ハウスエッジって何?

ギャンブルするなら知っておくべき!

ハウスエッジについて

みなさん、ギャンブルをする時、ハウスエッジを知ってプレイしていますか?

『なに、それ?』っておっしゃる方もいるかもしれませんね。

それではここで、ハウスエッジの意味と、人気の【賭け事】それぞれのハウスエッジについて、ギャンブル大好き、そのせいでカジノ業界に勤めるようになったワタクシの、個人的で勝手な意見も含めて語らせていただきます。

ハウスエッジ???

ハウスエッジ / House Edgeとは、「控除率」という意味の英語です。

簡単に言えば、【胴元の取り分】ってことですね。

ということは、ハウスエッジが低いと、胴元の取り分が少ないということ、その分、賭けている人に還元しているということです。

世の中にはいろんな【賭け事】がありますが、さて、胴元は一体どのくらい儲けてんのよ?って思いますよね。

まずここで、それをさらっと見ていきましょ。

各ギャンブルのハウスエッジ

日本の主な宝くじ 45.7%(当せん金付証票法という法律で定められている)
スポーツくじ(toto) 49.6%(スポーツ振興投票の実施等の法律で定められている)
競馬(中央・地方) 25.9%(競馬法で定められている)
競艇 25.2%(モーターボート競走法で定められている)
競輪 25.0%(自転車競技法で定められている)
オートレース 25.2%(小型自動車競走法で定められている)
パチンコ・パチスロ 約10〜20%(店舗による)
麻雀

約10〜15%(場所代、ゲーム形態による)

カジノ 約1〜5%(ゲームによる)

宝くじはダメですねぇ・・・半分、ネコババされてますもん。ワタクシもたまーに買ったりもしますが、道理で当たらないはず。まさに夢描くことにみなさんお金を払ってます。

競艇の方がわずかながら競馬よりハウスエッジは低いんですね。反対だと思ってました。というのは、ワタクシは競艇の方が当たりません。というのは、競馬の方が詳しいからでしょう。やはり、これらの競い事の博打は、詳しい方が勝てる確率も上がるってことでしょう。

パチンコ店

パチンコ・パチスロは、個人的には同じ店に毎日朝から通い、出る台を確保することで勝率は上がると思います。出る台は日毎に変えませんからね。ですから、毎日行って、出ている台のチェックや、サービスタイム、ハウスエッジが更に低くなる新装開店を狙うなどという努力で勝率は上がります。

麻雀も結構、いいんですよ。ゲーム形態や腕も大いに関係しますが。

そして、意外に思った方も多いのでは?一番、胴元の取り分が低いのが【カジノ】なんです!

そこで、競馬も、競艇もパチスロも、やめやめ!宝くじなんてトイレットペーパー代わりに使ってやる!と、カジノに転向したワタクシです。

カジノにはいろんなゲームがあります。そこで、ゲーム別にハウスエッジを見てみましょう。

 

カジノゲームのハウスエッジ

ルーレット (アメリカン:0と00)

      (ヨーロピアン:0のみ)

5.26%

2.70%

バカラ     (プレイヤーに賭けた場合)

      (バンカーに賭けた場合)

1.24%

1.06%

ブラックジャック(ベーシック戦略を守ってプレイした場合) 0.4~0.6%

クラップス(ドント・パスに賭けた場合)

     (パス・ラインに賭けた場合)

1.36%

1.41%

ビデオポーカー 0.1%〜5.0%
スロット

1.0%〜5.0%

キノ 29%

 

カジノゲームの傾向と対策

メジャーなゲームのハウスエッジを載せてみました。

キノ(ビンゴのようなゲーム)はまずいですね・・・楽しむだけにしましょう。

クラップスは、ドント・パス、もしくはパス・ライン以外に賭けることは、べらぼうにハウスエッジが高いのでやめましょう。勘が働いた時にだけ、運試しに他の場所にも賭ける、くらいがベストです。

ルーレット

ルーレットは、初心者でもプレイしやすいゲームですよね。でも、個人的にはルーレットは楽しむためにするもの、と思ってます。ハウスエッジもさることながら、特にランドカジノなら、腕のいいディーラーは狙った数字にボールを落とせます。そうなると、ディーラーの心を読むという心理戦ともいえますね。オンカジのライブカジノのディーラーのようなおねーちゃん、おにーちゃんなら、そこまでの腕はないかと思いますので、ランドカジノでプレイするよりはフェアではないでしょうか。

バカラも難しそうなゲームと思いつつ、とっても単純なゲーム。ですがこのゲームは、どちらが勝つかを予想するだけで、ゲームの勝敗にあなたの意思は関係ありません。ですから運に左右されます。オンカジでは、日本人が好きなテーブルゲームがこのバカラです。ハウスエッジの高い【引き分け】には間違っても賭けないように。

そして、ワタクシの好きなブラックジャック。これは、確率から計算されたベーシックストラテジーというものがありまして、それを忠実に守ってプレイすれば、ハウスエッジはかなり低いのです。最初は「えー、そんなの信じなーい」と思ってプレイしてましたが、やはり、プレイすればするほどこのストラテジーは「なるほど」と思うようになりました。カードを引くか引かないか、というあなたの意思も勝敗に左右される、腕にも左右されるゲームです。ディーラーがAを持っている時のインシュアランスは無視しましょう。ハウスエッジを考えると、ブラックジャックだったら諦める、とした方が身のためです。

そして、ポーカー。テキサス・ホールデムはプレイヤー同士の戦いなので、カジノの取り分は勝利した人から勝利金の数%というような場所代のみです。相手の手を読む能力と駆け引きが必要なゲームで、かなり技能に左右されます。ビデオポーカーに関していうと、実にいろんな種類のビデオポーカーがあり、その種類によってハウスエッジは異なります。ジャックス・オア・ベターが一番ハウスエッジの低い機種と覚えておきましょう。カジビアンスタッドポーカーなどはハウスエッジが高いので注意。それこそ運に大きく左右されますね。


Vera&John $ 855 ボーナス

ということで、個人的な意見も含めて話させていただきましたが、ギャンブルするならカジノがオススメ。

やってはいけないことは、【同じベット額を賭け続ける】ということです。ハウスエッジに逆らうことなく、少しづつ、確実に資金が減っていく可能性大です。

もう一つは【同じ機種 / テーブルゲームを長時間プレイする】ことです。胴元の取り分が必ずあるギャンブルは、長時間プレイすると、いつか資金が底をつく時が訪れます。どのゲームにも波がありますから、波が低くなってきたと感じたら機種を変える、テーブル、またはゲームを変えること。

いつも負けるって人は、負けるまでプレイしているから、です。

ブラックジャック

あとは、【資金はそこそこ持っていないとダメ】です。ハウスエッジの低いゲームは、勝っても1ラウンドごとに勝利金が2倍になるだけのようなものがほとんど。なので、勝つ前に資金が底をついてしまう可能性があります。ギャンブルをする際は、勝ちたい額の半分くらいの資金は用意しておいた方がいいでしょう。

以上のことを守っていれば、これまでより勝率はぐんと上がるはず。

さて、ワタクシもこれからブラックジャックしてこようかな。皆さんも頑張ってくださいね〜♪


Casitabi $ 400 ボーナス
700 フリースピン