IR法案情報其の五

IR法案5:東京のIRライセンス入札ほど遠し

東京都は1月23日(水)、築地市場跡地再開発に関する追加詳細を明らかにしました。

約23haの跡地を、「おもてなし」「交流促進」「ゲート」「水辺の顔づくり」の4つのゾーンに分けたMICE(ミーティング・インセンティブツアー・コンベンション・エキシビジョン)施設として再開発するそうだけど、カジノを含む統合型リゾート(IR)は盛り込まれず。

都は土地所有者として、民間に長期貸与する方針だそうですよ。

素案は2018年度末に「築地まちづくり方針」として決定。2022年から3段階に分けて整備を進め、2040年代の完成を目指すらしい。海外にいると、日本の建設工事の速さは世界一だな、と誇りに思うところだけど、再開発は結構、時間かかるものなのね。

ってか、誰か2020年の東京オリンピックに向けてカジノを含む統合型リゾートを、って言ってなかったっけ⁈ 絶対間に合わないじゃんっ。いや、去年の時点で既に間に合わないな、とは思ってたけどね。

じゃ、カジノはどこに⁈


Wunderino € 30 入金不要ボーナス + € 200 ボーナス 30 ボーナススピン.

ゲーム責任のテキスト |


Casino Secret

ゲーム責任のテキスト |


IRは臨海副都心の青海地区?

小池百合子都知事小池百合子都知事はインタビューで、築地市場跡地再開発にはカジノが含まれないと述べてます。

東京ベイエリアビジョン(仮称)の総括初会議を開催したらしく、2020年の東京オリンピック後を見据えてベイエリア全体のまちづくりを検討しているらしい。
ベイエリアを4区分し、それぞれの位置づけを議論しているところで、うち、青海地区を含むLエリアは統合型リゾート(IR)を検討対象としているそう。

検討か・・・日本はこの検討が長いんだよね。小池百合子都知事も

「おそらく、47都道府県の中で最初に検討を始めたのは東京都ではないでしょうか。その意味で、ずっと検討中でございますし、そのプラス、マイナス、メリット、デメリットについて、これからも様々な課題を検討する必要があり、検討中でございます。」

と述べてます。

Caesars Palaceもぉ〜〜〜っ、カジノ法案成立して、日本にカジノ作るって決まったんだからさぁ、次はどこに、じゃないの?どこかって言われたら、まずは人が集まる東京・大阪でしょ。だったらどこに場所がある?つったら、迷うほどたくさんの選択があるわけないんじゃないの?

さっさと作っちゃってよ、ホント。ワタクシ、死ぬまでには一度、日本のカジノへ足を踏み入れたいと思ってるんだからさ。

そして、どの事業者がカジノを運営するのかも気になるところ。日本の3つのカジノライセンス(とりあえず3つで、7年後にライセンス発行数を増やすかを検討する)、欲しいって言ってる海外のカジノ事業者はたくさんいるんだから、早くライセンスあげちゃいなよ。

個人的には、東京–ダメなら神奈川(横浜)、大阪–ダメなら兵庫(神戸)、そして長崎か北海道にあればいいな、と思うな。そして、アメリカのシーザーズ・エンターテイメントとマカオのギャラクシー・エンターテイメント、そしてフランスのバリエールグループかオーストリアのカジノオーストリアインターナショナルがライセンスを獲得すればいいな、と思ってるところ。

まずは場所、早く決めちゃってよ、ジャパン!


Casitabi $ 40 入金不要ボーナス + $ 400 ボーナス または 1000 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Cherry Casino $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |


Casino-X ¥ 3000 入金不要ボーナス + ¥ 395000 ボーナス + 200 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |