻みに増加する仕組みになっています。

WSOP

 

例えば、ラスベガスで開催されるWorld Series of Poker(WSOP)の$10,000メインイベントは、2週間以上に渡って行われます。これはフィールドが大きいこともありますが、主にディープスタックトーナメントで、ゆっくりとした構成になっていることによるものです。プレイヤーはブラインドの大きさに対してディープな(多くの)チップを持ってスタートし、2時間のレベルを経てブラインドが少しずつ増えていきます。短距離走ではなく、まさにマラソンといった感じですね。

 

ポーカートーナメントの費用は?

ポーカートーナメントの特徴の一つは、プレイヤーがプレイするのにいくらかかるかという「バイイン」を最初から正確に知ることができること。バイインは明確に公表され、皆同じ額のバイインを払い、同じチップの量を得ます。多めにバイインを払って、より多くのチップを手に入れることはできません。

また、トーナメントの構造がバイインの額に影響されないことも注目すべき点です。WSOPメインイベントと同じ構造のトーナメントをバイイン$1にしてプレイすることも可能です。同じチップ数、同じブラインドの構成で、バイインだけを変更することができるのです。同じ会場で複数のトーナメントが同時に開催されるメジャーなポーカーフェスティバルでは、ほぼ同じ構造のイベントが2つ同時に開催されることもあり、1つのイベントはバイイン$300、もう1つのイベントはバイイン$5,000となっていたりしますね。

オンラインポーカーでは、バイインは$1にも満たないトーナメントがあります。フリーロールと呼ばれる無料のトーナメントも。反対に、数千ドル、数万ドルのバイインのトーナメントもあります。

しかしライブアリーナでは、バイインが$50以下のトーナメントはなかなか見つからないかも。手頃な値段でトーナメントに参加したい場合は、オンラインポーカーがオススメです。

 

🆓 関連記事:タダで賞金獲得のチャーンス!フリーロールのNGプレイとは?

 

トーナメントのプレイ人数は?

トーナメント会場

 

ポーカートーナメントのプレイヤー数の制限は収容規模によります。うちでポーカーパーティーするからおいで〜! と言っても100人招待することができないのと同じように、大きなカジノでもトーナメントを開催することができる場所の収容人数には限りがあります。そうでなければ、多ければ多いほど賞金プールも大きくなり、良いことと言えば良いのですが、そのぶんトーナメントで上位を目指すのも難しくなるでしょう。

トーナメントのフィールドは多数のテーブルに分かれています。トーナメントの中には「6MAX」と呼ばれるものもあり、これはテーブルに座るプレイヤーが6人を超えることはありませんが、ほとんどのトーナメントでは8人か9人のプレイヤーがテーブルに座ってプレイします。

しかし、テーブルの対戦相手は一日の間に何度も入れ替わることがあります。プレイヤーが敗退するとその席が空くので、トーナメント主催者はいくつかのテーブルを閉鎖し、空いた席を埋めるためにトーナメントに残っているプレイヤーを移動させることができます。このようにして、フィールドはトーナメントの進行に伴い縮小していくのです。

収容人数に限りのある会場でプレイヤーの数を増やす方法として、 トーナメントを複数の開始日に分散させる方法があります。この方法で初日に参加したプレイヤーたちがDay1Aとしてプレイし、その日の終わりまでに敗退しなかったプレイヤーはそのチップを持ち帰ります。翌日には別のプレイヤーたちが到着し、Day1Bとしてプレイし、Aグループと同じプロセスでプレイします。

必要に応じて、Day1CやDay1Dなどもありますが、プレイヤー数が減った時点でABCグループを一緒にし、Day2をプレイすることになります。

一方オンラインゲームでは収容人数の問題はありません。多くのプレイヤーを収容するために、テーブルを幾つでも開くことができます。ブラインドレベルが上がりプレイヤー数が減っていくと、プレイヤーを自動的に別のテーブルに移動します。というわけで、オンライントーナメントの方がエントリー数が多かったりするわけです。

オンラインはテーブル数の制限なし

 

 

リエントリー

上述したように、従来のポーカートーナメントでは全てのチップを失ったプレイヤーはその時点で終了となります。しかしこれはフリーズアウト方式のトーナメントで、各プレイヤーは1度だけチップを受け取り、そのチップが無くなるとプレイヤーはトーナメント脱落です。

トーナメントによっては早々と脱落したプレイヤーが再び挑戦できるように、1回または複数回、オプションで再度エントリーが可能なトーナメントもあります。このリエントリーができるトーナメントの場合、敗退したプレイヤーはレジに戻って再度バイインを払い、最初と同額のチップを受け取ることができます。そのプレイヤーには新しい席が割り当てられ、途中参加でプレイを始めます。

また、トーナメントが満席の場合は、ウェイティングリスト(キャンセル待ち)に登録しなければならない事もあります。

リエントリーには、リエントリーできる期間/時間が定められています。大抵はトーナメントの初期段階でのみリエントリーが可能で、これらの詳しい情報はトーナメントの開始時に告知されます。リエントリー期間が過ぎると、その後はフリーズアウトとなります。

 

レイトレジストレーション

リエントリー期間は「レイトレジストレーション」と呼ばれることもあります。

本来、レイトレジストレーションとはトーナメントがすでに始まっていても、定められた期間/時間内であればプレイヤーはいつでも初エントリーすることができます。レイトレジストレーションをした場合、他のプレイヤーは先にプレイを始めているので自分よりチップを持ったプレイヤー、ショートスタックとなったプレイヤーなどと対戦することになります。

レイトレジストレーションの締め切りが迫るほど、既にチップを多く獲得したプレイヤーも多くなりますが、プレイヤー数は少なくなっています。

 

リバイ

リバイトーナメントは少し違います。リバイ期間中にチップを全て失ったプレイヤー、または事前に決められた金額(通常はスタックの半分以上)を失ったプレイヤーは、「リバイ」というオプションを選択することができます。

リバイを選択する場合は再度バイインを払い、それと引き換えにフルスタックを受け取ることになりますが、同じ席に留まります。リバイは通常、スタックが失くなる前に行う必要があります。リエントリーのように敗退し、立ち去ってからリバイで戻ってくることはできません。

 

レーキとフィー

トーナメントのレーキレーキやフィーについても知っておく必要がありますね。トーナメント主催者はボランティアでトーナメントを運営しているわけではありません。トーナメントを開催するには当然、費用がかかります。その費用をレーキやフィー(手数料)としてプレイヤーたちから料金を請求しています。これでディーラーやフロアスタッフの費用、会場使用料、会社の利益をカバーしています。

これらの料金はバイインと共に追加料金として表示されている事もあります。例えば、$5,000+$300という表示の場合、$5,000が賞金プールに入り、$300がフィー/レーキとなります。

他にも、トーナメント主催者が賞金プールから一定の割合を差し引いている場合もあります。

 

オンライントーナメントとライブトーナメントの違い

オンライントーナメントの仕組みはライブトーナメントと全く同じ。ただ、オンラインポーカーはオートメーション(自動)化されているため、より迅速にゲームは進行します。これにより、オンラインポーカーサイトはライブアリーナより費用対効果が高く、多くのプレイヤーが参加することが可能なのです。

また、オンライントーナメントの方がライブトーナメントよりも主催者の経費が少なくて済むので、低いバイインでもトーナメントを運営することができるという訳です。

ポーカースターズなどのオンラインポーカーサイトでは、様々なバイインで常時トーナメントが行われています。これでトーナメントの仕組みと進行の仕方はわかりましたね。さぁ、いざトーナメントに参加しましょ♪

 

🏆 低中高と様々なバイインのトーナメントを常時開催! 初心者もベテランもやっぱりポーカースターズ!

 

💪 関連記事:参加するからには賞金を持って帰りたいポーカートーナメント大きなポーカートーナメントで生き残り勝つ方法

 

👇 雑談や質問が気軽にできる♪ ジャパカジ掲示板

ユーザー同士の交流や雑談、ジャパカジスタッフへのお問い合わせ、なんでも大歓迎!

ジャパカジ掲示板はじめました!詳細ページへ ジャパカジ掲示板はじめました!詳細ページへ