IR法案 - 其の六

IR法案 - 其の六:大阪、和歌山、長崎だけがIR入札の意向示す

OSAKA海外のニュースでも読みました、日本のIR入札の話題。

そのニュースには、2018年後半に共同通信が実施した47都道府県および20市町村で行われた調査によると、大阪、和歌山、長崎の3県のみがIR入札を行うことを公然と認めている、と書かれていましたよ。

今年、新たに他の県がIR誘致レースに加わる可能性はありますが、カジノの合法化が依然として地方自治体にとって政治的に難しいトピックであり、地方レベルでそのいろんな障害を克服したのは大阪、和歌山、長崎の3県のみであることが強調されていました。


Wunderino € 30 入金不要ボーナス + € 200 ボーナス 30 ボーナススピン.

ゲーム責任のテキスト |


Joy Casino ¥ 395000 ボーナス + 200 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


愛知県は?

Aichi愛知県が興味を示しているとか。しかし、 2月3日は知事選挙の日でもあり、現職の大村秀章知事は、この時期に深刻な問題に直面したくはなさそう。無事に新しい4年の任期に再選されるまで、大村氏はIR問題を先延ばしにすることを選んだご様子。

協同組合の調査では、現在のところ東京、北海道、茨城、千葉、横浜市の5つの自治体が、積極的にIR入札を検討していることを認めています。

東京都は?

小池百合子東京都知事は、先日の築地市場跡地再開発に関する追加詳細の発表の際のインタビューを聞いていると、IR入札に関して足踏みをしているご様子。

スタート時点でのライセンスは3つと上限が決まっており、様子を見て7年後にライセンス発行数を増やすかを検討すると決められていることから、小池百合子都知事は7年後に「やっぱ東京にカジノ作って欲しいなぁ」という要望があればその時にIR入札しましょうかね」といった雰囲気を感じましたね。

早く決めてよ・・・

人が集まるところにはお金も集まる、っていうでしょ。カジノ出来て外国人観光局や日本人も集まれば、お金も集まります。早くどこにおっ建てるか決めて、海外の経験豊富なカジノ運営者にライセンスあげて、ゴージャスなカジノをボンボンボンとオープンしましょうよ!

ワタクシ、出身は広島なんですけど、広島には宮島と平和公園があり、観光客も結構来ます。広島もいいんじゃないかなぁ?広島にカジノ出来たら、帰るたびに通っちゃう♡ただ、広島はIRライセンスに興味はないご様子で、非常に残念。

どこにできるのか、早く知りた〜〜〜い!


Live Casino House $ 30 入金不要ボーナス + $ 900 ボーナス + 20 入金不要フリースピン + 90 フリースピン.

ゲーム責任のテキスト |


Casino Secret

ゲーム責任のテキスト |


Vera&John $ 30 入金不要ボーナス + $ 1000 ボーナス.

ゲーム責任のテキスト |