ポーカートーナメントでより稼ぐための重要ヒント4つ

ポーカートーナメントでより稼ぐための重要ヒント4つ

 

ルースすぎずタイトすぎず

積極的に、有効なベットサイジングでプレイを!

ポーカー初心者がトーナメントでプレイする際によく犯すミステイクはかなり沢山あるそうです。これらのミステイクを避けると、ポーカートーナメントでの結果は向上するそうだよ。

以下の4つの点に特を心に留めてプレイすると、良い結果が得られます。

あ、これはポーカー初心者のワタクシの戦略ではありませんのでご安心を。海外のポーカーサイトを読み漁って得た情報を、皆さんにもご紹介します。

一緒にテキサスホールデム上達しましょ♪


PokerStars $ 600 ボーナス賭け条件なし.

ゲーム責任のテキスト |


 

 

① アーリーステージではタイトに

タイトなプレイを最初はたくさんのチップを持っているからといって、フロップに何が現れるかを見るためにスモールポケットペアやスモールスーテッドの連番などのハンドで参加するのは危ないんだって。ワタクシも得に資金がある時はよくやっちゃいます。もしかすると、3のスリーカードになるかも、とかフラッシュになるかも、とね。

しかし、長期的に見るとこれは負けプレイなんです!たくさんのチップを持っているからといって、無駄使いしてはダメ、ということですね。

6−7のようなハンドでプリフロップレイズにコールするのは、良い投資法ではないみたい。多くのポーカープレイヤーがトーナメントのアーリーステージ / 初期段階で、あまりにも多くのハンドをプレイすることが間違ったプレイ方法だと挙げられています。

初心者はフロップの後、そこまで強くないハンドでミスプレイする可能性があります。セカンドベストハンドで勝負して、たくさんのチップを失う可能性も十分にあります。

この段階では、本当に勝ち目のあるカードで勝負したほうが良いとか。例えばビッグペア、A - K、A - Qなどです。これらのハンドは大抵の場合、フロップの後に自分の立ち位置がわかります。中小ペアでセット(ボードの1枚とホールカード2枚で出来た3カード)を期待してコールし続けるのはリスクが大き過ぎます。

トーナメントのアーリーステージではリラックスし、対戦相手にゲームをリードさせ、モンスターハンドだけでプレイしましょう。

実際、プロのポーカープレイヤーにもトーナメントのアーリーステージを完全にスキップするため、このプレイ方法を取る者が多くいます。もしかすると、ゲームをパスすることで勝てたはずのゲームを取り逃がしてしまうことも何度かあるかもしれませんが、プロはそのことよりもアーリーステージで全てのスタックを失う危険性を避ける選択肢を選びます。

トーナメント後半のステージでは、スタックが大きなほど有利です。アーリーステージでは、スタックの無駄使いはしないこと、が鉄則のようです。


 

② アンティが発生したらルースに

ポーカートーナメント

 

トーナメントではゲームの進行を早めるため、中盤からアンティが発生することが殆どです。アンティとは、ゲームが始まる前にプレイヤー全員が強制的にポットに入れなければならない強制賭け(通常はビッグブラインドの1/10)です。

このアンティが発生したら、ハンドレンジを広げてプリフロップではルースプレイし始めるのがいいとか。

その理由は単純、アンティのあるゲームをプレイすると、勝ちとるチップが増えるから。このアンティゲームで勝つことは、スタックをかなり強化することになります。簡単な例を挙げると

レベル4で 5,000チップ 100/200のブラインド のトーナメントの場合、勝者は最低でも300チップを稼ぐことになります。これはスタックの6%にあたります。悪くないですが、この6%の利益のためにリスクを冒す価値があるかな?

一方、アンティのあるプレイで同じ状況を考えると、100/200ブラインドは変わりませんが、プレイヤー全員が25チップをポットに入れます。したがって、最低でも計550チップを獲得することができます。勝てばスタックを11%増加させます。なので、アンティが発生したら、プリフロップの時点でポットを勝ち取るのは悪くありません。

これを実行するには自分のカードだけでなく、自分のポジションと自分の後にアクションをひかえているプレイヤーのことも考慮する必要があります。

例えば K - 6のようなハンドでレイトポジションにいて皆がチェックで回しているなら、あなたのベットでそれほど強いハンドを持っていないプレイヤー、そして特にあなたの後のプレイヤーがタイトなプレイヤーの場合はフォールドするでしょう。もちろん、小さすぎるベットではフォールドしないでしょうが。

トーナメントのアーリーステージでは非常にタイトなプレイを心がけた方が正しいのだけど、ブラインドが高くなればなるほどタイトにプレイするのは正しいプレイではありません。トーナメントのレイトステージではルースに、アグレッシブにプレイしければ、アンティとブラインドにスタックを飲み込まれてしまします。


PokerStars Poker $ 600 ボーナス賭け条件なし.

ゲーム責任のテキスト |



 

③ アグレッシブさは常に良し

ステージに関係なく、トーナメントでのアグレッシブなプレーは常に良いプレイだそう。

  • 弱々しくならずレイズしろ
  • コールせずにリレイズしろ
  • フロップをチェックせずにベットしろ

常にベットするプレイヤーは、トーナメントに長く留まるプレイヤーが多いのだそうです。

アグレッシブなポーカープレイヤーがより成功する理由は単純。コールをかけるプレイヤーは最高のハンドでのみ勝利することができますが、アグレッシブなプレイヤーは最高のハンドを持つか、相手をフォールドさせることで勝つことができるからなんだとか。

これは決してチップをぶちまけるという意味ではありません。そのハンドでプレイすることに決めたのなら、積極的に、アグレッシブにプレイすべきだということを意味しています。

あなたが常に最初にベットをするのであれば、ベット額を決定しているのはあなたであり、フロップ、ターン、リバーでのプレイを形作っているわけです。

ポーカープレイヤーにとって良い練習となるのは、コールをせずにトーナメントをプレイしてみること。コールという選択はなく、フォールドかレイズ、もしくはオールインでプレイすること。興味深いことに、このアプローチの仕方は必ずとは言えないものの、これまでレイズしないでいたプレイよりもはるかに良い結果をもたらすそう。

早速ワタクシも今晩、オンラインポーカーで試してみようと思った次第です。


 

④ ベットサイジング

ベットサイジングを学ぼう

 

多くのアマチュアプレイヤーは、トーナメントのレイトステージで間違ったベットサイジングをしていて、このことが非常に高くついているんだとか。

ほとんどのプレイヤーはポットサイズのベットをするか、最初にレイズするときにビックブラインドの3〜4倍をベットします。これはトーナメントのアーリーステージではOKですが、レイトステージでシャロープレイ(ショートスタックでプレイすること)では致命的なミスとなります。

トーナメントの中期から後半のステージに入ったら、オープンレイズを最小レイズよりもわずかに大きくすること。たとえば、2K / 4Kブラインドの場合、12Kまで引き上げることはせず、8Kくらいまでに引き上げること。その理由は単純明快です。シャロースタックでの小さいレイズは大きいレイズとほぼ同じ効果があり、それほどリスクはありません。

通常スタックが少なくなると、ほとんどのプレイヤーはスタックを守りたいと思いますよね。そうなる前に、スタックを危険にさらすよりも少しづつ積み重ねていくほうが心臓にも良さそうです。

トーナメントのレイトステージでは、プリフロップで大きく上げすぎることが初心者の犯す大きなミステイクで、これらのミステイクを利用するのは相手にとって非常に有利となります。

これらのこと、読んだ次の日からすぐ取得できる技ではないですが、練習あるのみ!実践してみないとね。いつかトーナメントデビューするまで、オンラインで練習頑張りまっす!


PokerStars Poker $ 600 ボーナス賭け条件なし.

ゲーム責任のテキスト |