ポーカー:このプレイの仕方は危ない!

Texas Hold'em:このプレイの仕方は危ない!

ポーカーテーブルで読みを間違えたりアクションでミスをすると、高くつきます。

分かっていながらポーカー初心者は、同じ間違いを繰り返しがち。

そのミスで失ったチップはほんの少しかもしれません。そのため、多くの初心者はポットを取り損なった理由とミスはどこにあったかを考えず、ミスの規模を評価することを怠ります。そしてこの種のミスは頻繁に発生します。つまり、長期的に見ればかなりのチップを失うという結果になるのです。

ポーカーという名の船にあるミスという穴を埋めていかないと、いつか舟は沈んでしまいます。

今日は自分自身を救済するため、その穴の埋め方をワタクシと一緒にお勉強しましょ♪

 

 

👇今すぐポーカーを始めたい? オンラインポーカープレイならやっぱりポーカースターズ/PokerStars!
ジャパカジから登録してお得な限定ボーナスをゲットしてね♪

PokerStars Casino $ 600 ボーナス賭け条件なし.

|

 

🔰まずはこのページでオンラインポーカーの
基礎知識と始め方をマスターだ!
オンラインポーカー入門/どうやってプレイする?

 

 

裏か表かに賭ける

コインフリップはダメ!通常この穴は、You Tubeなどでポーカートーナメントのハイライトなどをよく見ていて、実際のゲームを十分な時間プレイしていないプレイヤーの舟にあるそうです。動画で見るポーカーは面白いとはいえ、ほとんどの場合初心者がしっかりした戦略的プレーを学ぶのには適してないそう。Gacktがプロデュースする「Poker x Poker業界タイマン」はためになりますけどね。

動画のポーカートーナメントでよく見るのは、めったに起こらない状況や、コインを投げて表か裏かの勝負を仕掛け、視聴者が興奮しながら見たり衝撃を受けたりできる動画です。

キャッシュゲームのポーカーでは、プリフロップでコインを投げて表か裏かの賭けに出るのは正しい方法ではありません。そんな表か裏かのプレイヤーがプリフロップでオールインした状況に直面したとき、A-Kを持っている初心者プレイヤーは論理のもと、コールするでしょう。それは相手がノーペアの場合、最も良いハイカードを持っているということ、KとAがあと3枚ずつ隠れているのでコミュニティカードに出る可能性がある、と考えるからです。

この論理的根拠からここでコールするのは正しいことのように思えますが、AとKが出ないと相手が2-2 でも5-5でもQ-Qでも負けてしまいます。なので、プリフロップでコインを投げて祈るのは浪費的なプレイと言えます。

 

🤓ポーカーと一言に言ってもその種類は沢山!
 ポーカーガイド/人気ポーカーの種類とルール

 

 

ハンドの過大評価

さらによくある初心者の一般的なミスは、ハンドを過大評価し過ぎること。初心者プレイヤーによく見かけるのは、トップペアを持っているとフォールドしないこと。

さらにAのペアを持っていると、最も強いペアなのでフォールドすることさえ考えない傾向にあります。テキサスホールデムをプレイすればするほど、ハンドの強さから得られる自信は低下します。例えば

フロップ:8♠︎ 9♦︎ K♣︎

ハンド:9♣︎ 8♣︎

初心者はこの状況で、フロップに大きなハンドを持っていると感じます。ボード上にストレートやフラッシュになる可能性のカードはありません。つまり、最高のハンドを持っている可能性を感じます。

プロは同じボードを見て、3つの選択肢があることを理解しています。①相手はハイカードでフロップでポットを勝ち取る。②相手はペアを持っていてシングルベットをしても構わないと思っている。③相手はセットを持っている、またはより強い2ペアを持っている。

プロは小さなポットを勝ち取る、もしくはペアで様子見をしている相手から勝てると知っています。さらには、お金を稼ぐことができるハンドはトップペアを持っている時だと知っています。少しの例外を除いては、ハイエンドストレート以下のハンドでは限界があるので、大きいポットをプレイするのは危険です。ナッツ(その状況で最高のハンド)や最強のモンスターハンドを持っているときだけ、ポットにチップを詰め込みましょう。

 

 

危険なドロープレイ

ドロープレイはダメ!

 

ワタクシも肝に銘じなければならないのが、ドローハンド(あと一枚で役が完成する状態)でのプレイ。これをすると、次のカードを見るためにポットにチップを詰め込まなければならない事態がよく起こります。

ドロー(フラッシュドローまたはストレートドロー)ハンドとなると、相手がチェックで回してくれればいいですが、そうでなければ「次のカードで待っているカードが出てくるのでは?」「完成した時のことを考えたら諦めるのは勿体ない」と思い、ポットにチップを詰め込みがち。このスタック(テーブルで持っている金額またはチップのこと)は少額な時もあれば、スタック全てとなることもあります。

このドロープレイは特に危険なプレイです。ストレートドローやフラッシュドロー以外にも、他の良いハンドができる可能性がない限り、ポットは小さく保っておく方が賢いプレイです。仮定や願望でプレイしてはダメだよ、と自分自身に言い聞かせるワタクシ。w

 

 

快適なスタックサイズを選ぶ

ポーカー界伝説の男、Doyle Brunson / ドイル・ブランソンは、「ノーリミットの鍵は……チップの決断にある」と述べています。対戦相手にオールインさせて、いつでもオールインコールすることをいとわない体勢にしておかなければならないと。

 

ドイル・ブランソン

 

ワタクシを含め多くの初心者は、小さなバンクロール(少ない資金)でポーカーをプレーしています。ある日ちょっと勝ったので、少し大きめのステークスに移りプレイしました。しかしそれまでプレイしていたテーブルと比べると、急にベット額が跳ね上がり、その額のために消極的になってしまいました。

スタック全体のリスクを追う準備ができておらず、恐る恐るプレイすれば対戦相手はその恐怖心を見抜き利用して攻めてきます。より大きな穴のある舟に乗り換えるようなもの。

ポーカーで成功するには、バンクロールの管理と自分に合ったスタックサイズを選びましょう。プレイを始めてからリミットが高すぎると感じたら、そのまま続けても良い結果は残せません。このような状況では神経質になりますし、まずはポーカーを楽しめなくなり、判断も鈍ります。スキルのあるプレイヤーはそれをよく分かっていて、無理のないリミットでしかプレイしません。

お金を稼ぐことは、ゲームで勝った時のおまけだと思っておくのがベストです。

初心者はお金を稼ぐことを目的としてポーカーをプレイしていないでしょうが、クオリティーの高いゲームをプレイすること、そして楽しむことを意図としてプレイしましょう。お金はプレイヤーの得点をつけるポイント、くらいに思っておきましょうね。

 

🔰ポーカー初心者へ贈る7つのゴールデンルール
ポーカー賞金王ダニエル・ネグラヌのアドバイス

 

 

下手なベットサイジング

ベットサイジングによって対戦相手にあなたが持っているハンドを知られてしまう場合、相手はミスをすることはありません。相手にハンドを読まれてしまっては、ハンドが良くても悪くても、お金を稼ぎ損なう事になります。

「ハンドの過大評価」で述べた例のように、6人プレイのフロップで2ペアのハンドを持っているとします。あなたがBBだとすると、最初にアクションを起こしベット額を決める必要があります。

 

ベットサイジングが肝心

 

対戦相手達が自分のベットにコールし、よりポットを大きくすることができるようにしたいので、皆がコールできるように小さめなベットをするべき、と考えるでしょう。
あなたのベットサイズはコール出来る大きさである必要がありますが、また、あなたのハンドよりも強いハンドを相手に与える機会を与えることにもなります。敵を減らす必要もあるので、コールできるサイズ、しかしフォールドさせるにも十分なベットサイジングである必要があるのです。

反対にあなたがモンスターハンドを持っているとき、あからさまにいきなりオールインしてしまうと皆がフォールドし、利益を大きくすることはできません。

なのであなたのレイズを対戦相手達がコールするのに十分な額、同時に利益を可能な限り大きくできるだけのサイジングをしなければなりません。すべてがうまくいけば、相手はブラフだと思ってオールインする可能性もあります。

 

🤔「ブラフ」ってなに?って思った人はチェック!
ポーカー「ブラフ」:ブラフし過ぎにご用心!

 

言うは易く行うは難し、といいますが、これができるようになればあなたはもう初心者ではなくなってますよ♪

いつかあなたと一緒のテーブルでプレイ、なんて事になると面白いですね。その時は、お手柔らかに頼みますっ!

 

 

👇今すぐポーカーを始めたい? オンラインポーカープレイならやっぱりポーカースターズ/PokerStars!
ジャパカジから登録してお得な限定ボーナスをゲットしてね♪

PokerStars Casino $ 600 ボーナス賭け条件なし.

|